Ms.Gan1

Report
トレプルAのグローバル戦略
「規模の経済」「ローカル適応」「差異の利用」
トレプルAのグローバル戦略に
ついて、六つ部分がある。
1、三つのグローバル戦略を統合するフレームワ
ーク
2、「トリプルAトライアングル」とは何か
3、単一戦略から複合戦略へ
4、三つの戦略を同時追求するのは難しい
5、トリプルAによる戦略の構築
6、グローバル戦略の新しい要諦
1、三つのグローバル戦略を統合
するフレームワーク
2、「トリプルAトライアングル」
とは何か
P131表1をみると、三つの戦略の違う
ところがわかります。

三つの戦略はそれぞれ、組織構造と
も関連している。

適応
集約
アービトラージ
国別
事業、地域、顧客 職能部門別
別
以上のように、一つの企業が同時に三
種類の組織構造を追求することはでき
ない。リーダーはどの要素が自社のニ
ーズにふさわしいのかを見極め、それ
に見合った判断を下さなければならな
い。
 例:P&G、TCSなど

3、単一戦略から複合戦略へ
1適応と集約

例:P&G―適応と集約二つの戦略のバラン
スを図る成功を収める。
 2集約とアービトラージ

例:TCS—インドの競合他社に競り勝った
 3アービトラージと適応
 コグニザンは「適応」と「アービトラージ」
の2つの戦略を同時に追求するために、人事、
デリバリー、マーケティングの3つの面で対
策を施している。(P135表2)
 人事、デリバリー、マーケティング

4、三つの戦略を同時追求するの
は難しい










原因:
第一、複雑性
第二、障害があること
第三、勝つ方向性は限られている
第四、外部との関係によっても方向が限定されること。
世界で医用画像診断装置大手のGEHは最も高い利益率
を維持していた、三つの面(規模の経済、M&A能力、
範囲の経済)から努めている。
GEHは三つの戦略をうまく駆使して、成功を収める。
まず、三つの戦略を分離して展開したからであり、
次は、三つのうち適応戦略をあえて抑制してきたこと
にある。
最後は、他社の弱みが利したところもある。
5、トリプルAによる戦略の構築
適応戦略で競争優位性を構築する。しかし、それはSMS
の技術GEHのサービスの質に匹敵するものではない。
 最近では合併の意識をして、これもアービトラージ戦
略の面で遅れを取った理由になっている。
 図2をみると、PMSの実際の戦略は「適応と集約」と
「適応とアービトレージ」の二つのダブルA戦略である。
しかし、いろんな課題がある。つぎに、「適応とアー
ビトレージ」の場合は、低コスト国に生産をシフトさ
せるだけでなく、製品の簡潔かによってコストを下げ
るなどになること。
 トリプルAトライアングルでいうと、競争優位を得やす
い新しい事業分野に平行移行することである。PMSの場
合は、消費者が家庭で使える医療機械である。

6、グローバル戦略の新しい要諦





一つか二つの戦略に的を絞る
新しい戦略と組織構造との相性を考える
複数の統合メカニズムを駆使する(広範
な思考が欠かせない)
外部を活用して統合を図る(国境を超え
て付加価値を生み出す)
統合しないほうがよい場合を知る(a、
システムは緊密に統合されるほど、柔軟
性に欠ける傾向がある。b 、重点分野の
取捨選択c、一つの組織内を、独立性を
維持する。)

similar documents