2 - Clinical Trial Results

Report
CHA2DS2-VAScスコア別
RE-LY®サブグループ解析結果の考察
小川 久雄
熊本大学大学院 生命科学研究部 循環器病態学
CHA2DS2-VASc スコア
危険因子
スコア
C
Congestive heart failure/LV dysfunction
心不全・左心室機能不全
1
H
Hypertension
高血圧
1
A2
Age ≥75y
75歳以上
2
D
Diabetes mellitus
糖尿病
1
S2
Stroke/TIA/TE
脳卒中/TIA/血栓塞栓の症既往
2
V
Vascular disease (prior myocardial infarction,
peripheral artery disease, or aortic plaque)
動脈疾患(心筋梗塞、末梢動脈
疾患、大動脈プラーク)
1
A
Age 65-74y
65歳以上74歳以下
1
Sc
Sex category (ie female gender)
性別(女性)
1
Maximum Score
9
maximum score is 9 since age may contrubute 0, 1, or 2 points
Lip GY, et al., Chest 137, 263-272, 2010
RE-LY® : CHA2DS2-VASc別の
脳卒中/全身性塞栓症の発症率
(%/年)
6
5
4
3
2
1
0
CHA2DS2-VASc
患者数
0-1
2
3
4
5
6
7
8-9
634
3,408
5,365
4,378
2,566
1,185
451
125
The ACC 60th Scientific Sessions, New Orleans, March 2011
RE-LY® : CHA2DS2-VASc別の
大出血(頭蓋内出血を含む)の発現率
(%/年)
8
頭蓋内出血
大出血
6
4
2
0
CHA2DS2-VASc
患者数
0-1
2
3
4
5
6
7
8-9
634
3,408
5,365
4,378
2,566
1,185
451
125
The ACC 60th Scientific Sessions, New Orleans, March 2011
ワルファリン: CHADS2 スコア別Net Clinical Benefit
CHADS2 スコア
4-6
3
2.07
1.21
2
0.97
0.43
1
0
2.22
0.58
-0.27
-0.44
-1
0.19
-0.11
-0.5
Worse with Warfarin
0
3.75
2.79
1.41
0.45
-0.20
0.5
1
1.5
2
2.5
3
3.5
Better with Warfarin
Singer DE, et al. : Ann Intern Med. 151, 297-305, 2009
脳卒中/全身性塞栓症の発症率
ダビガトラン
150mg×2回/日
vs. ワルファリン
CHA2DS2-VASc
D150
≦2
3
4
5-9
0.5
0.8
1.0
2.1
ダビガトラン
110mg×2回/日
vs. ワルファリン
年率, %
D110 ワルファリン
0.9
1.3
1.6
2.4
0.8
1.4
2.0
2.8
0.50
1.00
ダビガトラン
がよい
交互作用P値
0.60
交互作用P値
0.81
1.50
0.50
1.00
ワルファリン ダビガトラン
がよい
がよい
1.50
ワルファリン
がよい
The ACC 60th Scientific Sessions, New Orleans, March 2011
頭蓋内出血の発現率
ダビガトラン
150mg×2回/日
vs. ワルファリン
CHA2DS2-VASc
D150
≦2
3
4
5-9
0.11
0.32
0.21
0.63
ダビガトラン
110mg×2回/日
vs. ワルファリン
年率, %
D110 ワルファリン
0.15
0.16
0.29
0.32
0.38
0.76
1.04
0.84
0.50
1.00
ダビガトラン
がよい
交互作用P値
0.09
交互作用P値
0.77
1.50
0.50
1.00
ワルファリン ダビガトラン
がよい
がよい
1.50
ワルファリン
がよい
The ACC 60th Scientific Sessions, New Orleans, March 2011
まとめ
•CHA2DS2-VAScスコアが高くなると、脳卒中、出血のリスクは
上昇する。
• ダビガトランのワルファリンに対する脳卒中発症抑制は
CHA2DS2-VAScスコアにかかわらず
•150mg×2回/日投与で優越性が示された。
•110mg×2回/日投与で非劣性が示された。
•ダビガトランの両用量群はCHA2DS2-VAScスコアにかかわら
ず、頭蓋内出血のリスクを低下させた。
ダビガトランは、脳卒中低~高リスク患者において、
ベネフィットが期待できる。

similar documents