2011

Report
2011年すばる観測研究体験企画
第2回セミナー
太陽系外惑星探査プロジェクト室
成田憲保
観測ターゲット候補
よいターゲットを選ぶ基準
• 科学的な戦略・価値があるかどうか?
– 今回は既に惑星が発見されている恒星のまわりに新しい惑星・褐色
矮星を探す→そのような天体を探す根拠があるか?
• 限られた観測時間に十分な精度が達成できるか?
– 観測時の天体の高度などを調べる(十分に高く上っているか)
– 天体の明るさを考える(明るすぎても暗すぎてもだめ)
• 直接撮像の場合
– 偶然同じ方向にある天体と見分けるために、なるべく太陽系に近く、
天体の固有運動の大きな天体が良い
今回の観測ターゲット候補
• upsilon Andromedae
• HD7449
• WASP-33
発表順
• 吉田拓馬
• 辻堂さやか
• 太田百合菜
• 野津湧太
• 水野隼翔
• 西嶋颯哉
• 馬場はるか
• 山内里子
• 中田智香子
• 熊本淳
• 小野謙次
upsilon Andromedae
• 太陽系から13.47パーセク、固有運動大きい
• V等級で4.09等(肉眼で見ることが可能)
• 年齢は3.8 Gyr
• 2011年までに4つの惑星が視線速度法で確認されている
• 惑星の軌道が円軌道でない→過去に惑星同士が弾き飛ばし
あってできたと考えられている→これより外側にないかどうか
気になる
• 昨年12月にHiCIAOで観測している
• とても明るいのでコロナグラフのマスクを使う必要あり(観測・
解析がやや難しくなる)
HD7449
• 太陽系から39パーセク、固有運動大きい
• V等級で7.5等(肉眼では見えない)
• 年齢は2.1 Gyr
• 2011年7月に発表されたばかりの新しい惑星系
• 2つの惑星が視線速度法で確認されている
• 外側の惑星は周期11年
• 惑星の軌道が円軌道でない→過去に惑星同士が弾き飛ばし
あってできたと考えられている→もう1つ外側にいるかも?
• マスクを使う必要なし
WASP-33
• 太陽系から116パーセク、固有運動非常に小さい
• V等級で8.3等
• トランジット法で発見された初めてのA型星のまわりの惑星
• 年齢はA型星なので若い
• 惑星の軌道が逆行している
• 昨年11月にHiCIAOで観測している
• マスクを使う必要なし
12月21日の天体の高度
この企画の観測時間
議論&投票
• 正解はありません
• この体験企画で観測を行うことで、最も科学的価値が高いと
思うものを選んでください

similar documents