孝行デマンドバス - 株式会社 CQ-Sネット

Report
配布用
高齢者の健康が
日本を救う
コガソフトウェア株式会社
代表取締役 古賀詳二
平成24年11月14日
1
はじめに
新しい公共交通システムは高
齢者を健康にして、日本の未
来に希望を残せるというお話
をします。
2
1.日本の問題
(1) 日本の借金が1200兆円ある。
(2) 税収は減少している。
(3) 一般会計の歳入の半分以上が赤字国債である。
(4) 産業は空洞化し、生活保護者が210万人を超えた。
(5) 高齢者が3000万人を超え、高齢化率は24%に達し、
認知症患者は300万人を超えた。
(6) 2010年の出生数は107万人である。
(7) 社会保険給付費は巨額に増大している。また75歳以上
の高齢者の医療費は一人当たり91万円である。
このままの状況が続くと、日本は財政破たんし、人口減少で
社会が崩壊してしまう。
3
2.世界の大きな問題
(1)人口爆発(1802年 10億人、1927年 20億人、
1961年 30億人、1971年 40億人、2011年 70億
人、2050年 95億人)
(2)CO2による温暖化等による地球環境破壊
(3)野生生物の急激な減少(現在、1年間に4万種
絶滅)
(4)南極北極地域の氷の融解による海面上昇
→このままCO2を排出続けると2100年~2200
年の間に人類は滅亡する。
4
3.解決策
これらの諸問題は政治・宗教では解決できない。
科学技術はこれらを解決できる可能性がある。
「高齢者を健康する」から解決案を模索する。
(1)医療費を削減できる。
(2)介護費を削減できる。
(3)歳出を削減できる。
(4)地域社会を元気にできる。
(5)CO2を削減できる。
(6)輸出産業にできる。
弊社が開発した「新しい公共交通システム」を紹介する。
まず、動画を見てください。動画
5
4.新しい公共交通システムの詳細
弊社の新しい公共交通システムに
孝行デマンドバスと命名しました。
詳細を説明します。
6
配布用
デマンド交通システム
「孝行デマンドバス」
ご提案
コガソフトウェア株式会社
Koga Software Company
真心と確かな技術で
自治体様のよりよい地域交通政策に貢献をしたい
1-3 デマンド交通運用イメージ
電話
↓入力補助
パソコン
利用者
 予約
タブレット端末
 運行予約
 発着・乗降状況の連携
スマホ 携帯
孝行オンデマンドバス
<弊社システム>
オペレータ
ドライバー
目的地
車載器
 運転
 乗降状況の連携
出発地
8
孝行デマンドシステムのご紹介
2-1 利用者が予約する
多彩な予約システム
~新たな利用者層を開拓できる多彩な予約インターフェース~
自宅の固定電話から予約
自宅のパソコンから予約
携帯、スマートフォン
タブレット端末から予約
利用者
エリア内
どこにいても利用できる
9
孝行デマンドシステムのご紹介
2-2 オペレータが予約を受ける
オペレータシステム
オペレータの予約・運行管理を効率よく行えます。
• シンプルでわかりやすい運行画面
• メモ機能搭載
• 復路の予約も一緒にとれます
• ドライバーに伝えたいことがあれば、
なんでも言葉に変えて送ります
 運行予約
 発着・乗降状況の連携
オペレータ
10
孝行デマンドシステムのご紹介
2-3 ドライバーが送迎する
車載器システム
各車両に取り付けます。
目的地のナビ機能で効率よく運行できます。小型のスマートフォンタイプから大
型のタブレットタイプまで用途に応じてご利用いただけます。
• 車載器には最新の情報が30秒毎に送られます。
• 次の目的地や新しい予約の変更、キャンセルなど
車載器が声に出して案内します。
• GPS機能により、現在地と目的地を明確に表示します。
• また地図の拡大や縮小を自動で行うため、ドライバーが
走行中に画面を触る必要はありません。
『出発します!次は、中川公園、中川公園…』
ドライバー
車載器
11
孝行デマンドシステムのご紹介
3-1 実績
岡山県瀬戸内市牛窓地域 モーモーバス
2012年7月1日より実証運行が開始されました。
自治体様、交通事業者様、弊社が密な連携をとり、利用者数は初月から500件を超える好調な滑りだしとなっています。
瀬戸内市のデマンド交通への期待
運賃
1日300円
乗り放題
「高齢者を元気に」
地域概要
面積
運行方式
運行時間
8時~16時
営業日
平日、土日祝
乗降場数
559か所
自宅乗降場数
576か所
オペレータ
2名
当日予約
1時間前まで可能
料金
1日300円乗り放題
車両
9人乗り2台
利用者対象
誰でも可能
※ただし、市内在住者は事前登録制
運行
フルデマンド方式
2
27.5km
総人口
7,296人
65歳以上人口
2,304人
高齢化率
31.6%
12
孝行デマンドシステムのご紹介
4-1 デマンドシステムの概要について
フルデマンドとセミデマンド
終日、エリア全域で広範囲にデマンド運行
フルデマンドとは…
時間も場所も、予約ありき。
いつでも、どこでも、行きたい場所に行くことが出来ます。
○メリット:利用者満足度が高い
×デメリット:乗車率が低下しやすい
路線
時刻表
なし
なし
時間、区域に制約を設けることで予約を集約し、乗合率を向上できる
セミデマンドとは…
セミデマンド方式では、運行エリア全域をサブエリアに細分化
し、各エリアに運行可能時刻を設け、その運行可能時刻内で
デマンド運行を可能とします。
8:00便
10:00便
このサブエリアの運行可能時間
は、8:00~10:00
○メリット:乗車率が高い
×デメリット:利用者満足度は低下しやすい
12:00便
このサブエリアの運行可能時間
は、10:00~12:00
このサブエリアの運行可能時間
は、11:00~12:00
路線
時刻表
あり
あり
孝行デマンドシステムのご紹介
5-3 導入時の運行設定の悩みを解決
利用者の特徴をフルデマンドで掴む
住民のアンケートやヒアリングだけでは利用者需要は把握できない。
住民のニーズに即した運行形態の選定についてどう考えるか?
弊社では、利用者の需要は実績で把握することが一番だと考えます。
フルデマンド運行は、需要把握に素晴らしい相性の良さがあるため、需要が散在するのか、
集約できるのか迷った時は、まずはフルデマンド運行で検証します。
その後、実績データをもとに選定し、集約できる需要に対しては、一部の車両をセミデマンド
運行へ切り替えるなどの施策が可能です。
(※前提として、地域交通との調整、地形も十分に考慮)
 実証運行スタート
フルデマンド方式で運行
 実証運行3~6カ月後
利用実績を把握
 本番稼動
運行形態を選定
フルデマンド
運行
セミデマンド
運行
14
孝行デマンドシステムのご紹介
5-4 導入時の運行設定の悩みを解決
事前にシミュレートできる
導入時には利用者のニーズを把握し、
運行形態等サービス内容をしっかり検討できる環境が必要です
一番高いサービスを先に提供すると、サービスを途中で低下させた場合、利用者の抵抗が
出てくるため、最初のサービスレベルの選定には注意が必要。
まずは利用者のニーズ調査による需要(動線等)の分析を行うことが必要。
車両台数と利用者数の予測が必要。区域が広い場合、エリア内の区域分けを行う対応が
考えられるが、確保する車両台数に問題が生じる。総合的な試算が必要である。
出典:平成21年度3月 国土交通省総合政策局
「地域公共交通に関する新技術・システムの導入促進に関する調査業務」
事前にシミュレートできる環境
をご用意しています。
担当者様の不安は、実証運行でも、選定した運行方式が地域に定着で
きるかどうか、という点だと思います。
弊社では、事前に実際のバス停を設置し、ニーズの限界値、車両台
数、運行方式を検証するようにしています。
また、自治体様の地域におけるデマンド交通の最適解を、一緒に考え
ていきたいと思い、このようなサービスを展開しています。
15
孝行デマンドシステムのご紹介
5-6 毎日の運行を可視化できる
毎日の運行実績を地図上で簡単に確認出来ます。
可視化することで、日々の行動需要をその日のうちにすぐ確認することができます。
※右側のポイントを押下すると地図上に、
その時刻に走る経路が浮き出て表示されま
す。
16
孝行デマンドシステムのご紹介
5-7 利用データ分析
運用時には迅速にデータ分析結果を提供
弊社では週末、月末の分析はもちろん、瀬戸内市自治体様、及び運用事業者様からのデータ分析依頼に対しても迅速に対応し、
システムの観点から分析した結果を報告しています。地域のよりよい運行をサポートします。
現在提供しているデータ分析結果
・週次月次予約傾向分析
・統計地区ごとの利用者・登録者の年代別人数
・集計区分ごとの利用登録者数及びモーモーバス利用者数
・公共の乗降場所の乗車、降車状況
・統計地区ごとの利用者・登録者の年代別人数
・乗合率分析、複数乗車率分析
..など
瀬戸内市
自治体様
統計グラフ化
弊社
運用事業者様
岡山県瀬戸内市牛窓地域モーモーバス
17
孝行デマンドシステムのご紹介
6-3 よくある質問
車両はどんなサイズでも対応しているの?
全ての車両に対応可能です。
予約受付は1時間前だけ?
システム上は、
0分 = リアルタイム受付も可能です。
運行環境に合わせて、前日締切、当日
15分前まで、30分前などと、自由な設定
が可能です。
18
孝行デマンドシステムのご紹介
6-4 よくある質問
利用者登録は必ずしなければならないの?
利用者登録方式、利用者未登録方
式の両方に対応しています。
しかし、実証運行後に年齢別や地
域別など属人的な要素における
統計分析をする上でも、利用者登
録方式をお勧めします。
観光者などの利用者登録していない人も予約できるの?
観光者のような突発的な利用者にも
対応できます。
(牛窓では、観光客の方も利用しています)
19
孝行デマンドシステムのご紹介
6-5 よくある質問
運行エリアはどうやって設定できるの?
マウスで地図上の範囲をドラッグし、選択するだけで運行エリア
が設定出来ます。編集も簡単です。
20
孝行デマンドシステムのご紹介
6-6 よくある質問
システム導入時に必要なものは?
オペレータ人数分の
インターネット仕様可能なPCのみ
一切のインストールは不要です
21
孝行デマンドシステムのご紹介
7-1 システムの安全性について
個人情報漏えいによる一件当たりの平均損害賠償額
※2011年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書
△ 7,329
万円
情報漏えいへの対策は継続的に行うことが重要です
ISMS
(ISO27001準拠) プライバシーマーク
JIS規格
国際規格
コガソフトウェア㈱は
6%
取得はわずか
ISMS未取得
※取得、継続的な認可は厳格な基準により管理
情報通信事業者
公的認証取得済みです。
(※継続性を第三者が認定しています)
22
孝行デマンドシステムのご紹介
7-2 システムの安全性について
複数クラウド上にシステム構築
稼働率99.95%
直近5分前まで
復旧が可能
×
NTTコミュニケーションズ
99.99%
システム運用体制
24時間365日
のサービスレベル
実績
デマンド交通の実施
予約などの機能
システムの様々な機能の全ては、
安全な基盤の上に成り立ちます!
安全な基盤
23
孝行デマンドシステムのご紹介
7-3 システムの安全性について
システム導入費
個別サーバ方式に比べ
運用コストを大幅に削減
2262万6千円
個別サーバ方式
¼以下
個別にサーバを設置するため、自治体様は数千万もする高価なサーバを買う必
要がある。また、障害などが発生した場合、個別に対応が必要となり、リスクとし
てデマンド交通サービス自体が一時停止することもあり得る
出典: 平成21年度3月 国土交通省総合政策局
「地域公共交通に関する新技術・システムの導入促進に関する調査業務」
http://www.mlit.go.jp/common/000050027.pdf
NTT東日本
(酒々井町)
コガソフトウェア
共有サーバ方式で価格と導入の手間を軽減
孝行バスでは、個別にサーバを購入していただく必要はありません。
導入自治体様が共有してご利用いただけるサーバをご用意しました。
みんなで分け合うことで、導入コストも分け合い、軽減することができま
す。システムも全自治体が同じサービスを受けることができるので、サー
ビスレベルに違いが発生することはありません。
デマンド交通
共有サーバ
また、導入時も、ご用意いただくのはインターネット通信の可能なパソコ
ンだけです。インターネットを閲覧する感覚で、すぐにデマンド交通サービ
スを始めることができます。
通信
意外とすぐ傍に、デマンド交通サービスの世界はひろがっています。
A自治体様
B自治体様
24

similar documents