Document

Report
図1:肥満症とそれに伴う疾患
脂肪の蓄積
インスリン抵抗性
メタボリックシンドローム
糖尿病
高脂血症
動脈硬化
心筋梗塞、脳卒中
高血圧
図2:脂肪細胞における脂肪蓄積と分解のバランス
普通の人
肥満の人
脂肪分解が促進
している
脂肪蓄積が促進
している
脂肪蓄積
脂肪分解
脂肪分解
小型の脂肪細胞
肥大化
脂肪蓄積
肥大化した脂肪細胞
炎症性サイトカインの
産生・分泌増大
インスリン抵抗性
図3:肥満・糖尿病モデルマウス
1. 高血糖
2. 高インスリン血症
3. 高脂血症
4. 肥満
5. 膵島の肥大
肥満マウス
対照マウス
脂肪重量を減少させる遺伝子領域を同定した
ALK7遺伝子に変異を見出した
図4:ALK7は成熟脂肪細胞に発現し、
ALK7変異マウス脂肪細胞では脂肪分解が亢進している
マウス由来脂肪細胞
脂肪細胞
ALK7
ATGL
(脂肪分解酵素)
HSL
(脂肪分解酵素)
アクチン
遊離グリセロール量
ALK7野生型 ALK7変異型
3
脂肪分解
2
1
0
刺激前
刺激後
野生型
ALK7変異型
図5:ALK7変異マウスでは、体重の減少と共に、
耐糖能、インスリン抵抗性の改善、脂質燃焼の亢進が起こる
野生型
ALK7変異型
40
20
グルコース負荷試験
500
血糖値 (mg/dl)
体重(g)
60
体重
400
300
200
野生型
ALK7変異型
100
0
0
TSOD
呼吸商
野生型
ALK7変異型
0.95
0.9
100
90
80
70
0.85
60
0.8
50
昼間
夜間
糖負荷後経過時間
30
60
90
120
インスリン抵抗性試験
血糖値 (%)
呼吸商 (VCO2/VO2)
1
0
野生型
ALK7変異型
0 インスリン負荷後経過時間
15
30
45
60
図6:ALK7は脂肪を蓄積する遺伝子である
ALK7野生型肥満マウス
脂肪分解酵素
脂肪分解量
脂肪重量
体重
耐糖能
インスリン感受性
ALK7変異型肥満マウス

similar documents