スライドの作り方の例

Report
有村研究室
スライド作成ガイドライン
Ver 1.0 2012.04.05
馬込 大貴,溝口 明日実,有村 秀孝
スライド作成前
いきなりパワーポイントを作らない!
まずは紙or頭の中でストーリーを作る.
スライドは資料であり,話がメイン
誰に対して話すのか?を考える.
発表で言いたい事を1つに絞る.
それがconclusion
スライド作成準備
1スライド1テーマ
可能な限り図で説明
無駄なことはスライドに載せない
まず概要を説明する
スライドの流れ
背景
• 関連する分野の現状を説明
• 現状の問題点を示す.
• その解決策として研究の
動機を示す.
結果
• 目的に添った結果を
示す.
目的
• 目的を一言で示す.
考察
• 提案手法の利点を示す.
• 今後の改善すべき点を示
す.
方法
• まずフローチャート等で
概要を説明.
• 次に,手法の重要な点に
絞って詳細を説明.
• 最後に,手法の評価方法を
示す.
まとめ
• 何をしたのか,その
結果何が言えるのか,を
簡潔に.
• 一番伝えたいことを
示す.
スライドの作り方①
1スライド1テーマ
そのスライドで何を伝えたいのか
考えてから作成
スライド枚数は30秒/スライドが目安
7分なら14枚程度
スライドの作り方②
1スライド8行以内
文字の大きさ
表題:32p,本文:24〜28p
文字の色(黒系バックの場合)
表題:黄色or白,本文:白
※赤文字は見難いので使わない
行間を必ず空ける
スライドの作り方③
文節の途中で改行しない
文献を引用する場合は,簡潔に
筆頭著者名 et al. ジャーナル名,巻,号,ページ,出版年のみ
記載
全スライドでフォントをそろえる
推奨:(日本語)MS P ゴシック
(英語)Arial
スライド内に使用する色の種類は必要最低限に
スライドの作り方④
文章ではなく要点を箇条書きにする
1スライドに複数の図,表を詰め込まない
アニメーションを使用する場合はくどくならない程度に
動画を使用する場合,動かない場合があるので
静止画も非表示で準備しておく
スライドの作り方⑤
略語を使用する場合はスライド下部または文中に
注釈を入れる
注釈は頭文字を小文字または大文字にすべて統一
例:
1.
~には,CT (computed tomography) などが~
2.
~には,CT*などが~
*CT:
computed tomography
スライドの作り方⑥
文章等の表記法は一般的な方法に合わせる
一般的な表記法は自分で調べておく
例)
半角括弧の前後には半角スペース
数字と単位の間には半角スペース(但し,%は除く)
など
数式の作り方
数式オブジェクトを使用
背景は透過にし,文字色を本文の色と合わせる
記号の説明を加える
D: dose
T: total energy released per unit mass
K: dose deposition kernel
表の作り方
縦線は書かない
単位を必ず示す.単位は()で囲む
MS症例
(%)
健常者
(%)
P値
全例
(%)
脳実質
96 ± 1.2
95 ± 2.0
0.359
95 ± 1.6
白質
85 ± 4.3
86 ± 3.4
0.572
86 ± 3.8
灰白質
82 ± 5.6
84 ± 3.9
0.218
83 ± 4.9
グラフの作り方
縦軸と横軸の説明と単位を必ず書く
軸目盛りの文字も小さすぎない様に変更
マニュアルで求めた
肺腫瘍領域の移動量 (mm)
6
Case 2
Case 5
Case 6
5
4
3
2
1
0
70.0
75.0
80.0
85.0
90.0
提案手法で求められたパス率 (%)
95.0
100.0
グラフの作り方
凡例または矢印で各データの説明を加える
0
目盛は内向き
グラフは全体を囲む
0
lateral scatter kernel (cm-2)
10
10-2
6 MV 実験
6 MV EGS5
10-4
10 MV 実験
10-6
0
lateral scatter kernel (cm-2)
10
-2
10
6 MV 実験
6 MV EGS5
-4
10
10 MV 実験
-6
10
10 MV EGS5
10 MV EGS5
10
off-axis distance (cm)
20
0
10
off-axis distance (cm)
20
スライド作成後
100回以上は練習する
スライドは読まない.話が主体
いろんな人に聞いてもらう
質問されそうな事を考え,答えを用意しておく
スライドの一例
肺定位放射線治療における
類似症例を用いた
ビームアングルの自動決定法
馬込 大貴1, 2,有村 秀孝3,塩山 善之4,徳永 千晶1,中村 和正5
穴井 重男6,本田 浩5,大喜 雅文3,豊福 不可依3,平田 秀紀3
1九州大学大学院
医学系学府 保健学専攻
2日本学術振興会
特別研究員
3九州大学大学院
医学研究院 保健学部門
4九州大学大学院
医学研究院 重粒子線がん治療学講座
5九州大学大学院
医学研究院 臨床放射線科学
6九州大学病院別府病院 放射線室
背景
5〜10門のノンコプラナー方向を含むビーム*
*Takayama
K, et al., IJROBP, 61(5), 1565-1571, 2005.
背景
ビームアングルは治療計画者が経験的に決定
治療計画に時間がかかる
経験の浅い治療計画者には
適切なビームアングルの決定が困難
過去の類似症例を参考にする事で,
治療計画者の負担を削減できるのではないか?
目的
過去に計画された類似症例を基に,ビームアングルを
自動的に決定する,放射線治療計画支援システムの開発
症例
症例数
男性
女性
年齢 (歳)
中央値
Range
PTV実効直径 (cm)
平均値
Range
治療計画
データベース
81
テスト症例
47
34
10
9
1
75
42 - 92
78.5
60 - 81
4.0
2.2 - 5.6
4.1
3.4 - 5.0
方法
対象症例
画像特徴量に基づく
類似症例の検索
線形レジストレーション法に
基づくビームアングルの決
治療計画データベース
定
計画者へ
提示
4種類の画像特徴量
PTV location features
PTV morphological features
Effective diameter of PTV
PTV centroid
(x, y, z)
A diameter of the sphere
with the same volume as the PTV
Equivalent
sphere
Sphericity of PTV
A
S
Lung geometrical features
A: Logical AND volume
between equivalent
sphere and PTV
S: PTV
PTV
A
S
Spinal cord geometrical features
+π 0 -π
Angle from
spinal cord
to PTV
Lung length
Distance
between
PTV and
spinal cord
方法
対象症例
画像特徴量に基づく
類似症例の検索
線形レジストレーション法に
基づくビームアングルの決
治療計画データベース
定
計画者へ
提示
ビームアングルの決定
対象症例
類似症例
線形レジストレーション
評価方法
線量評価指標を比較
放射線腫瘍医がマニュアルで作成したプラン
提案手法に基づくプラン
類似上位5症例に基づく5つのプランを作成し,
線量評価指標を用いて,最も有用なプランを選択
dplan :
J:
Xj :
Yj :
Euclidean distance
Number of planning evaluation indices
j-th planning evaluation index
for the ideal plan
j-th planning evaluation index
for the plan based on five most
similar cases
線量評価指標
DPTVmax: Maximum dose in the PTV
DPTVmin: Minimum dose in the PTV
VTV: Treated volume
VPTV: Planning target volume
D95 (Gy)
Homogeneity index
Conformity index
TCP (%)
V5 (%)
V10 (%)
V20 (%)
Mean doselung (Gy)
NTCPLung (%)
k:
α:
σα:
Nj:
Case number
Parameter
Standard deviation of α
Number of tumor cells
in the jth voxel
Dj:
β/α:
d j:
Total dose at the jth voxel
Parameter (inverse of α/β)
Dose per fractions
at the jth voxel
Maximum dosespinalcord (Gy)
NTCPSpinalcord (%)
LQEDmax: Maximum dose (Gy) which are
equivalent for 2 Gy fractions
TD50(v): Tolerance dose (Gy) that cause 50%
complication rate for uniform
irradiation of the partial volume v
m:
Paramater
結果
Original plan
Similar-case-based
plan
P value
D95 (Gy)
45.5 ± 0.47
45.6 ± 0.76
0.815
Homogeneity index
1.13 ± 0.03
1.14 ± 0.04
0.244
Conformity index
1.70 ± 0.15
1.77 ± 0.16
0.099
V5 (%)
16.0 ± 6.30
14.9 ± 5.65
0.136
V10 (%)
9.96 ± 4.52
9.42 ± 3.45
0.260
V20 (%)
3.98 ± 1.46
4.13 ± 1.41
0.014
Lung mean dose (Gy)
3.03 ± 1.11
2.97 ± 1.04
0.299
Spinal cord max dose (Gy)
6.13 ± 3.62
4.66 ± 5.35
0.411
TCP (%)
96.0 ± 0.27
96.0 ± 0.33
0.945
NTCP_lung (%)
6.76 × 10-3
± 1.22 × 10-2
6.29 × 10-3
± 1.12 × 10-2
0.263
NTCP_spinal cord (%)
1.12 × 10-5
± 1.90 × 10-5
3.76 × 10-4
± 1.18 × 10-3
0.354
結果
Original plan
D95 (Gy)
Similar-case-based
plan
P value
45.6 ± 0.76
0.815
JCOG 0403の線量制約
(V20 < 20%)よりも十分低い.
45.5 ± 0.47
Homogeneity index
1.13 ± 0.03
1.14 ± 0.04
0.244
Conformity index
1.70 ± 0.15
1.77 ± 0.16
0.099
V5 (%)
16.0 ± 6.30
14.9 ± 5.65
0.136
V10 (%)
9.96 ± 4.52
9.42 ± 3.45
0.260
V20 (%)
3.98 ± 1.46
4.13 ± 1.41
0.014
Lung mean dose (Gy)
3.03 ± 1.11
2.97 ± 1.04
0.299
Spinal cord max dose (Gy)
6.13 ± 3.62
4.66 ± 5.35
0.411
TCP (%)
96.0 ± 0.27
96.0 ± 0.33
0.945
NTCP_lung (%)
6.76 × 10-3
± 1.22 × 10-2
6.29 × 10-3
± 1.12 × 10-2
0.263
NTCP_spinal cord (%)
1.12 × 10-5
± 1.90 × 10-5
3.76 × 10-4
± 1.18 × 10-3
0.354
結果
Original plan
Homogeneity index:
Conformity index:
Similar-case-based plan
1.13
1.78
Homogeneity index:
Conformity index:
1.12
1.86
結果
100
: Original plan
: Similar-case-based plan
90
PTV
80
Volume (%)
70
60
50
40
Spinal cord
30
20
Lung
10
0
0
10
20
30
Dose (Gy)
40
50
考察
負担軽減による生産性の向上
経験の浅い計画者用の教育ツール
→肺定位放射線治療の一般化,質の均てん化
今後の課題
ビームアングルの局所的な最適化を行う必要性
まとめ
過去に計画された類似症例を基に,ビームアングルを
自動的に決定する,放射線治療計画支援システムを開発した.
提案手法が,肺定位放射線治療計画に
要する負担を削減できる可能性を示した.
Thank you for your attention!
[email protected]

similar documents