意思決定会計論B 第13回 品質原価計算 品質不良により生じる原価

Report
意思決定会計論B
第13回
品質原価計算
2
品質原価計算
 品質不良により生じる原価およびこれを防ぐた
めに発生する原価を測定し、担当者に提供する
ことにより、品質改善に役立てることを目的に実
施される原価計算
品質原価をその対象とし、品質を原価と関連づけ貨幣数
量化するシステム
 品質に関連する原価を収集・分類し、貨幣数量単位とい
う経営管理者が理解しやすい尺度で情報を提供すること
により、戦略的意思決定に有用な情報を提供する

意思決定会計論B
3
品質とは
 品物又はサービスが、使用目的を満たしている
かどうかを決定するために評価の対象となる固
有の性質・性能の全体 JIS Z-8101
 ある“もの”の、明示された又は暗黙のニーズを
満たす能力に関する特性の全体 ISO8402
 顧客の使用目的・期待を満足させているかどう
かということ
 そのことが製品またはサービス等の固有の特
性によって満たされていること
意思決定会計論A
4
予防原価(prevention cost)
 不良品発生を予防するための費用
例
品質向上のための従業員訓練費
材料あるいは部品の仕入先調査費
意思決定会計論B
5
評価原価(appraisal cost)
 不良品を発見するための費用

例
製品検査費
購入材料検査費
意思決定会計論B
6
内部失敗原価(internal failure cost)
 顧客引渡し前に不良品が発見されることにより
生じる費用
例
不良品の補修費
再加工費
再検査費
意思決定会計論B
7
外部失敗原価(external failure cost)
 顧客引渡し後不良品が発見されることにより生
じる費用
例
不良品の補修あるいは交換に要する費用
その製品により重大な事故が発生した場合
の損害賠償費
意思決定会計論B
8
PAFアプローチ
 Prevention-appraisal-failure
approach
 予防・評価・内部失敗・外部失敗の各原価
に分類・集計する方法
活用される理由



このモデルが欧米の品質管理団体によって公式
に採用され広く受け入れられている
種々の支出に相対的妥当性を与えることができ
る
原価が実際に品質に関連するものか否かの決定
に有用な基準となるキーワードを提供する
意思決定会計論B
9
品質原価とは
 品質適合原価(自発的原価)
規格に一致させることを目的とした活動のため
に発生

予防原価と評価原価
 品質不適合原価(非自発的原価)
不良品の発生によりやむなく発生

内部失敗原価と外部失敗原価
意思決定会計論B
10
図表11.1
品質原価発生段階
生産開始
生産完了
販
売
予防原価
評価原価
内部失敗原価
外部失敗原価
意思決定会計論B
11
品質の概念
 設計品質(quality
of design)
製品およびサービスの特性が、顧客の要求に
どれだけ近いものであるか、すなわち製品およ
びサービスに対する顧客要求と当該製品の設
計仕様との間の適合度合
 適合品質(quality of conformance)
製造された製品または提供されたサービスの、
その設計仕様に対する適合度合
意思決定会計論A
12
図表11.2
品質原価曲線(短期)
意思決定会計論B
13
図表11.3
修正品質原価曲線(長期)
意思決定会計論B
14
品質原価計算実施の際の注意点
 長期的思考の重要性
短期的にすぐ効果が表れるものではない
 測定されない原価の重要性
不良品販売による将来の売上減少
 非財務的指標の重要性
機械停止時間や不良品発生率
 設計品質の重要性
設計品質、安全品質、自然環境に対する品質
意思決定会計論B
15
予防原価と失敗原価および
総品質原価のタイム・タグ
失敗コスト
失敗コスト
失敗コスト
評価コスト
評価コスト
予防コスト
予防コスト
評価コスト
予防コスト
現状
移行期
移行後
意思決定会計論B

similar documents