レポート 前期 第4・5回

Report
情報の科学
旧 情報B
第4回 スクーリング
教科書P.92~P.115
前にスクーリングプリントあり
取りに来てください
情報の科学
前にスクーリングプリントあり
スクーリング出席についての注意
1.携帯電話の使用禁止
レポート
2.ガム等 禁止
前期 第4・
3.私語厳禁
4.レポートはスクーリング中しない
5回
5.見えない場合 見えるところで
以上の最低限のマナーを守り 気持ちよくス
クーリングを受けてください。守れない人は
他のスクーリングに出席してください。
今回のキーワード
キーワードを言う
プリントに記入してください
実習について
実習
第10回 日面 (10/19)
第11回 日面 (10/26)
第12回 日面 (11/16)
第13回 月面 (11/17)
第11回 洲本 (11/16)
第12回 柏原 (11/16)
1、2、3限
4、5、6限
2、4限
3限
4限
3限
教科書、筆記用具を持参
持ってこないと受講できない
実習について
チャイム後の遅刻は×
認めていません。
チャイムが鳴り終わるまでに
情報図書室に入室完了!
レポートについて

教科書を中心に出題
空白がある 間違いが多いと再提出になる。
 間違いがかなり多い場合、未提出となる。
 昨年度まで 再提出が非常に多い科目です。
 注意してレポートを提出!

レポートについて
レポートの提出期限
 第4回
12月 8日
 第5回
12月15日
 第6回
1月19日
 提出期限を守るように!
 1月に入ってからの提出には注意!
 再提出になる確率は高い!

第4回レポート
教科書P92
処理手順の明確化と自動化
アルゴリズム
ある目的を達成するために有限回の手順を実
行し、答えを出して手順が停止するように表現
されたものを、 A アルゴリズム という。アル
ゴリズムは、B フローチャート などの図式を
用いて表現することもできる。
第4回レポート
教科書P92
処理手順の明確化と自動化
フローチャート用図記号(JIS X 0121より)
記号
名称
内容
ア 端子 開始と終了
イ
データ データ入出力
ウ 処理 演算などの処理
判断
エ 条件による分岐
第4回レポート
教科書P92
処理手順の明確化と自動化
フローチャート用図記号(JIS X 0121より)
記号
名称
内容
ループの始まり
オ
ループ端
線
ループの終わり
データや制御の流れ
第4回レポート
教科書P92 処理手順の明確化と自動化
図1 鶴亀算のフローチャート
はじめ
A
ループ2
H←頭の数の合計
F←足の数の合計
a
e
C←0
g いいえ
ループ2
b←0,1,…,H
b いいえ
c はい
aとbの数を出力
C←1
A
f はい
C=0
ループ1
a←0,1,…,H
a+b=Hかつ
2a+4b=F
ループ1
d
a
b
c
d
e
f
g
該当なし
おわり
c ← 0
矢印の向きに注意
いいえ
はい
線を記入 矢印を入れる
ループ1
下の角に注意
はい
いいえ
すべて定規を使用する
第4回レポート
a
b
c
d
e
f
g
教科書P92 処理手順の明確化と自動化
図1 鶴亀算のフローチャート
c ← 0
矢印の向きに注意
いいえ
はい
線を記入 矢印を入れる
ループ1
下の角に注意
はい
いいえ
すべて定規を使用する
第4回レポート
教科書P95 プログラム
図2 鶴亀算を解くプログラム
<HTML>
<HEAD>
<TITLE>鶴亀算(繰り返しによる全ての場合の確かめ)</TITLE>
ア </HEAD>
<BODY>
<HR>
<SCRIPT LANGUAGE=“イ JavaScript ">
var turu,kame,H,F;
H = parseInt(prompt('頭の数の合計は?'));//←ここで頭の数の合計を入力する。
F = parseInt(prompt('足の本数の合計は?'));//←ここで足の本数の合計を入力する。
ウ var
flag=0;
document.write(“頭が”エ + H + "つ、足が"+ F +"本のとき<BR>");
for(turu=0;turu<=H;turu=turu+1)
{
for(kame=0;kame<=H;kame=kame+1)
{
オ if (turu+kame==H&&turu*2+kame*4 == F)
{
document.write("鶴は"+turu+"羽、亀は"+kame+"匹です<BR>");
flag=1;
}
}
カ }
if(flag == 0)
document.write(“該当する組み合わせはありません キ <BR>
");
</SCRIPT>
ク <HR>
</BODY>
ケ </HTML>
第4回レポート
教科書P95 プログラム
図2 鶴亀算を解くプログラム
<HTML> HTML 開始
<HEAD> 文書に関する情報 開始
<TITLE>鶴亀算(繰り返しによる全ての場合の確かめ)</TITLE>タイトル情報
ア </HEAD> 文書に関する情報 終了
<BODY> 内容 開始
<HR> 水平線
<SCRIPT LANGUAGE=“イ JavaScript ”> JavaScript宣言
var turu,kame,H,F;変数の宣言 turu,kame,H,F
H = parseInt(prompt('頭の数の合計は?'));//
←ここで頭の数の合計を入力する。parseInt文字列を解析し、整数を返す
F = parseInt(prompt('足の本数の合計は?'));//
←ここで足の本数の合計を入力する。prompt()画面より入力する
ウ var
flag=0; 変数の宣言 flagに0を入れる
document.write(“頭が”エ + H +"つ、足が"+ F +"本のとき<BR>");
画面に出力 変数を出力する場合 + H + 等とする <BR>は改行
第4回レポート
教科書P95 プログラム
図2 鶴亀算を解くプログラム
for繰返処理 初期値;条件式;増減式 =代入 ==同じ <小さい >大きい <=以下
for(turu=0;turu<=H;turu=turu+1) >=以上
turu=0初期値;turuの値がH以下の場合繰返す;turuの値に1を加える
{ ←A
for(kame=0;kame<=H;kame=kame+1)
kame=0初期値;kameの値がH以下の場合繰返す;kameの値に1を加える
{ ←B
オ if
(turu+kame==H&&turu*2+kame*4 == F)
if条件式 turu+kameがHと等しく&&=ANDturu×2+kame×4がFと同じなら
この繰り返しから抜け出す
{ ←C
document.write("鶴は"+turu+"羽、亀は"+kame+"匹です<BR>");
画面に出力
flag=1; flagに1を入れる
} ←C
} ←B
カ }
←A
第4回レポート
教科書P95 プログラム
図2 鶴亀算を解くプログラム
<HTML> ←F
<SCRIPT LANGUAGE=“イ JavaScript ”>
<BODY> ←E
←D
カ }
if(flag == 0) もしflagが0と等しければ
document.write(“該当する組み合わせはありません キ <BR>");
画面に出力 該当する組み合わせはありません <BR>は改行する
</SCRIPT> ←D SCRIPT終了
ク <HR> 水平線出力
</BODY> ←E 内容 終了
ケ </HTML> ←F HTML 終了
第4回レポート
ア
イ
ウ
エ
オ
カ
キ
ク
ケ
教科書P95 プログラム
図2 鶴亀算を解くプログラム
</HEAD>
JavaScript JとSは大文字その他小文字
var
+ H + Hは必ず大文字
if
}
括弧の向きに注意 カーリーブラケット
<BR>
<HR>
</HTML>
鶴亀算のHTML Link H=4 F=12
第5回レポート
教科書P110
安全を脅かす要因と対策
①迷惑メールの対策
・① 迷惑メールには返信しない。
・メールアドレスは、慎重に扱う。
・迷惑メールフィルタを設定する。
②個人情報の流出の対策
・不正アクセスを監視する機能を導入する。
・Webサイトなどで安易に個人情報を発信しない。
・② ファイル交換ソフトウェアを利用しない。
第5回レポート
教科書P110
安全を脅かす要因と対策
③情報技術を悪用した詐欺の対策
・信用できないWebサイトを利用しない。
・IDやパスワードを不用意に入力しない。
・③ 利用規約などを必ず読む。
・請求画面が出ても、相手に連絡をしない。
④コンピュータウイルスの対策
・④ ウイルス対策ソフトウェアを導入する。
・セキュリティアップデートを行う。
・危険なWebサイトに対して警告を発する機能を利用する。
・定期的にデータのバックアップをとる。
・心当たりのない送信元からのメールは開かない。
最後に
P. 92~P.101 レポート 4回目 12/ 8
 P.102~P.115 レポート 5回目 12/15
 P.116~P.161 レポート 6回目
1/19
提出期限に間に合うようにしてください。

スクーリングプリント回収 出席確認票のかわりです
未記入があれば、出席を認めていません!
各個人で持ってくる。
友達の分をまとめて持ってこない!

similar documents