情報利用のルール

Report
情報利用のルール
著作権・引用
インターネット情報
電子資料の利用
著作権・引用
• 「コピペ論文」
̶ 「丸写し」はなぜいけない?
̶ 他人の著作権の侵害:盗作・剽窃
• 未公開・無料公開でも
→他人の著作物を正しく利用するには・・・
• 引用
ガイドシート 1-1 参照
̶ 出典を明記する:先人への敬意
• 先行研究を調べたことの証明
• 後続研究のための文献ガイド
̶ 「引用」部分を本文と区別する
• 本文(自分の文章)が主、引用部分は従
• 引用は必要最小限
2
著作権・引用
• 参考文献リストの書き方(例):
参照:SIST 科学技術情報流通技術基準.“参照文献の書き方”.2007
http://sti.jst.go.jp/sist/menu_purpose/index.html (詳細版)
小冊子「参考文献の役割と書き方」
http://sti.jst.go.jp/sist/pdf/SIST_booklet2011.pdf (簡略版)
̶
例1.雑誌論文(日本語)
̶
他谷 周一.鉄道 東海道新幹線の地震防災システム . 検査技術. 2010,
vol. 15, no. 4, p. 66-72.
例2.図書の一部
̶
戸田山和久.“引用の方法”.論文の教室:レポートから卒論まで.
NHKブックス,2002,p. 232-238.
例3.ウェブページ
“電波の医療機器への影響に関する調査結果”.総務省.2009-5-22.
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/13465.html,(参照
2013-5-12).
※上記は一例。提出・投稿先の規程があればそれに従う。
3
インターネット情報
• 手がかりを得るには便利
̶ 発信者の立場・目的がさまざま
̶ 古い情報は苦手/内容の偏り
̶ 情報が書き換えられる、消える
̶ Googleではヒットしない情報
̶ Wikipediaだけでレポートを書いてよい?
• 研究に使うには
̶ 信頼性を確認する:作成者・情報源・根拠、更新日
̶ 情報の発信源をたどる:政府、官公庁、研究機関・・・
̶ 複数の情報を比較する:異なる視点・立場の情報
̶ URL・提供元・アクセス日を明記して引用する 4
電子資料の利用
• 電子資料
電子ジャーナル、電子書籍、データベース
– 著作権+契約上の利用条件を守る
• 違反すると大学全体の利用を止められることも
• 無料データベースでも迷惑になる行為は避ける
– 個人の調査・研究のために利用すること
• 大量・自動的ダウンロードの禁止
• 再コピー、再配布、販売の禁止
• ex.雑誌1号すべてダウンロード、メールで本文を
送信・・・×
5
まとめ
著作権・引用
– 他人の著作権を尊重し、敬意を表す
インターネット情報
– 長所・短所を理解する
– 信頼性を確認する
電子資料の利用
– 契約上の利用条件、著作権を守る
– 個人の調査・研究のために利用

similar documents