中間発表パワーポイント - 都市計画DocumentSV

Report
その時どう動く
〜もしも地震が起きたなら〜
2013年度
都市計画実習防災班
中間発表
班長
副班長
DB
印刷
渉外
:岡部 寛
:徳永 光
:山縣 杏香
:水澤 花穂
:山本 真義
:戸井田 拓
:吉田 太郎
担当教員 :糸井川 栄一
TA
:野澤 駿平
1
発表の流れ
背景
問題
提起
仮説
予備
調査
結果
考察
今後
の
予定
2
背景
東日本大震災時-つくば市の被害-
• 震度6弱
• 死者:1名
つくば市でも多くの被害と混乱があった!
図2:つくば駅(東日本大震災時)
• 負傷者13名
図1:セブンイレブン天久保4丁目店
• 電気:3/12 夜間に市内全域で復旧
• 上水道:3/16 夕方に市内全域で復旧
図3:筑波大学総合体育館
図1~3:2011年度都市計画実習 防災班中間発表
3
背景
予想される大震災
☆首都直下地震
2~300年間隔で関東大震災クラス(M8)
•東京湾北部地震:M7.3
•都心西部直下地震:M6.9
•都心東部直下地震:M6.9
•成田直下地震:M6.9
•プレート境界茨城南部地震
推定規模 M7.3
つくば市 震度6弱
図4:プレート境界茨城南部地震
出典:内閣府防災HP
首都直下地震の被害想定
4
背景
既存研究
東日本大震災の時ほしかった情報
2011年 都市計画実習防災班
震災後の不便な生活に対処する方法
地震時に取るべきベストな行動について
今度の地震に関する知識
学校内の避難経路、最寄の避難所につ…
正しい行動について
知りたがっている
震災後、社会貢献するための方法
東日本大震災に関する被害について
地震による津波被害について
過去の震災における被災について
その他
0
100
200
300
400
500
600
5
背景
既存研究
「津波ハザードマップの理解と避難行動意向-神栖市を対象として-」
平成24年度
卒業論文 社会工学類 伊能沙知
津波ハザードマップから読み取れる情報
理解の程度
避難行動意向を誘発する傾向がある
地震に関する知識・環境
震災後の行動への関連
6
発表の流れ
背景
問題
提起
仮説
予備
調査
結果
考察
今後
の
予定
7
問題提起
つくば市と筑波大学総務課へのヒアリング
つくば市の対策
• 天久保公園に飲料水兼用防火水槽を整備
• 公園や公共施設等で給水を実施
• 筑波大学との連携
– 東日本大震災の時、宿舎の学生に
公共施設を避難所として開放
– 筑波大キャンパスを地域住民の
一時避難所として考えている
つくば市は筑波大学の敷地を地域住民の
一時避難所にしているが総務課とつくば市で
正式に決まったことではない
給水場所
図5:給水場所
画像作成元:Google map
→大学側とつくば市でうまく連携がとれていない?
8
問題提起
筑波大学総務課へのヒアリング
大学側の対策
パンフレットの配布、避難訓練
9割近くの人が
“全く知らない”
内容を知っ
ている人は
ゼロ
12%
88%
避難訓練の様子
N=43
画像元:http://www.tsukuba.ac.jp/up_img/l20111212140514001.jpg
見たことも読んだこともない
見たことはあるが読んだことはない
9
問題提起
学生側
・パンフレットを知らない
→正しい防災の知識が十分に広まって
いないのに正しい行動がとれるのか?
大学側
・学生にパンフレットの内容が伝わっていない
・地震災害についての記載が少ない
→周知方法と内容に改善が必要
10
問題提起
筑波大学総務課へのヒアリング
大学側の対策
井戸
拡声器
図6:井戸と拡声器の場所
作成画像元:Google map
・宿舎に設置された井戸に
実際に行ってみたが使えない
→管理に問題があるのでは?
11
目的
目的
筑波大生が地震が起きた時に
正しい行動を取れるようにする!
図7:机の下に隠れる
出典: 出雲ガス株式会社
図8:情報を得る
南島原HP
正しい行動を取るための
要因を調査から導きだす
12
発表の流れ
背景
問題
提起
仮説
予備
調査
結果
考察
今後
の
予定
13
仮説
•被災経験があるか
•ボランティア経験
があるか
•備蓄
•避難経路の確認
•震度とマグニ
チュードの違い
•震度の段階数
14
仮説
関係図
個人の環境
事前対策
知識
正しい行動
15
発表の流れ
背景
問題
提起
仮説
予備
調査
結果
考察
今後
の
予定
16
調査
学生への予備調査
対象:筑波大生(学群生・院生)
調査人数:39人
調査期間:4月29日~5月2日
17
調査
調査項目
選択回答
環境
1.震災経験 2.ボランティア経験 3.防災訓練の経験
事前
対策
1.備蓄 2.家具の固定 3.家族と地震時のことを話しているか
4.避難経路 5.地震が今後も起こると思うか 6.自宅の築年数
知識
1.震度とマグニチュードの違い 2.震度6弱の揺れの被害の程度
3.震度の段階 4.地震時の連絡方法
シミュレーション形式(内閣府防災シミュレーターを参考に)
自由回答
行動
地震発生が発生(揺れる前・揺れている最中の行動)
1.緊急地震速報直後の行動
2.コンロの火の後始末
3.自分の身を守るための行動
地震の揺れが収まる(揺れがおさまった後の行動)
4.散らかった家の中の移動方法
5.家の外へ避難する際の注意点
18
発表の流れ
背景
問題
提起
仮説
予備
調査
結果
考察
今後
の
予定
19
結果
分析方法
環境
事前対策
• ボランティア経験がある
• 防災訓練に参加したこと
がある
• 備蓄をしている
• 家具を固定している
• 自宅の築年数を知っている
→A君の環境ポイントは2
→A君の事前対策ポイントは3
このように環境・事前対策・知識・行動の各
要因においてポイントをつけ、2要因間のポ
イントをプロットし、関係を調べた
A君
20
結果
経験は事前対策と違い、
ポイント相関図
能動的な行為ではないと考えられるので、
4つの項目ごとにポイント制で相関を見ると・・・
行動に結びつきづらいのでは?
6つの矢印の相関関係は全体的に薄かった
環境―行動
事前対策-行動
5
行動ポイント
5
行動ポイント
4
3
2
1
4
3
2
1
0
0
0
1
2
3
4
5
事前対策ポイント
6
7
0
1
2
3
環境ポイント
比較的相関のある例
全く相関のない例
y=0.2043x + 2.2919
R^2 =0.081
y=-0.0048x + 2.8013
21
R^2= 1E-05
4
結果
クロス集計
正の相関が見られた例
家族と行動1のクロス集計
している
不正解
P値:0.017**
N=39
正解
不正解
事前対策を行っている
↓ している
14
14
2
震災時のことを考えている
↓
していない
11
11 震災時の行動のことも考えている!?
12
P値:0.017**
N=39
2
備蓄
家族と話し合い
正解
備蓄と行動5のクロス集計
していない
行動5
行動1
家族と地震時のことについて
話し合っているか
緊急地震速報が流れた際の行動
(行動1)
12
備蓄をしているか
家から避難する際の行動(行動5)
22
結果
クロス集計
負の相関が見られた例
相関関係の見られない例
防災訓練と行動1のクロス集計
不正解 P値:0.001***
N=39
ある
5
11
防災訓練では緊急地震速
報が流れた際の訓練は
しない
ない
20
3
行動1
防災館などでの防災訓練経験の有無
緊急地震速報が流れたときの行動
(行動1)
正解
不正解
P値:1.000
N=39
不正解
11
5
正解
16
7
知識1
防災訓練
正解
知識1と行動4のクロス集計
行動4
震度とマグニチュードの違いを
知っている(知識1)
散らかった家の中の移動方法
(行動4)
23
結果
分析手法
P値
例:事前対策と行動
5%検定で正に有意なもの:◎ = 1point
負に有意なもの:×= -1point
10%検定のみで正に有意なもの:○ = 0.5point
2.5(point)
×100 = 11.7 (%)
30(Maxポイント数)
24
結果
相関関係図
個人の環境
8.3%
2.8%
4.2%
事前対策
知識
8.3%
6.7%
0%
正しい行動
正の相関
負の相関
25
考察
相関関係図
個人の環境
8.3%
2.8%
4.2%
事前対策
知識
8.3%
6.7%
0%
正しい行動
正の相関
負の相関
26
考察
相関が見られなかった原因
• 先入観があった
常識の範囲
「地震がきたら火を消す」
内での回答
「揺れを感じたら机の下に入る」
• 質問項目が不足していた
特に行動に関しては地震直後だけでなく、
もう少し長いスパンで質問すべきだった
• 学生への予備調査のサンプル数が39と少なかった
27
発表の流れ
背景
問題
提起
仮説
予備
調査
考察
今後
の
予定
28
今後の予定
今後の予定
事前調査
学生課への
筑波大生へのヒアリング調査
インタビュー調査
本調査
アンケート調査
対象:筑波大生
地震に関する知識・行動を
アンケート調査する
つくば市危機管理課への
インタビュー調査
改善案の提案
29
今後の予定
本調査
筑波大生への本アンケート
環境・知識・事前対策・行動の4項目についてアンケー
ト調査を行う。
知識・事前対策:消防庁の防災マニュアルを参考
行動:首都直下型地震を想定したシミュレーション
形式とし、震災後3日間の行動について質問
つくば市危機管理課へのインタビュー
①筑波大生に対する被災後の支援
②市と大学の地震時の協力
30
今後の予定
具体的な提案
• 大学への提言
パンフレットをただ配布するのではなく、
生徒が必ず目を通す機会をつくる
継続した環境整備をしてもらう
• 学生への働きかけ
学園祭等で企画を出す
起震車による揺れの体験
消火器の使用体験
図9:起震車
出典:カヤバシステムマシナリー株式会社
31
参考文献
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
玉木貴:わが家の防災,駒草出版,2005-4
渥美公秀-監修 寄藤文平-絵:地震イツモノート 阪神・淡路大震災の被災者167人にきいたキモチの防災
マニュアル-,地震イツモプロジェクト編,出版社:木楽舎,2007-04
石村貞夫:SPSSによる統計処理の手順 第4版,東京図書,2004-12
内田治:SPSSによるアンケートの統計的検定,東京図書,2011-6
伊能沙知:津波ハザードマップの理解と避難行動意向—神栖市を対象として,2012年度 卒業論文,
2012-3
2011年度 都市計画実習防災班HP:
http://toshisv.sk.tsukuba.ac.jp/jisshu/jisshu1/report/2011/g1_bosai/(最終閲覧日 2013/5/21)
内閣府防災HP「首都直下地震の被害想定<概要>」:
http://www.bousai.go.jp/jishin/syuto/pdf/higai_gaiyou.pdf(最終閲覧日 2013/5/18)
つくば市 東日本大震災の記録:
http://www.city.tsukuba.ibaraki.jp/dbps_data/_material_/_files/000/000/010/416/kiroku.pdf
(最終閲覧日 2013/5/15)
Google map:
https://maps.google.co.jp/(最終閲覧日 2013/5/20)
ヤバシステムマシナリー株式会社:
https://www.kyb-ksm.co.jp/products/testing_system/testing_system-0032.html
(最終閲覧日 2013/5/21)
南島原市ホームページ 防災・震災
http://www.city.minamishimabara.lg.jp/life/pub/Detail.aspx?c_id=37&id=45&pg=1&type=list
(最終閲覧日 2013/5/20)
出水ガス株式会社 もしも大きな地震がおきたら
http://izumigas.blogspot.jp/p/blog-page_30.html (最終閲覧日 2013/5/20)
筑波大学HP—平成23年度筑波大学防災訓練を実施—
32
http://www.tsukuba.ac.jp/news/20111212140514.html (最終閲覧日 2013/5/21)
33
補足
正しい行動の定義
私たちの考える「正しい行動」とは、
内閣府の防災ページを参考に、
そこで正解とされていたものを採用した
内閣府【防災シミュレーター】震度6強体験シミュレーション
http://www.bousai.go.jp/simulator/shindo6/index.html
34
補足
補足 散布図
環境-事前対策
環境-知識
5
y = 0.3907x + 1.9306
R² = 0.0504
6
知識ポイント
事前対策ポイント
7
5
4
3
2
y = 0.52x + 0.9344
R² = 0.1553
4
3
2
1
1
0
0
0
1
2
3
4
0
1
2
環境ポイント
環境ポイント
y=0.3907x + 1.9306
R^2=0.0504
y=0.52x + 0.9344
R^2=0.15525
3
4
35
補足
知識-行動
5
5
4
4
3
行動
行動ポイント
環境ー行動
y = -0.0048x + 2.8013
R² = 1E-05
2
3
2
1
1
0
0
0
1
2
環境ポイント
3
4
y = -0.0398x + 2.8603
R² = 0.0018
0
1
2
3
4
5
知識
36
結果
正の相関・負の相関
家族 と Q1 のクロス表
P値:0.017**
N=39
度数
Q1
正解
合計
正の相関
不正解
している
14
2
23
していない
11
12
16
25
14
39
家族
合計
防災訓練 と Q1 のクロス表
P値:0.001***
N=39
度数
Q1
正解
合計
不正解
ある
5
11
16
ない
20
3
23
25
14
39
負の相関
防災訓練
合計
37
補足
補足 相関P値
環境/事前対策
震災経験と築年数:P値=0.066
環境/知識
防災訓練と知識2(震度6弱の揺れによる被害の大きさ):P値=0.001
環境と行動
負
防災訓練と行動1(緊急地震速報が流れたときの行動):P値=0.001
38
補足
知識/事前対策
知識1(震度とマグニチュードの違い)と将来:P値=0.065
知識4(震災時の連絡手段)と家族との話し合い:P値=0.09
事前対策/行動
備蓄と行動5(家から避難する際の注意事項):P値=0.017
家具と行動5:P値=0.036
家族との話し合いと行動1(緊急地震速報が流れたときの行動):P値=0.017
家族との話し合いと行動5:P値=0.093
築年数と行動3(自分の身の安全の確保方法):P値=0.017
負
39
補足
知識/行動
有意なものはひとつもなかった
40
補足
項目別クロス表
知識2と防災訓練
ない
不正解
知識4と家族
ある
していない
不正解
18
8
知識4
4
知識2
16
している
正解
7
12
防災訓練
正解
5
8
家族での話し合い
41
家具固定と行動5
補足
正解
している
不正解
0
家具固定
7
していない
18
14
行動5
知識1と将来
震災経験と築年数
分からない
分かる
正解
起こる
ない
将来
ある
17
17
13
1
震災経験
10
不正解
起こらない
1
3
11
わからない
築年数
5
知識1
0
42

similar documents