PowerPoint

Report
1
ハラール産業と
ハラール認証
©NPO Japan Halal Association All rights reserved
2
背景
・世界人口のうち18億人、約4人に1人がイスラー
ム教徒である。
・アジア地域に10億人以上が偏在。
・1400年以上前に成立、六信五行(実践の宗教)。e.g.
礼拝、断食、巡礼
・季節性はないが、イスラム暦にそって、イベントが
発生。経済活動にも大きな影響
・イスラーム特有の連帯意識 平等性、同朋意識(e.g.
FBでの拡散の速さ、共有の越境性)
・イスラーム教徒のエンターテイメント性/非エン
ターテイメント性
共有、信頼、公平、合法、伝統、誠実さ/ 逸脱、裏
切り、華美、不平等、革新性
3
世界のハラール産業
 ハラール産業、ハラール認証に、まったく関心のない
国も多い 。(エジプト、チェニジアなど)
 ムスリムと非ムスリムが混在している国家ほどハラー
ル製品に対する関心は高い。
 製造業とマーケットを持つ国(マレーシア、インドネ
シアなど)の経済成長。(中間所得層の増大)
©NPO Japan Halal Association-All rights reserved
4
世界のハラール産業市場規模
 食品:畜産、農業、加工食品
 飲食、ケータリング
 医薬
 化粧
主なハラール産業
USD2.3trillion Value
加工食品 35%
ベーカリー 12%
 皮革
化粧品 10%
 アパレル
confectionery 5%
 教育
nutraceutical 6%
医薬品 22%
 金融
畜産
 旅行
FMCG(Fast Moving Consumer Goods)食品と畜産だけで市場全体の62%を占める
©NPO Japan Halal Association-All rights reserved
非イスラーム国でのハラール産業規
模
インド1.4億人
ドイツ300万人
中国4000万人
カナダ80万人
米国800万人
英国150万人
フィリピン600万人
フランス600万人
©NPO Japan Halal Association-All rights reserved
5
6
ハラール化(ハラール認証を
取得)した大手企業の例
 ケンタッキーフライドチキン、マクドナルド、
ネスレ、テスコ、クイックバーガー、
バーガーキング、カリフォー(カルフール)等
 キューピー、味の素、ヤクルト等
©NPO Japan Halal Association-All rights reserved
7
イスラーム市場での成功事例
・「価値観の共有、仲間意識の醸成」(フェイスブック)
元々、同朋意識が強いイスラム圏ではSNSは非常に親和性がある。
・「ラマダンに潤いを与える」(水はイスラームに象徴的なイメージ)
断食期間の効果的なPRでイスラム圏で爆発的な普及(大塚製薬)
・「娘に伝統を身につけさせたい」
イスラームの規範に則った理想的な人形(シリアのおもちゃメーカー)
・「イスラーム教徒のライフスタイルに合った携帯」
イスラームバリューに訴えかける商品開発(Nokia, LG)
・「ハラール(合法な)に則った旅行の提供」
礼拝、食規定をクリアした旅行商品の提供でニッチ市場での成功
(ミヤコ国際ツーリスト)
8
マレーシアのハラール基準
 政府機関がハラールスタン
ダードを確立。
(Development of
standard Malaysia)
 ハラール認証を促進 。
(JAKIM)
 ハラール教育を国内で実施、
海外でも自国の認証やハ
ラールの浸透を計って実施
している。(HDC)
 自国のハラール製品を海外
へ輸出斡旋 。(MATRADE)
©NPO Japan Halal Association-All rights reserved
9
ハラール認証(定義)
 ハラール基準(ハラールスタンダード)に基づき監査
され、ハラールであることが証明される事。
 通常は「ハラール認証団体(機関)」(Halal
certification body
: CB) によって監査される。
 監査はあくまでも、各ハラール認証機関のハラールス
タンダード、監査人によるものであり世界統一基準
はない。
 通常ハラール認証は1年間で更新を必要とする。
 通常ハラール認証は各製品ごと、工場ごと店舗ごとに行
われる。
©NPO Japan Halal Association All rights reserved
10
ハラール認証(定義)
 生産地から消費者までの全工程についてハラール基準
に基づき、すべての製造流通過程(肥料、屠畜、動物
愛護、衛生、加工、倉庫管理、輸送、社内ハラール取
り組み等)を第三者機関(ハラール監査団体)が確認
し、「ハラール製品」認証し、消費者が安心して消
費、摂取する事ができるようにする事
©NPO Japan Halal Association All rights reserved
11
マレーシアのハラール認証
 ハラール認証を政府
機関が運営。
 ウラマー委員会、
ファトワ委員会も同
機関内に設置されて
いる。
©NPO Japan Halal Association-All rights reserved
12
ハラール認証(認証書)
 通常の有効期間は1年間。
 期間中に監査1回(以上)海外では
抜き打ち監査。
 必ずアラビア文字の「Halal」
認証取得後は毎年更新手続きが必要。
©NPO Japan Halal Association All rights reserved
13
ハラール認証が必要になった訳
 ハラールは単純であるが、ハラール産業は複雑化して
きている。
 テクノロジーの発達から食品加工において原材料の特
定が難しくなっている。
 ムスリムにとって食品を一目でハラールだと確認する
ことが難しくなっている。
 ムスリムの間で消費者としてハラール食品を見分ける
方法を高める意識が生まれた。
©NPO Japan Halal Association-All rights reserved
14
ハラール認証が可能にする事
ムスリムにとっての食の安心・安全の確保
 製造される製品がハラールであり、ハラームな素材を
含んでいないことを確認できる。
 ハラール食品の製造、流通、販売において、虚偽の情報
から消費者を保護する。
 ハラール食品のグローバルな取引を促進する。
 他宗教が混合する国では大変重要。
 ハラール食品の信頼性を高める。
©NPO Japan Halal Association-All rights reserved
15
ハラールフードチェーン
農場
原料
・動物
・植物
加工
食材・添加物
処理
食肉処理等
調整
単位工程/プロセス
*予備処理工程
*加工工程
*保存処理工程
*製品化工程
包装
貯蔵
貯蔵・販売
輸送
©NPO Japan Halal Association-All rights reserved
消費者
ハラール認証制度の発展過程(19802000年代)
 1980年から2000年代にかけて、
多品目、多分野に認証の範囲が
拡大
→生産から小売りまで全ての段階
をハラールにする
 多品目・多分野への拡大
→食品だけでなく、化粧品、医薬
品にまで認証の範囲が拡大
©NPO Japan Halal Association All rights reserved
16
17
イスラーム経済の
動向
17
18
19
46 33
増加するムスリム人口
 現在のムスリム人口は16億~18億
 2030年までには世界人口の35%にまで増加
 アジア地域でムスリム人口の60%を占める
中東地域では20%, アフリカで15%ほど
20
47
ムスリム人口 上位5カ国
2010年の推計 (億人)
2030年の推計 (億人)
 インドネシア 2.04
 パキスタン 2.56
 パキスタン
 インドネシア 2.38
 インド
1.78
1.77
 インド
2.36
 バングラディシュ 1.48
 バングラディシュ 1.87
 エジプト
 ナイジェリア
0.8
1.16
イスラーム圏における食肉
消費の変容
21
48
1970年代以降、中東諸国と
東南アジア(特にマレーシア)で
鶏肉の消費が顕著に増加
和牛輸出ハラール対応屠畜場
必要
21
台頭するイスラーム経済
①
49
22
23
50
台頭するイスラーム経済②
 イスラーム金融
 ハラールツアー・ハッジ経済
 ハラールサービス
 シャリーアコンプライアント
24
51
ハラール産業
 1980年代後半から、勃興
 イスラーム法に則った食品、化粧品、医薬品
の生産
ハラールパーク
(農水産物ハラール加工特区)
25
52
ハラールパーク
(ハラール復興特区)
26
53
27
イスラーム経済と日本の産業
54
 食品、医薬品、化粧品
 包装、配管、陶器
 金融、物流、投資
例)
Cambridge Engneered Solutions
(鉄ベルトメーカー)
http://cambridgees.com/
食品だけでなく、素材までイスラーム対応が求められる
28
【なんばで天ぷら・まぐろの刺身を堪能するマレーシア人観光客】
【大阪の梅田近辺でハラール対応の食事をとるマレーシア人観光客】
30
【神戸モスクで礼拝をするマレーシア人の観光客】
31
日本のハラール産業
 食品から、鉄メーカー、化粧品、包装材までありとあらゆる
分野にニーズが発生
 日本国内で今後最もニーズが大きい分野はツーリズム、
フードサービス
 空港、主要駅周辺、学食、病院食、グローバル企業の社食、
拘置所での食事
例)サムソン、社食でのハラールミール開始
某ホテルのレセプション
メニュー
 サラダバー
 大正海老のチリソース
 ミックスサンド→ハム×
 ベークドポテト
 チキンのトマト煮込み→ハラールチキン○
 ビーフカレー→ハラールビーフ○
 プリン→ゼラチン×
 季節のフルーツ盛り合わせ
32
調理場の確認
33
・ハラールミート○
・味醂・料理酒×
・酒精添加・醤油・味噌×
・天ぷら粉(乳化剤)×
大阪キャッスルホテル
ハラールチェックシート
34
原材料の確認
大阪キャッスルホテル
35
USJでのメニュー例
(弁当会社との協力)
 白米
 シャケ(焼き)
 キンピラゴボウ(材料:ゴボウ、ニンジン)
 調味料:ミリンの替わりに砂糖、鷹の爪、代替の醤油)
 天ぷら(材料:レンコン、ナス、インゲン、キス、エビ、
小麦粉、植物油)
 だし巻き(砂糖、かつお昆布だし)植物油
 季節のフルーツ:いちご
36
ハラール対応の難易度
高
難
易
度
37
フードサービ
ス
加工品
低
素材
38
65
結論
・イスラーム圏での新たな産業の発生
・日本からの参入が遅れている
・イスラームへの理解が急務
・イスラミックマーケティングの専門家
の養成、ムスリムの雇用の促進が課題
66
ご清聴ありがとう
ございました
〒547-0035
大阪市平野区西脇1-1-2 ミヤコ三愛ビル
T :06-6704-7080 F :06-6704-9505
E :[email protected] W:http://www.jhalal.com
©NPO Japan Halal Association All rights reserved

similar documents