1 - 静岡大学

Report
コミュニケーション・マネジメントを重視した
ITサービス企画開発方法
静岡大学情報学部情報社会学科
湯浦研究室 4年 六鹿槙美
目次
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
9.
背景と目的
ITサービス企画開発に関する企画・開発方法
ITサービス企画開発の要件
企画・開発方法比較
ITサービス企画開発の手順
開発ツール
ITサービス企画開発実施
評価
結論
1. 背景と目的
スマートフォンアプリの市場は今後も成長し続けると予測されている
著:アッシュ・マウリャ
2012年出版
出典:App Annie
▽ITサービス企画開発に関する企画・開発方法の比較
▽ITサービス企画開発を定義、実践
▽ITサービス企画開発成功のための要素の分析
2. ITサービス企画開発に関する企画・開発方法
企画方法①
中小企業ビジネス支援サイトによる事業計画
Jnet21(中小企業ビジネス支援サ
イト)で提供されるフォーマット一部
抜粋
↓
成果物が大量・時間がかかる
J-net21で提供されるフォーマット一部抜粋
出典:J-net21
2. ITサービス企画開発に関する企画・開発方法
企画方法②
リーン・スタートアップ
・2008年:エリック・リース
・リーン・キャンバスを用いてビジネスモデルを立案
・構築-計測-学習の顧客主導型開発モデル
・最小限の機能の製品(MVP: Minimum Viable Product)
インタビューにより顧客ニーズを把握
MVPで開発を短縮
リーン・キャンバス
出典:RUNNING LEAN
アッシュ・マウリャ(2012)
顧客主導型開発モデル
出典:RUNNING LEAN
アッシュ・マウリャ( 2012)
2. ITサービス企画開発に関する企画・開発方法
開発方法①
ウォーターフォール開発
要件定義
外部設計
開発方法②
プロトタイプ開発
構築1
評価1
・最もよく使われる開発手法
・上流から下流にかけて戻ることなくプロジェクトを進める
内部設計
プログラミング
単体テスト
結合テスト
システムテスト
・開発者による構築と顧客による評価を繰り返し行いながら
機能を確定する
構築2
評価2
構築3
評価3
・・・
最終評価
3. ITサービス企画開発の要件
人数
規模
視点
市場
• 少人数
• 小規模
• 短期間
• 誰でも企画開発に参加できる
• スマホアプリ
4. 企画・開発方法比較
高
リーン・スタートアップ
プロトタイプ開発
中小企業ビジネスサイトにおける事業計画
速
遅
スピード
ウォーターフォール開発
低
コミュニケーション
5. ITサービス企画開発の手順
◎リーン・スタートアップとプロトタイプ開発の接続方法
リーン・スタートアップ
学習
学習
リーン・キャンバス作成、修正
キャン
バス優
先順位
顧客イ
ンタ
ビュー
準備
構築
(デモ)
課題イ
ンタ
ビュー
構築
(MVP)
計測
(ソリューション
インタビュー)
構築
(機能追加)
計測
(ソリューション
インタビュー)
リリース
プロトタイプ開発
拡大
6. 開発ツール
◎Application Craft
・クラウド上でWebアプリケーション、ハイブリッドアプリケーション、ネイティブアプリ
ケーションを開発可能
・データベースや他のクラウドサービスとの連携なども構築可能
6. 開発ツール
◎Parse
・2013年4月Facebookが買収
・2014年1月現在BaaS(Backend as a Service)の最有力候補の一つ
モバイルアプリのバックエンドサーバーに必要な主な処理をあらか
じめ用意し、APIで提供するサービスのこと。
・ユーザー登録・管理
・プッシュ通知
・GPSを利用した位置サービス情報サービスとの連携
・TwitterやFacebookなどSNSとの連携
・データやコンテンツの保存・管理機能
7. ITサービス企画開発実施
約1ヶ月
約2ヶ月
リーン・キャンバス作成
細川努先生による講義
①リーン・スタートアッ
プの理解
②ツールの使い方
期間:約3ヵ月
メンバー:4人
7. ITサービス企画開発実施
1
3
課題
・多くの人の予定を
把握するのが困難
・既存のツールは
使いづらい
(LINE,調整くん,
Googleカレンダー)
・イベントの発信が
しづらい
顧客セグメント
2
ソリューション
・個人の予定を
グループ内で
公開、共有
・予定調整にのみ
特化した
インターフェイス
・イベント発信が可能
スマートフォンを所有してい
る人
7. ITサービス企画開発実施
◎課題インタビュー(8名)
顧客と課題の仮説検証
・所有している携帯電話
・予定把握手段
0%
13%
iphone
50%
25%
アンドロイド
37%
ガラケー
75%
手帳
アプリ
両方
7. ITサービス企画開発実施
◎課題インタビュー
・よく使うツール
・最大グループ人数
120
1
LINE
2
Twitter
3
メッセージ
100
80
60
人数
40
その他 Facebook
カカオトーク
平均
20
0
1 2 3 4 5 6 7 8
7. ITサービス企画開発実施
◎課題インタビュー
よく使うツールで不便に思う点
▽見ていない間に話が進む
▽返事が来ない
▽発言しない
▽誰が何言ったかわからない
▽結局調整君を使う
7. ITサービス企画開発実施
◎構築(MVP)
機能:友人と予定を公開・共有、イベントの発信
開発チームとデザインチームに分かれて作業
成果物:ユースケース図、クラス図、画面遷移図、アプリケーション(MVP)
ユースケース図
アプリケーションの構成
例) 会員登録・ログイン
会員情報を入
力する
会員情報を登
録する
IDとPASSを入力して
ログインする
DB
ユーザ
IDとPASSを元に
会員情報を照
会・参照する
一致したら会員の
マイカレンダーを
表示する
7. ITサービス企画開発実施
◎ソリューションインタビュー(10名)
顧客とソリューションの仮説検証
▽友人と共有したくないイベントもある
▽カレンダーの表示を月別ではなく日別にできるページを作る
▽イベント発信へのレスポンスが欲しい
追加機能検討
▽公開・非公開を選択できるボタン追加
▽参加・不参加を選択できるボタン追加
7. ITサービス企画開発実施
◎学習
顧客セグメント、ソリューションの内容を変更
1
3
課題
ほぼ仮説通り
2
顧客セグメント
ソリューション
イベント発信を
メインにする
※予定把握を手帳で
していても
イベント発信は可能
スマートフォンを所有し
かつ
予定把握をスマート
フォンでしている人
顧客を拡大していく
7. ITサービス企画開発実施
◎学習
リーン・キャンバス修正
7. ITサービス企画開発実施
◎構築(追加機能)
開発チームとデザインチームに分かれて作業
成果物:アプリケーション(追加機能)
◎リリース、計測
Test Flight
開発者向けのWebサービス
テスト用のアプリケーションをテスターに配布
▽動作が遅い
▽プッシュ通知が欲しい
▽LINEとの連携(友人追加の円滑化)
8. 評価
①開発のスピード
使用したツールと開発方法のスピード感が合っていた
②顧客ニーズの吸収
顧客との直接のコミュニケーションにより、「本当に必要」な
機能をアプリケーションに反映することができた
③ITサービス企画開発を行うメンバーに求められること
①リーン・スタートアップの目的の理解
・・・細川努先生による講義
②プロトタイプ開発(顧客志向)への慣れ
・・・チームの技術力を把握、スムーズな役割分担
③ソフトウェアツールの使い方
・・・細川努先生による講義
④自立した開発メンバーとコミュニケーション
・・・友人関係、信頼関係、コミュニケーションの多さ
9. 結論
①ITサービス企画開発における企画と開発の接続方法の
事例を示すことができた
②ITサービス企画開発をより効果的に実践するために
チームのメンバーに求められる要素が明確になった
今後の課題
①マニュアル作成
・・・ITサービス企画開発に取り組むためのメンバーへの条件を提示する。
②リリース実験
・・・実際に市場にリリースすることで新たな課題が出てくる可能性が高い。
③企画力・開発力・チーム力を養うために多くの学生に実践してもらいたい
ご清聴ありがとうございました。

similar documents