レポート評価と論題の設定について - 成瀬 尚志|naruse takashi

Report
レポート評価と論題の設定について
レポート評価を考えるWS
長崎外国語大学
特任講師
成瀬尚志
アカデミックな論文は評価が明
確
 オリジナリティのある主張があるか
 それを支える根拠・論証があるか
→レポート課題をアカデミックな基準で測るこ
とは可能か?
→今回のワークショップでは、学部の文系科目
の授業で課されるレポート課題を取り上げる
学部のレポートに何を求めるか
 学部の学生にアカデミックな論文の評価基準
をどこまで当てはめるべきか?
 オリジナリティ?
 論理性、根拠があるか?
 むしろ授業内容を理解しているかどうかのほ
うが重要?
この問題を扱おうとしたきっかけ
 TPPをテーマにした授業で、賛成、反対、中
立の意見についての資料を与えて読み込ませ
た。
 最後のレポート「TPPに関して日本はどのよ
うな道をとるべきか」はどのレポートも論理
的であった。
→確かに○○だが、しかし型では書けていた。
この問題を扱おうとしたきっかけ
 しかしどのレポートも自分の頭で考えたよう
には思えなかった。
→論証の構成要素はすでに授業で与えた資料に
基づいていた(ある種のつぎはぎ)。
→論理的ではあるが「よいレポート」はなかっ
た。
→TPPに関して学生にオリジナルな論拠を見い
ださせることはもともと困難であった。
何が問題か
 レポート課題で何を評価すべきか?
 何を評価するかという問題は、どのような論
題を設定するかという問題とつながっている
のでは?
→自分の頭で考えさせたいならそれにふさわし
い論題にすべきだった。
 論理的な文章を書かせることが目的だったに
もかかわらず、オリジナリティや自分の頭で
考えたのか、といった基準が気になり出した。
問題設定
 レポート課題で何を評価すべきか?
→オリジナリティを要求すべきか?
 適切な論題の条件とは?
→以下ではこの二点について考える。
論題の類型化
 論題にはいくつかの基本的なパターンがある
のではないか。
 そのパターンを列挙することで見えてくるも
のがあるのではないか。
是非型
 ある事柄の是非について問う。
 「正義について考える立場として、あなたは
功利主義に賛成ですか、反対ですか?自分の
主張したい意見と反対の立場を考慮しながら
論じなさい。」
~とは何か?型
 あることがらの本質を問う。
 「功利主義とは何か?その本質について説明
しなさい。」
問題点を考えよ型
 ある事柄の問題点を見いだし説明させる。そ
の問題点の解決策を問うことも可能。
 「功利主義の問題点を挙げなさい」
→オリジナリティを求められそう
比較せよ型
 複数の立場を比較して優劣をつけさせる。
 「功利主義とリバタリアニズムの違いを説明
し、両者の問題点や強みについて説明し、ど
ちらが説得力があるかを説明しなさい。」
提案型
レポートと小論文
レポート
小論文
制限時間
なし
あり
情報収集
あり
なし
是非型
~とは何か型
問題点を考え
よ型
比較せよ型
評価したい能力(レベル別)
 授業内容の理解度を測るレベル→これはテス
トでも可能かも
 授業内容を自分のことばでまとめなおすレベ
ル
 授業内容を理解した上で応用的な課題に取り
組むレベル
 (番外編)授業内容を踏まえて自分の感想、
感じたことを書く
「応用」とは?
 習ったことだけでは出来ない課題
→ここにオリジナリティが含まれるかどうか
 TPPの課題は「応用課題」になっていなかっ
たのがまずかったのかも。
 「自分の立場とは異なる立場を考慮して、説
得力のある形で論じ」させたが、TPPの授業
ではすでに授業内で扱っていた。
→「自分のことばでまとめなおさせる」にも工
夫がいった。
論題の類型化からわかること
 授業あるいはテキストでどこまで説明してい
るかによって、レポートにオリジナリティを
求めるかどうかは異なってくる。
 授業で説明したということと、テキストの中
で説明されているということは異なる。
→テキストの中で説明されているなら「丸写
し」が可能
 論拠を抜き出すということにオリジナリティ
を見いだすことも可能かも
 レポートと小論文の違い
論題の類型化からわかること
 授業の中で説明したことをレポートに書かせ
るのであれば求められるのは要約力のような
ものか(もちろん、説明として成り立つような最低
限の論理性のようなものはもとめられるべきである
が)?
→「応用課題」ではない(よってオリジナリ
ティがなくて当然)
 論拠、根拠、論証のようなものに関してオリ
ジナリティ(授業で説明していないこと)を
求めるべきかどうか。
これまでのまとめ
 レポートでオリジナリティを問うべきかどう
か。
→オリジナリティを求めない場合、授業内容を
適切に理解していることをうまく評価できる
か?
 オリジナリティを問う場合どのような論題が
適切か。
 頭を使って書かせるにはどのような論題が適
切か。
 知識の活用・応用をさせるにはどのような課
オリジナリティを求めつつも
高度ではない課題は?
 例えば、具体例を書かせる
→「正義を善に優先させて考えないといけない
ような事例としてどのようなものが挙げられま
すか?テキストの中にない事例を一つ考え(架
空の設定でよい)、なぜその事例がこのケース
に当てはまるのかについて説明しなさい」
オリジナリティを求めつつも
高度ではない課題は?
 理論的なことについて説明の中にオリジナリ
ティを求めるのは困難であるが、理論的なこ
とが分かっていれば説明できるようなことを
課題として求める。
→具体例を求めるような課題では自然と各学生
のオリジナルなものとなるはず。
これ以外にもオリジナリティを要求しつつ学部
の学生が取り組める論題はあるのでは?
課題
 学年やレベルの違いはどの程度考慮すべき
か?
 科目/学問分野ごとの違いはどの程度考慮す
べきか?
論題を求めています
 今後論題の類型化と評価基準について研究し
ていきたいので
 [email protected]まで
 1.レポート課題としてどのような論題を設
定したか。
 2.それを評価するための評価基準(ルーブ
リック)はどのようなものか。
 3.授業情報(授業名/授業区分(教養科目、
専門科目等)/対象学年)

similar documents