コマンド < ファイル

Report
実習1:コマンドシェルの使い方
便利なショートカット
• 何でもできる「 Win + R 」
– コマンドシェルを呼び出す
• 「Win + R」 後、「cmd」 と入力
– 目的のフォルダーを開ける
• 「Win + R」 後、パスを入力
– 目的のプログラムを起動する
• 「Win + R」 後、プログラム名を入力
• 事前にパスを登録しておけば何でも起動できる
– 目的のサイトをブラウザーで見る
• 「Win + R」 後、URLを入力
コマンドシェル環境設定
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
コマンドラインウィンドウを開く
コマンドウィンドウの左上のアイコンをクリック
プロパティーを選択
オプションタブの「簡易編集モード」と「挿入モード」をチェックする
[コマンドの履歴] の [バッファ サイズ] で「999」と入力、[バッファ
数] で「5」と入力後OKをクリック
[画面バッファのサイズ] の [高さ] で「2500」と入力
[画面バッファのサイズ] で [幅] の値を調整
[ウィンドウのサイズ] で [高さ] の値を調整
[ウィンドウのサイズ] で [幅] の値を調整
プロパティの適用ダイアログ ボックスで、[同じタイトルのウィンド
ウに適用する] をクリック
簡易編集モードの動作確認
• ウィンドウズと異なり、ctrl+c、ctrl+vは使えな
い。
• その代わり、
– 必要な箇所を左クリック+ドラッグしてハイライト
し、
– 右クリックでコピーを実行し、
– ペーストを開始する箇所にカーソールを動かした
あと再び右クリックしてペーストを実行
オートコンプリート機能の活用
• ファイル名を含むパスを簡単に入力することができる。
• 例えば、 c:\Program Files\PostgreSQL\8.3\bin
\pgsql2shp.exe と入力するには、
– まず、c:\pと入力し、タブキーを押す
– すると、c:\pで始まるパス名がタブキーを押すたびに候補として
表示されるので、 “c:\Program Files”がでるまでタブキーを押す
– この場合、パス名にスペースが使われているのでパス名が
「“”」で囲まれている
– バックスペースキーで最後の「“」を削除し、変わりに「\p」を入
力してタブキーを押し、次の候補を選ぶ
– この操作を繰り返して目的のファイルまで行き着く
– パス名などが不明な場合は、「\」だけ入力したあとタブキーを
押すとその下にあるすべてのディレクトリー名とファイル名が順
番に表示される
実習を行う環境の確認
• パスにOSGeo4W.batを含むディレクトリーを加える
– コマンドプロンプトで「path」と入力し、現在のパスを確認
(この時点ではc:\OSGeo4W\ は含まれない)
– [マイ コンピュータ]/[プロパティ]/[詳細設定]/[環境変数]
の「システム変数」にあるPathを見つけてダブルクリックし
て、変数値の一番最後に「;c:\OSGeo4W\ 」を加える
– コマンドプロンプトを立ち上げなおし、もう一度pathコマン
ドでパスを確認
– OSGeo4wと入力する
– ogr2ogrと入力する
– うまくいけばogr2ogrコマンドのヘルプが表示される。
便利なコマンドの使い方
• コマンド > ファイル
– アウトプットをファイルに送る。ファイルが存在しなければ新しく作り、
あれば上書きする。
– 例1.現在のディレクトリーの内容をテキストファイルとして出力する。
– dir > c:\dir.txt
• コマンド < ファイル
– ファイルの内容をコマンドに送る
– 例2.先ほど書き出したディレクトリー内容を1ページずつ表示する。
– more < c:\dir.txt
• コマンド1|コマンド2 (パイプ)
– コマンド1のアウトプットをコマンド2のインプットとして送る。
– 例2.ディレクトリー内容が大きくてリストがスクロールされるので、で
きれば1フルスクリーンずつで内容を見たい。
– dir | more
コマンドラインを学ぶためのリソース
• コマンドプロンプトを使って見よう
– http://ykr414.com/dos/
• Windowsコマンド集
– http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/NT/WinKeyWord/
20040805/1/list2.shtml
• The Command Line in Windows
– http://commandwindows.com
• マイクロソフト
– http://technet.microsoft.com/ja-jp/library
課題
1.
2.
3.
4.
「Win+R」でエクスプローラを起動する
コマンドウィンドウを立ち上げ編集環境などを設定する
OSGeo4W.batが「Win+R」で開けるよう、パスを通す
>, |, < を使って見る
1.
2.
3.
自分のWindowsディレクトリーをテキストとして出力
出力したテキストを呼び出す
自分のWindowsディレクトリーをmoreを使って画面に出力
5. Windows用のUnixユーティリティーをダウンロードして
様々なコマンドを使う
1.
2.
http://sourceforge.net/projects/unxutils/
grep

similar documents