③ 資格・進学・就職に直結するのでない日本語学習 - kg

Report
【入門講座「海外日本語教育経験を研究に」②】
インストラクター役:
吉田 一彦
研究する人役:
高嶋 幸太
鶴岡 聖未
進め方
• 前回(第1回、3月8日)に続き、
「研究する人」2人の立てた命題を検討し、
研究によって明らかにすべき論点として立てるまでの過程を、
この場で演じて見せる
というのが、発表の内容。
• 質問やコメントは、思いついたらすぐ発言。(発表後には時間を
取らない。)なぜなら、
1)後から発言の度に前の段階まで遡るのは効率がよくないし、
2)思い付きは時間が経つにつれて忘れていくものだから。
内容
• 前回終了時点の版の命題の確認と、演繹的推論の問題
• 高嶋命題の検討
• 鶴岡命題の検討
AならばB
演繹的推論
真
逆:BならばA
真とは限らず
裏:Aでないなら
ばBでない
真とは限らず
対偶:Bでないな
らばAでない
必ず真
野矢茂樹(2006)『入門!論理学』(中公新書)
演繹的推論
A: 犯人である
B: 犯行時・犯行現場にいた
犯人ならば、犯行時犯行現場にいた
真
逆:犯行時・犯行現場にいたならば、
偽
犯人である
裏: 犯人でないならば、犯行時犯行
偽
現場にいない
対偶:犯行時・犯行現場にいないな
らば、犯人でない
必ず真
鶴岡命題(ver.1)の場合:
実利を求めない日本語学習には意義がある
指摘: 「実利を求める日本語学習には意義がない」と言っているよう
に響く...
A: 実利を求めない
B: 意義がある
裏: 実利を求めないのでないならば、
意義があるのでない
裏: 実利を求めるならば、意義がない
指摘者に聞こえていたことは鶴岡命題の「裏」
鶴岡は主張していないし、別途実証が必要
高嶋命題(ver.1.3)の場合:
海外の初級段階の効率の良い教室活動をする
ためには、母語話者教師は赴任国の学習者に
とって身近な事物を知っているべきである
指摘: 「イスラム教徒にはお酒の話題はだめ」など、日本語教師なら
誰でも知っているようなこととどう違うのか?
高嶋: 知っているならば、良い教室
活動ができる
常識: 知らないならば、良い教室活動
ができない
高嶋命題と常識的なことは互いに「裏」の関係
高嶋命題には実証が必要。実証は有意義
海外日本語教育略歴: 高嶋 幸太
•
•
•
•
時期:2010.3~2012.3(2年)
場所:モンゴル・ウランバートル
機関:市の教育局
内容:初中等教育機関への巡回指導(選択必修)
•
•
•
•
時期:2013.1~2013.7(半年)
場所:イギリス・ロンドン
機関:語学学校
内容:一般的な語学コース
高嶋命題Ver.1.3
①’海外の初級段階の効率の良い教室活動をするためには、母語
話者教師は赴任国の学習者にとって身近な事物を知っているべき
である。
高嶋命題Ver.1.3
①’海外の初級段階の効率の良い教室活動をするためには、母語
話者教師は赴任国の学習者にとって身近な事物を知っているべき
である。
先行研究の成果は命題を支持するか?
先行研究検討:佐久間(2006)
海外における多様な日本語教育の事例を取り上げ、海外の日本語
教育にかかわる上で、「日本語学習の動機をはじめ彼ら自身につ
いて多くを知る必要がある(p.37)」と主張している。
これは、少なからぬ数の教師が実感として持っている経験的事実。
これ自体を根拠にはできない。
しかし、学習者について知っていることがどのように有効かは、
教授法開発の努力として探究していくべき。
先行研究検討:平畑(2009)
現地契約、JICAボランティア、基金からの派遣などを含む172名の
海外教授経験者に質問紙調査で海外の日本語教師に望まれる資質
を研究した。その結果について「その地を知り、その地に合わせ
ていくための資質が、海外での活動に当たって最重視される
( p.19)」と述べている。
教授経験者の多くの人が重要だと言っていることが確認されたに
すぎない。良い教室活動が実現するかどうかは別問題。
「海外」と言いながら、アフリカが調査対象から除外されている。
(鶴岡)
高嶋命題Ver.1.3
①’海外の初級段階の効率の良い教室活動をするためには、母語
話者教師は赴任国の学習者にとって身近な事物を知っているべき
である。
予備調査:アンケートの実施
予備調査の結果(協力者12名)
学習者にとって身近なことに関する知識を
教授活動においてどのように使っていたか整理した。
・学習者が身近な事物を説明する活動をした。(4名)
・教師が提示する語彙の導入や例文などで取り入れた。(1名)
・日本や他の国々との比較をした。(1名)
予備調査(アンケート結果から)
・サッカーほど野球は普及していなく、読解に「ピッチャー」や
「キャッチャー」「ホームランを打った」などが文法問題で出て
くるが、それの意味が分からない。説明に時間がかかった。(キ
ルギス)
・内陸国なので「さんごビーチ」などは???だったようです。
(ラオス)
・授業で家族についての話題を扱って初めて生徒の8割が家族
(両親)と一緒に暮らしていないということを知った。(中国)
授業をしてみてはじめて、学習者にとって身近な事物とは
どんなものかを知った
さらに自身の経験から
モンゴルには、日本のサクラとはちょっと違う
「ボイルス」というモンゴルザクラがある。週
末を利用してこれを田舎まで見に行くツアーに
参加したとき得られた知識が授業の役に立った。
授業で「日本の」サクラを紹介する
時は写真を持参
学習者にとって身近な事物を知るための手段について調査
したい!
高嶋命題Ver.1.31
①’海外の初級段階の効率の良い教室活動をするためには、母語
話者教師は赴任国の学習者にとって身近な事物を知っているべき
・身近でない事物
である。
予備調査:グループワーク
身近な事物を知るためにどうしたかを4名程度
のグループで5分話し合い、報告してください。
高嶋命題Ver.1.31
①’海外の初級段階の効率の良い教室活動をするためには、母語
話者教師は赴任国の学習者にとって身近な事物・身近でない事物
を知っているべきである。
参考文献:配布資料をご覧ください。
高嶋命題Ver.1.31
①’海外の初級段階の効率の良い教室活動をするためには、母語
話者教師は赴任国の学習者にとって身近な事物・身近でない事物
を知っているべきである。
予備調査:
Web上のア
ンケート
ご協力の程、
よろしくお願いいたします。
高嶋 幸太
http://goo.gl/jEjt1F
海外日本語教育略歴1: 鶴岡 聖未
• 時期:2000.12~2002.6(1年半)
場所:トンガ・ババウ
機関:公立の中等教育機関
●12歳~20歳の在校生対象の選択必修科目、総合日本語
• 時期:2004.6~2008.3(3年10か月)
場所:マレーシア・クアラルンプール
機関:語学学校
●一般的な語学コースの他、中等教育機関や企業での出張授業、
JLPT特訓コース、スピーチコンテスト等
• 時期:2009.8~2010.7(1年)
場所:タンザニア・ドドマ
機関:国立の高等教育機関
●人文学部外国語学科在籍者対象の選択科目
海外日本語教育略歴2
鶴岡
聖未
• 時期:2010.12~2011.6(半年)
場所:セネガル・ダカール
機関:私立の高等教育機関
●経営学を学ぶ学生の選択科目、
学生は多国籍(仏語話者)
• 時期:2012.6~2013.6(1年)
場所:スーダン・ハルツーム
機関:国立の高等教育機関
●大学付属研究所での公開講座、
学生(ほとんどが医歯薬理工系)と社会人がほぼ 半々
鶴岡命題Ver.1.1
③ 実利を求めない日本語学習には、実利につながる日本語学習に
劣らない意義がある。
「実利」の内容を明確にしておこう!:
資格、進学、就職に直結すること
鶴岡命題Ver.1.2
③ 資格・進学・就職に直結するのでない日本語学習には、それら
に直結する日本語学習に劣らない意義がある。
考察対象をODA事業による日本語
教師派遣の場合に限定して考えて
みたい!
それは、なぜ?
鶴岡命題Ver.1.3
③ 資格・進学・就職に直結するのでない日本語学習は、ODA対象国
の場合にも、それらに直結する日本語学習に劣らない意義がある。
なぜODA対象国を問題にしたいか?
といえば、
それは、自分自身がそこで意味のある
日本語教育をしてきたという、確かな
実感があるから!
鶴岡命題Ver.1.3
③ 資格・進学・就職に直結するのでない日本語学習は、ODA対象国
の場合にも、それらに直結する日本語学習に劣らない意義がある。
タンザニアでも、
セネガルでも、
教師として働いて本当によかったと
思ったこと、なかったでしょうかね?
スーダンでも、 ................
鶴岡命題Ver.1.3
③ 資格・進学・就職に直結するのでない日本語学習は、ODA対象国
の場合にも、それらに直結する日本語学習に劣らない意義がある。
相互理解、
人間としての成長、
人間の“幸せ”、
平和的な人と人の関係構築、
日本語教師だからこそできること
は多いのではないか?
鶴岡命題Ver.1.3
③ 資格・進学・就職に直結するのでない日本語学習は、ODA対象国
の場合にも、それらに直結する日本語学習に劣らない意義がある。
ODA事業による日本語教師派遣では、
「技術移転先にならない」「学習者の直接
的利益につながらない」ことが、教師派遣
打ち切りの理由となる。
それでいて、「何人の現地教師が育った」「日本語学習者の求人率が
どれだけ高まった」「平均賃金が上がった」という追跡調査もない!
鶴岡命題Ver.1.3
③ 資格・進学・就職に直結するのでない日本語学習は、ODA対象国
の場合にも、それらに直結する日本語学習に劣らない意義がある。
学習者「日本・日本人と出会い、より深く
知るために日本語を学ぼう」
学習者「語り合うことで新しい関係を構
築しよう」
学習者「語り合える人に、今ここにいて
ほしい」
アフリカには語り合う伝統がある。コミュニケー
ションの在り方自体、多様であるはず。
鶴岡命題Ver.1.3
③ 資格・進学・就職に直結するのでない日本語学習は、ODA対象国
の場合にも、それらに直結する日本語学習に劣らない意義がある。
高収入や仕事の機会を求めることは世界
共通、普遍性がある。
しかし、それが第一にほしくて日本語を
学びにきたという人にアフリカで会った
ことはない。
「学習」「労働」などの概念には多様性がある。
日本のものの捉え方が世界中通用するわけがない。
鶴岡命題Ver.1.3
先に提示した”実利”というのは、こちらの勝手
な思い込み?
⇒アフリカの学習者にとっての実利再考
スーダンで行ったアンケート(2013)結果から
考える
スーダンでのアンケート:学習者の回答(1)
クラス で話題 になった 事柄 について考えたりしてい くことで、
自分 の視野 が広がった
日本 のことを知ると同時 にスーダン につい て知ることができた
いい 友達 ができた
勉強 することの楽しさを知った
「対話」 による思考 や意識 の変容 を楽しむ喜びを味わった
発展 した国の言語 を学ぶことで、自分 も発展 したい
スーダンでのアンケート:学習者の回答(2)
新たな言語 を学ぶことで、 世界 を深く理解 できる。/新しい 文
化 を理解 できる
語学教師 の視点 から、アフリカ の言語 との比較 を楽しむ
外国語 を学ぶことは幸せだ
自分 に自信 がつい た
自分自身の成長 になる
日本 が経済成長できた背景 を探る楽しみがあ る
人と接する方法を学んだ
スーダンでのアンケート:学習者の回答(3)
新しい 世界 が開けた
夢がかなった
アニメ を理解して楽しむ
私にとって の自由 な時間 だった
日本人 の友達 を作れた
クラス で日本語を発することが楽しかった
今まで想像してい なかった ことに遭遇 する楽しさを味わう
鶴岡命題Ver.1.3
• 関連先行研究(参考文献?)
先行研究の指摘を待つまでもなく、
アンケート回答のように、
実は学習者も意義がわかっている!!
鶴岡新命題Ver.1
アフリカの日本語学習者にとって、○△□こそが日本語学習の実利
である。
何が「○△□」かを求めて、さらなる
調査を続けよう...

similar documents