発表資料 - 静岡大学

Report
ユーザーイメージ収集
インターフェースの開発
静岡大学情報学研究科 戸根木千洋
目次
 背景と目的
 研究の構成
 研究の詳細
 イメージ収集インターフェースの提案
 映画イメージ収集システムの開発
 システムの評価
 今後の課題
2
背景(企業側)
ユーザーイメージを調査したい
企業のマーケッター
注目
資金がある
分析技術がある
どちらもない
外部に委託
自社で分析
調査困難
3
背景(ユーザ側)
ユーザーイメージを反映してもらいたい
でも、アンケートはつまらない
現状
データ少
解決
データ多
4
目的
イメージ収集促進の仕組みを提案
企業側
ユーザ側
自動で収集・分析・活用を行うシステム
楽しみながら入力できるコンテンツ
5
研究の構成
1段階
2段階
3段階
• イメージ収集インターフェースの提案
• 映画イメージ収集システムの開発
• システムの評価
6
1段階|インターフェースの方針
固定要素が多く、単純作業になりがち
従来
対象2
対象1
• イメージ1
• イメージ2
• イメージ3
今回
• イメージ1
• イメージ2
• イメージ3
・・・
ユーザの意表を衝く演出を組み込む
7
1段階|インターフェースの概要
ユーザの思い浮かべている対象を予測する
映画B
かも
映画A
かな
質問
映画A
答え(イメージ)
思い浮かべたのは映画Aでしょう?
8
1段階|参考にしたシステム
akinator
思い浮かべた人物を当てるゲーム
 学習型システム
 5段階の回答
 客観的な質問内容
9
1段階|インターフェースの手順
予測対象の
絞り込み
データ登録
取得した
情報の分析
10
1段階|予測対象の絞り込み
対象1
50当ては
まる
ユーザ
平均
対象2
差75
差35
差5
近似度
85当ては
まる
ユーザ
10当ては
まる
ユーザ全体の平均
対象3?
対象3
90当ては
まる
対象1
対象2
対象3
・・・
確率0.2
確率0.2
確率0.2
0.2
0.08
0.5
11
2段階|映画イメージ収集システム
TOPページ
メインコンテンツ
収集データ活用
サブコンテンツ
12
2段階|メインコンテンツdemo
13
2段階|サブコンテンツdemo
14
3段階|アンケート結果
実現したら使いたい?
使いたい
割と使いたい
楽しく入力できた?
できた
少しできた
わからない
70%
30%
100%
30%
50%
50%
40%
N=10
アンケートの全項目で70%以上の有用性
15
今後の課題
インターフェース
 分析アルゴリズムの改良
 イメージを収集したい分野への変更容易化
開発システム
 絞り込み分析の精度の検証実験
 分析結果を活用したコンテンツの充実
16
ご清聴ありがとうございました
17

similar documents