パワーポイント版

Report
ワークショップと
グループワークの
進め方
本日やります
進めて行きましょう!
学んだ内容はどの程
度記憶に残るか
→
在宅医療に当てはめると
実践的経験
往診同行
75%
教育的在宅緩和ケア
85%
他のチームに教える
教育的在宅緩和ケア
95%
(岐阜方式)
点から面へ
【目的】 顔の見える関係の構築
地域の医師を始めとした多職種連携の
ワークショップ等の研修を行い、
顔の見える関係を構築する
ワークショップとは?
・グループワーク ⇒ 全体で発表 ⇒ 相互評価
小グループ
グループワークの意義
グループワーク進行の流れ
意見を引き出すための具体的な方法
グループワークの中で緊張が生じる時
安全性が保障されていない
論点がずれる
議論が成り立っていない
進行速度
グループワークを進める上で重要なこと
1.「時間管理」
2.「公平さ」
3.「編集力」
多職種間の議論で注意すること
グループワーク研修の行い方
KJ法の方法
グループワークのまとめ
時間について
• 本日は、やり方をお伝えするという場なので、
時間を短めに設定しています。
• 一つのトピックスで3時間程度あったほうが望
ましいと考えています。皆さんの地元で行う時
にはもう少し長めに取るとより生産的になる
のではないかと思っております。
• 多職種・地域のキーパーソンを集めることが
重要だと思います。
用意するもの
• 模造紙、ホワイトボード等
• 付箋・ポストイット
– なるべく多く
– 職種・色分けなども可
• ペン
– ボールペンだとわかりにくい)
– 水性マジックが望ましい
• タイマー(タイムキーパー用)
• マイク
(1) GW1
地域における課題の抽出方法
• あなたが思う
「在宅医療を行なっていくにあたっての課題や
問題点、障害となっていること」について
どんなことでも
何個でもいいので
5分くらいで付箋に記入して下さい。
(1) GW1 50分
自己紹介
名前と所属など
5分
個人作業
5分
島づくり
15分
まとめ
15分
全体ディスカッション(グループ発表)
10分
(2)GW2 時間65分
多職種連携カンファレンス
• (2)GW2(多職種連携カンファレンス) 多職種
連携ケアカンファレンス映像(DVD)を視聴し、
それを元に、理想的な多職種協働のあり方に
関する検討を行うGWとなります。
• DVDは一つ事例について緊急時担当者会議
が2例用意され、パターンA、パターンBとなって
おり、パターンAを視聴後、グループ討議を行
い、その後、パターンBを視聴するという流れに
なります。
(2) GW2 65分
DVD視聴~事例提示~「パターンA」
グループ討議(KJ法を利用)
8分
DVDの多職種カンファレンスを成功させるために
はどうするか?
30分
全体ディスカッション・発表
10分
DVD視聴~事例提示~「パターンB」
全体ディスカッション・発表
7分
10分

similar documents