Step.7 ダイナミックルーティング (270kByte)

Report
Step.7 ダイナミック(動的)ルーティング
受信する
RIPを使う
受信する
PC 1
RIPデーモン
192.168.0.2
RIPパケット
RIPパケット
10.0.0.1
ホスト
PC 2
PC 3
ホスト
RIPを使う
10.0.0.2
RIPを使う
192.168.0.1
ルータ
ややこしい設
定は不要!
Windowsは前回同様に
デフォルトゲートウェイ設定を使う
192.168.0.3
PC 4
ホスト
ネットワーク1
ネットワーク: 10.0.0.0/16
ネットマスク: 255.255.0.0
ネットワーク2
ネットワーク: 192.168.0.0/24
ネットマスク: 255.255.255.0
比較: スタティック(静的)ルーティング
全てのPCに個別の設定
を入れておく必要あり
192.168.0.0/24宛
のパケットはPC2へ送れ!
PC 1
10.0.0.0/16宛も、192.168.0.0/24宛も
どちらも知っている
10.0.0.2
10.0.0.1
ホスト
PC 2
192.168.0.1
宛先の分からないネットワーク宛
のパケットはPC2へ送れ!
192.168.0.2
PC 3
ホスト
宛先の分からないネットワーク宛
のパケットはPC2へ送れ!
ルータ
192.168.0.3
PC 4
ホスト
ネットワーク1
ネットワーク: 10.0.0.0/16
ネットマスク: 255.255.0.0
ネットワーク2
ネットワーク: 192.168.0.0/24
ネットマスク: 255.255.255.0
物理的なネットワーク構成
Step6と同じ構成を使う
ルータ
PC 2
PC 1
10.0.0.2
PC 3
10.0.0.1
192.168.0.1
eth0
192.168.0.2
Linux
Linux
eth1
eth0
PC 4
Linux
eth0
192.168.0.3
Windows
(ノートPC)
ローカルエリア接続
UTPケーブル
ネットワーク1
ネットワーク: 10.0.0.0/16
ネットマスク: 255.255.0.0
ハブ1
ネットワーク2
ネットワーク: 192.168.0.0/24
ネットマスク: 255.255.255.0
ハブ2
ルーティングテーブルの例
route –n コマンド
$ route -n
Uのみは直接接続されているネットワークを表す(同一セグメント)
カーネルIP経路テーブル
受信先サイト
ゲートウェイ
ネットマスク
フラグ Metric Ref 使用数 インタフェース
192.168.0.0
0.0.0.0
255.255.255.0
U
0
0
0 eth0
10.0.0.0
192.168.0.1
255.255.0.0
UG
0
0
0 eth0
0.0.0.0
192.168.0.9
0.0.0.0
UG
0
0
0 eth0
127.0.0.0
0.0.0.0
255.0.0.0
U
0
0
0 lo
10.0.0.0/16 という宛先の送り先は 192.168.0.1
宛先が 0.0.0.0/0 はデフォルトゲートウェイを表す
ループバック(自分自身)

similar documents