トルコ及び中央からの人の移動とそのEU加盟問題に与える影響

Report
トルコ及び中欧からの人の移動と
そのEU加盟問題に与える影響
総合政策学部3年
吉光 諭史
問題の所在

EUの加盟基準
– 民主主義、法の支配、人権及び少数民族の
尊重・保護を保障する安定した国家機構
– 機能する市場経済及びEU内の競争圧力・市
場の力に対処する能力
– 政治統合・EMUの目標堅持を含む加盟国と
しての義務を負う能力
問題の所在




人の移動はEU加盟条件ではない
人の移動の自由化がもたらす影響
外国人排斥運動の存在
トルコ及び中欧の人の移動の質の違いの
比較
外国人の定義




EU諸国民
アジア・アフリカ系定
住外国人
東欧・旧ソ連人
アジア・アフリカ系「難
民」「不法入国者」
人の移動の経済的側面
一人当たりGDP
各国GDP値
ハ チェ
ン コ
ポ ガリ
ー ー
ラ
中 ン
欧 ド
平
均
トル
フ コ
ラ
ン
ス
ドイ
イ ツ
ギ
EU リス
15
カ
国
30000
25000
20000
15000
10000
5000
0
名目値
PPP値
失業率
失業率
14.0%
12.0%
10.0%
8.0%
6.0%
4.0%
2.0%
0.0%
ド 均 コ ス ツ
ス 国
ー
ェ リ
ン 平 ル ン イ
リ
カ
ラ 欧
5
チ ガ
ト
ド
ギ
ラ
1
ー
フ
イ
U
ン
中
E
ポ
ハ
コ
労働コストと労働組合組織率
各国の労働組合組織率
労働費用の国際比較(試算・製造業)
ス
ラ
ン
フ
旧
西
ドイ
ツ
イ
ギ
リス
ア
メリ
カ
日
本
160
140
120
100
80
60
40
20
0
40.0%
35.0%
30.0%
25.0%
20.0%
15.0%
10.0%
5.0%
0.0%
アメリカ
ドイツ
イギリス
フランス
直接投資と経済援助



直接投資と経済援助
のもたらすもの
中欧のケース
1500
トルコのケース
ドイツからの直接投資
1000
ポーランド
チェコ
ハンガリー
500
0
1994 1995 1996 1997
人の移動の政治的側面
二国間協定とローテーション政
策Ⅰ

トルコの場合Ⅰ
– 導入の背景
• 東西冷戦の激化とベルリンの壁の建設
• 賃金上昇圧力の高まり
– トルコ人労働者のドイツ連邦共和国への職業
斡旋に関する協定、滞在許可と労働許可
– ローテーション政策の失敗
• 帰国インセンティブの低下
• 企業側の要因
• 家族の呼び寄せ
二国間協定とローテーション政
策Ⅱ
トルコ人の流入数
1980
1978
1976
1974
1972
1970
1968
1966
1964
1962
1960
250000
200000
150000
100000
50000
0
二国間協定とローテーション政
策Ⅲ

中欧諸国の場合
– Aussiedlerの流入
– 東欧革命以降の流入
• 4つのプログラムによる流入
• 回転系数と移民率に見る中欧に対するローテー
ション政策の成功
ドイツ中道左派政党と法改正

従来の法体系
– ドイツでの出生による国籍付与はない
– 極めて厳しい帰化条件

SPDの下での法改正
– 出生による国籍の付与を認める
– 帰化条件の緩和
– 外国人の制度面での統合
人の移動の社会・文化的側面
半分を過ぎました。
つまんないからって
寝ないでくださ~い。
おねがいしま~す。
ドイツにおける移民人口
1500.0
1000.0
500.0
合
計
中
欧
コ
ェ
リ
ガ
ン
チ
ー
ド
0.0
ハ
– Iij=G・Mi・Mj/d
2000.0
ン

1991年の国籍別人口
ポ
ー
ラ

トルコからの移民の
圧倒的多数
中欧からの移民は比
較的少ない
ドイッチュの統合理論
トル
コ

宗教的相違
ーキリスト教とイスラム教

文明の衝突
– EU・ドイツ国民
→西欧文明圏
– トルコからの移民
→イスラム文明圏
– 中欧からの移民
→西欧文明圏
空間的セグリゲーションの形成






西ベルリンの事例
その他の事例
インナーシティーへの集中
工業地区への集中
実際は他の外国人と大差はない
言説が語られる理由
– 文化・宗教の違いによる心理的隔絶感
遠隔地ナショナリズムの台頭


遠隔地ナショナリズムとは?
遠隔地ナショナリズムの生まれる要因
– 外国人の特定地区への集積
– 情報技術の進歩

トルコ人特有の要因
– クルド人問題
– オジャラン党首をめぐるドイツ国内の動き

国際・国外問題の国内問題化
結論
Revolutionary Thresholdを通じて
いよいよ山場で~す。
Revolutionary Thresholdとは何
か?





個人の存在
Revolutionary Threshold
Threshold Sequence
Size
一例として理念的国民国家
– Nation={50,50,60,60,70,70,80,80,90,90}
S=5
人の移動がRevolutionary
Thresholdに与える影響Ⅰ

経済的側面がRevolutionary Thresholdに
与える影響
– Nation={50,50,60,60,70,70,80,80,90,90}
S=5
↓
– Nation={X1,X2,X3,X4,X5,X6,X7,X8,X9,X10,50,
50,60,60,70,70,80,80,90,90}
S=5
人の移動がRevolutionary
Thresholdに与える影響Ⅱ

政治的側面がRevolutionary Thresholdに
与える影響
– Nation={X1,X2,X3,X4,X5,X6,X7,X8,X9,X10,50,
50,60,60,70,70,80,80,90,90}
S=5
↓
– Nation={X1t,X2t,X3t,X4t,X5t,X6t,X7t,X8t,X1m,X2m
,50,50,60,60,70,70,80,80,90,90}
S=5
人の移動がRevolutionary
Thresholdに与える影響Ⅲ

社会・文化的側面がRevolutionary
Thresholdに与える影響
– Nation={X1,X2,X3,X4,X5,X6,X7,X8,X9,X10,50,
50,60,60,70,70,80,80,90,90}
S=5
↓
– Nation={101t,102t,103t,104t,205t,206t,307t,308t
,401m,402m,50,50,60,60,70,70,80,80,90,90}
S=8
トルコ及び中欧からの人の移動
のEU加盟に与える影響Ⅰ




移民の数よりもその質が大きな問題
国内の不安定要因となりうるトルコからの
移民
それほど大きな不安定要因とならない中
欧からの移動
短期的には中欧は人の移動の自由をある
程度制限した形でのEU加盟。トルコは不
可能、もしくは人の移動は厳しく規制した
形での加盟
トルコ及び中欧からの人の移動
のEU加盟に与える影響Ⅱ


中・長期的には中欧は人の移動の完全自
由化の方向
トルコ
– クルド人問題の解決
– ドイツ・トルコ双方からのRTを低下させる努力
が現在なされており、これが奏効すれば人の
移動を認めた形でのEU加盟も可能

similar documents