株式会社マイクロ・テクニカ

Report
RSSコードの品質/読取 + 印字の品質検査
株式会社マイク
ロ・テクニカ
2008.11.6
©MicroTechnica.Co.,Ltd. All rights reserved.
沿革
事業
技術開発
1981年
株式会社マイクロ・テクニカ設立
資本金2000万円
1983年
長野事業所開設
1986年
1988年
1989年
資本金4100万円
鶴ヶ島事業所開設(資本金8000万円)
パソコン基板開発・販売(NEC98シリーズ)
1993年
北関東事業所開設(小山)
汎用画像処理装置(TPSシリーズ)の開発・販売
食品・製薬関連分野への進出
1995年
1998年
2000年
本社移転(現在地)
簡易型画像処理装置(TFOシリーズ)の開発・販売
大阪事業所開設(資本金9000万円)
パソコンPCIバス基板の開発開始
ISO:9001認証取得(鶴ヶ島)
新型TFOシリーズ(食品・製薬用)開発
光ファイバー基板の開発・OEM販売
SONYよりハイビジョンTV設計製作の受託開発
台湾CPU基板の代理店開始
第一次デジタル印刷検査装置の開発
2001年
2002年
資本金1億2000万円
ISO:9001:2000版 認証取得(本社・鶴ヶ島)
2003年
2005年
産業用コンパクトPCI基板開発
製薬PTP検査システムの開発
資本金1億5000万円
上海マイクロ設立
ISO:9001認証取得(大阪)
新型汎用TPSシリーズの開発
高速可変カラー印刷データ検査システム(DCPシリーズ)の開発
中国市場のマーケティング開始
RSSバーコード画像検査システムの開発(製薬向け)
モノクロ印刷の可変+絵柄データ同時連続検査システムの開発
北京事務所開設
中国市場へ本格的に進出
2007年
2008年
パソコン(Techner)の開発・販売
産業用基板(CPU/ 周辺ボード/画像基板)の開発・製造・販売
汎用画像処理装置(CM50) の開発・販売
電子部品検査システムの受注開発・販売
©MicroTechnica.Co.,Ltd. All rights reserved.
1
会社概要
株式会社マイクロ・テクニカ 本社
東京都豊島区東池袋3-12-2 山上ビル
鶴ヶ島事業所
代表取締役社長
会社設立
資本金
従業員
土屋武仁
1981年3月
150百万円
95名
埼玉県鶴ヶ島市脚折町5-12-1
北関東事業所
埼玉県さいたま市大宮区土手町1-2 JA共済埼玉ビル11F
上海邁可羅図像検測系統銷售有限公司
(北京事業所)
大阪事業所
大阪府吹田市豊津町13-45
第三暁ビル5F
長野事業所
株式会社システックジャパン
長野事業所
鶴ヶ島事業所
北関東事業所
長野県駒ケ根市赤穂8171-1
本社
株式会社システックジャパン
静岡県三島市一番町7-15
イヅミビルBF
大阪事業所
上海邁可羅図像検測系統銷售有限公司
・上海本社
上海市浦東大道1081-1089号
中信五牛城后泰閣16H
・北京事務所 北京市海淀区中関村大街32号
和盛嘉業ビル902
上海邁可羅図像検測系統銷售有限公司
(上海本社)
©MicroTechnica.Co.,Ltd. All rights reserved.
3
営業とサービス体制
上海マイクロ
営業部門
技術部門
本社
企画部門
営業部門
システム技術部門
上海事業所
北京事業所
システックジャパン
技術サービス部門
本社
システム技術部門
北関東事業所
営業部門
システム技術部門
大阪事業所
営業部門
システム技術部門
長野事業所
システム技術部門
鶴ヶ島事業所
開発部門
技術部門
保守部門
©MicroTechnica.Co.,Ltd. All rights reserved.
4
組織図
事業内容
画像検査
画像検査システム
販売事業
• 印刷業界専用検査システム
• 製薬・食品業界専用検査システム
二絵
次柄
元可
バ変
ーデ
コー
ータ
ド検
検査
査装
装置
置の
拡
販


基板製品・商品
販売事業
保守および
サービス部門
• 各種カメラに対応した画像取込基板の設計・製造・販売
• 各種OSおよび画像ソフトに対応したライブラリの開発・販売
• CPU基板の輸入代理販売
• 上記システムの保守
• 基板製品の顧客サービス
©MicroTechnica.Co.,Ltd. All rights reserved.
自取
社扱
製商
品品
のの
増拡
強大

ソリューション事業
• 顧客の製品検査ソリューション



ソビ
リリト
ュテレ
ーィー
シ検サ
ョ査
ン
海
外
(
中
国
)
市
場
へ
の
販
売
強
化
5
高速可変印刷データ検査システム(DCP)
主な検査対象
検査部
カメラ部
印刷機
ページ毎に印刷内容が異なるデータを検査する新しい画像検査方式を開発
印刷情報を印刷機のコンピュータから受け、印刷後のデータをカメラから入力し高速
に照合検査するシステム(検査速度:150m/分)
©MicroTechnica.Co.,Ltd. All rights reserved.
6
汎用画像検査システム(TPS、C-TPS)
TPS-2000
検査項目:印字品質検査、異種混入検
査、欠け検査、瓶の割れ検査、賞味期
限の検査、位置決め、穴サイズ検査
色々な製品の欠陥検査に対応できるハード構成
検査仕様に合わせた検査ソリューションを提供
©MicroTechnica.Co.,Ltd. All rights reserved.
9
簡易型画像検査システム(TFO)
食品業界:
 HACCPに基づくトレーサビリティ、日
付検査、異種混入、製造年月日などの検査
検査結果画像の保存
製薬業界:
医薬品の製造工程での品質管理を定めたGMP体制の完備が必要。
個体検査、包装検査、異種混入検査などの検査システムを提供。
©MicroTechnica.Co.,Ltd. All rights reserved.
(検査速度:400個/分)
10
中国で要求されるビジネスフォーム検査
-中国輸出実績-
可変データとして番号、バーコード
の印字欠陥、データベースとの照合
©MicroTechnica.Co.,Ltd. All rights reserved.
11
基板製品(PCIバス・PCI-EXバス)
画像処理用各種基板、CPU基板などはあらゆる業界におけ
る外観検査、機器の制御などの組込みシステム用に販売
©MicroTechnica.Co.,Ltd. All rights reserved.
12
技術推移・開発戦略
・新規事業分野への基礎商品開発
・新規製品群の開発
・産学協力開発
・OEM製品の調達
1980
2008
ム
ハ
|
ド
ソ
フ
ト
シ
ス
テ
©MicroTechnica.Co.,Ltd. All rights reserved.
2
包装工程実績
RSS検査装置
RSC1000
〇医薬品の流通コードに可変デー
タを印刷する(厚労省指針)
○医薬品は元梱包装単位、調剤販
売単位に商品コードなどを表記す
る(医療用医薬品新コード表示ガ
イドライン)
印字時点での全品確認をカメラで
画像入力し検査するシステム
GS1-RSS リミテッド
GS1-RSS
リミテッド合成シンボル
GS1 RSS-14 スタック
検査例
GS1-RSS-14
スタック合成シンボル
(01)15012345678907
汚れ
剥離
©MicroTechnica.Co.,Ltd. All rights reserved.
読み取り
7
RSS検査装置開発で気をつけた点
・どんな不良が考えられるか?
データー入力ミス
マーカーの印字ミス
搬送機側のトラブル
ボイド 欠け 異物 汚れ
RSS検査装置基本仕様
印字状態の品質検査(文字・バーコードがきちんと印字できたか?)
バーコード・ヒューマンリーダー・可変データーの整合性の確認
検査(文字検査)
パターン検査の限界
一般設定は80%近辺
つまり
20%違っても良品
20%違ってても良品にして良いの?
特徴検査
◇
特徴検査を使用した場合
検査基準はあくまでも厳しく、融通性のある検査が可能。
(パターンマッチングでは、困難!)
良品
良品
or不良品
良品
or不良品
任意に設定可能
RSS品質検査実験例
バーコード
検証結果
読取
検査結果
備考
1.7 可
不良
汚れ
2.6 可
不良
汚れ
3.4 可
不良
欠け
検査(バーコード)

RSS品質検査実験例
バーコード
検証結果 読取
検査結果 備考
1.7 可
不良
汚れ
2.6 可
不良
汚れ
3.4 可
不良
欠け
検査(バーコード)
RSS品質検査実験例
F
不可
不良
汚れ
B2.7
可能
不良
パワーダウン
F
不可
不良
パワーダウン
*Fで無い限り、設定で良・不良設定可能
実際の不良サンプル1
欠けている
実際の不良サンプル2
良品
不良品
欠けている
実際の不良サンプル3
良品 きちんと塗りつぶされている
不良品
塗りつぶされていない
一般製剤向け実験例(PTP)
RSS印字システムを経験して
●RSSを工場内で書こうとした場合、これは
印刷技術の蓄積が必要
包材やプリンター側の癖は?
●大切な事は?
検証の必要性と現実何が大切?
正しく読めるバーコードの印字
と美しい印刷
= 検証結果の高い製品作り
今後のバーコード化は?
予想でしかないが、最近のニュースを見て
いても、体内に入るもの(食品・薬等)につ
いてのトリサビリティは今後必須になってく
ると思う。
病院側・流通側からの話を聞いてもロット
管理は不可欠な流れに行く事と予想される。
食品業界の動向も注意必要。どちらにしろ、
バーコード化の進むスピードは一言では言
えないがBC化は進むものと思う。
まとめ
綺麗な印刷をしようとした場合、包材や
インクの特性を知る事はもちろん大切だが、
確実な搬送、人為的ミスが発生しにくいシ
ステム作りが不可欠。
安定稼動するためにも、エンドユーザーさ
んのご意見・ご指導は当然ながら、機械メ
ーカー・プリンターメーカー含め、相互協
力は不可欠
その他
最新の技術
テラヘルツ

similar documents