企業の女性活用と母性健康管理 (PPT:1347KB)

Report
企業の女性活用と 母性健康管理
1
2
3
4
.
.
.
.
女性の継続就業状況
子ど も の成長過程全般への支援の重要性
女性のキャ リ ア 支援
長く 働き 続ける ための支援体制の強化
(C)2011女性にやさしい職場づくりナビ
1.女性の継続就業状況
(万世帯)
1,200 1 ,1 1 4
1 ,0 9 6
1 ,0 5 4
952
1,000
946
897
903
771
800
721
720
664
914
943
927
956
942
930
916
889
951
961
894
875
823
977
854
1011
825
614
600
共働き世帯数が
専業主婦世帯数を逆転
400
200
男性雇用者と無業の妻からなる世帯
雇用者の共働き世帯
昭和55年
昭和56年
昭和57年
昭和58年
昭和59年
昭和60年
昭和61年
昭和62年
昭和63年
平成元年
平成2年
平成3年
平成4年
平成5年
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年
平成14年
平成15年
平成16年
平成17年
平成18年
平成19年
平成20年
0
共働き等世帯数の推移
(C)2011女性にやさしい職場づくりナビ
(資料出所:内閣府「男女共同参画白書」平成21年版)
1.女性の継続就業状況
100%
4.7
5.7
6.1
その他・不詳
80%
34.6
32.5
32
妊娠前
から無職
8.2
25.2
60%
40%
41.3
就業継続
11.5
就業継続
(育休利用)
13.8
35.7
37.7
39.5
19.9
16.4
12.2 (育休無し)
5.1
8
10.3
1985~1989年
1990~1994年
1995~1999年
20%
0%
出産退職
2000~2004年
子どもの出生年
子どもの出生年別、第1子出産前後の就業経歴の構成
(C)2011女性にやさしい職場づくりナビ
(資料出所:国立社会保障・人口問題研究所
「第13回出生動向基本調査」平成17年)
1.女性の継続就業状況
出産1 年前
無職 2 5 .6 %
出産1 年前に有職だった者の
出産6 ヶ月後の状況
有職 73.5%
無職 67.4%
有職 3 2 .2 %
第1子出産を機に離職した割合
(C)2011女性にやさしい職場づくりナビ
(資料出所:厚生労働省「第1回21世紀出生児縦断調査」平成13年)
1.女性の継続就業状況
0%
20%
40%
60%
80%
100%
2.6
正社員
(n=721)
39.0
7.2 4.7
26.1
9.0
9.8 1.5
1.5
非正社員
(n=666)
42.5
9.2
7.7
16.4
6.2
13.2
3.5
家事、育児に専念するため、自発的にやめた
結婚、出産、育児を機に辞めたが、理由は結婚、出産等に直接関係ない
夫の勤務地や夫の転勤の問題で仕事を続けるのが難しかった
仕事を続けたかったが、仕事と育児の両立の難しさでやめた
子を持つ前と仕事の内容や責任等が変わってしまい、やりがいを感じられなくなった(なりそうだった)
解雇された、退職勧奨された
その他
特にない
子を持つ直前の就労形態別
(C)2011女性にやさしい職場づくりナビ
妊娠・出産前後に退職した理由
(資料出所:国立社会保障・人口問題研究所
「第13回出生動向基本調査」平成17年)
1.女性の継続就業状況
妊娠・出産を機に退職しようと思う理由
-仕事に関する理由-
(C)2011女性にやさしい職場づくりナビ
(資料出所:(財)女性労働協会
「企業における妊産婦の健康管理体制に関する実態調査報告書」平成20年)
1.女性の継続就業状況
0.0
10.0
20.0
30.0
40.0
50.0
65.4
勤務時間があいそうも
なかった(あわなかった)
48.6
49.5
職場に両立を支援する
雰囲気がなかった
38.5
45.7
自分の体力がもたなそう
だった(もたなかった)
40.4
25.0
育児休業を取れそうも
なかった(取れなかった)
35.8
22.9
子どもの病気等で度々
休まざるを得なかった
18.3
20.7
保育園等に子どもを預けられ
そうもなかった(預けられなかった)
26.6
19.1
会社に育児休業制度
がなかった
27.5
つわりや産後の不調など妊娠・出産
にともなう体調不良のため
18.1
家族がやめることを
希望した
18.1
その他
70.0 (%)
60.0
33.0
12.8
6.4
5.5
子を持つ直前の就労形態別
(C)2011女性にやさしい職場づくりナビ
正社員(n=188)
非正社員(n=109)
続けたかったが辞めた理由
(資料出所:国立社会保障・人口問題研究所
「第13回出生動向基本調査」平成17年)
2.子どもの成長過程全般への
支援の重要性
(C)2011女性にやさしい職場づくりナビ
2.子どもの成長過程全般への
支援の重要性
つらかった
ことはない
8.0%
(1 3 7人)
身体的に
つらかった
ことがある
92.0 %
(1,590人 )
妊娠中・産後に身体上つらかったこと
(C)2011女性にやさしい職場づくりナビ
(資料出所:(財)女性労働協会
「事業所における妊産婦の健康管理体制に関する実態調査報告書」平成19年度)
2.子どもの成長過程全般への
支援の重要性
0.0
10.0
20.0
30.0
40.0
50.0
60.0
80.0 (%)
59.1
吐き気
51.9
腰痛、背中痛、肩こり、こむら返り、脚がつる
44.5
眠気、不眠
43.5
全身の倦怠感、脱力感、疲労
36.0
頭痛、風邪などで薬を飲めなかったこと
30.1
めまい、立ちくらみ、動悸、息切れ
28.7
便秘、下痢、頻尿、尿洩れ
16.4
体重の極端な増減
15.3
脱毛、白髪、シミ、そばかす等肌荒れ
その他
70.0
8.7
妊娠中・産後に身体上つらかったこと
(C)2011女性にやさしい職場づくりナビ
(資料出所:(財)女性労働協会
「事業所における妊産婦の健康管理体制に関する実態調査報告書」平成19年度)
2.子どもの成長過程全般への
支援の重要性
つらかった
ことはない
36.7%
(6 3 4人)
仕事上
つらかった
ことがある
63.3%
(1,093人 )
妊娠中・産後に仕事上つらかったこと
(C)2011女性にやさしい職場づくりナビ
(資料出所:(財)女性労働協会
「事業所における妊産婦の健康管理体制に関する実態調査報告書」平成19年度)
2.子どもの成長過程全般への
支援の重要性
0.0
10.0
20.0
30.0
40.0
休憩する場所がない
32.0
職場内の喫煙
31.9
28.6
通勤時のラッシュ
24.8
上司や同僚の心ない発言・無理解
超過勤務があるなど労働時間が長い
21.9
作業の負荷が重い
21.9
12.4
換気不足、騒音などの作業環境
10.1
健診時の休暇が得られない
その他
50.0 (%)
2.6
妊娠中・産後に仕事上つらかったこと
(C)2011女性にやさしい職場づくりナビ
(資料出所:(財)女性労働協会
「事業所における妊産婦の健康管理体制に関する実態調査報告書」平成19年度)
3.女性のキャリア支援
0.0
10.0
20.0
50.0
60.0
産前・産後休業、育児休業中の
同僚への負担増等の気遣い
(%)
27.9
8.5
24.7
11.3
18.4
6.9
100.0
42.3
15.4
職場で喫煙する人がいる
90.0
42.4
25.9
産前・産後休業、
育児休業取得への不安
80.0
43.8
35.1
育児休業中の経済的不安
70.0
41.4
38.6
育児休業後の復職に対する不安
上司や同僚の心ない発言
40.0
41.2
育児休業後の子どもの保育
職場で妊婦への配慮がたりない
30.0
12.7
ストレスをとても感じる
健診時の休暇取得や
3.3
理解が得られないこと
ストレスを感じる
10.0
妊娠期のストレス
(C)2011女性にやさしい職場づくりナビ
(資料出所:(財)女性労働協会
「妊娠期・子育て期の女性労働者のストレスに関する調査報告書」平成18年)
3.女性のキャリア支援
出産・育児
∥
『ライフ』
への展望
(C)2011女性にやさしい職場づくりナビ
育児休業を含めた
育児期以降の
『ワークキャリア』
への展望
3.女性のキャリア支援
女性が活躍できるような企業・職場で
あるための条件・環境整備
女性の働く意欲を高める努力が重要
(C)2011女性にやさしい職場づくりナビ
4.長く働き続けるための支援体制
20.0
0.0
40.0
60.0
83.5
部署内でのやりくり
78.7
派遣、アルバイト等の活用
55.4
他部署からの配転
33.0
業務の合理化
5.7
仕事の外注
その他
100.0 (%)
80.0
1.6
何もしていない
0.3
無回答
0.3
人事管理に関する問題点の解決方法
(C)2011女性にやさしい職場づくりナビ
(資料出所:(財)女性労働協会
「企業における妊産婦の健康管理体制に関する実態調査報告書」平成20年)
4.長く働き続けるための支援体制
●必要な知識・ノウハウ等のマニュアル化
●出産経験のある先輩女性による
助言・相談の実施
●上司による面談等を通じた悩み・不安の
日常的な把握と対処
●将来のキャリアデザインに対する支援
(C)2011女性にやさしい職場づくりナビ

similar documents