アザン染色 (Azan stain)

Report
アザン染色
(Azan stain)
結合組織の染色
目的
膠原線維と筋線維を染め分ける染色法。
原理
酸性タール色素の重染色(配合染色)
酸性色素の分子量(分散度)の差に基づく方法であり、分子量の小さい色素は密な組
織に、分子量の大きい色素は粗な組織に吸着されることを利用している。
膠原線維は粗構造で間隙が広く、筋線維では密構造で間隙が狭い。
負電荷小色素分子のアゾカルミンG、オレンジGは密構造に入りやすく内面を密にお
おう。
アニリン青は、一部正帯電のNH3基をもち親水性に乏しいので吸着性が大きく、広い
間隙に入り小色素分子を押し退けて定着する。
アニリン青>酸性フクシン>アゾカルミンG>オレンジG>ピクリン酸
結合組織
体の中のいろいろな構造や臓器のすき間を埋めて支える組織。
結合組織は全身のいたるところにあり、細胞への栄養分を補給したり細胞から
老廃物を排除するなど、新陳代謝に関わっている。
膠原線維
細網線維
弾性線維
主に存在する
臓器
靱帯
軟骨
結合組織
リンパ節
脾臓
肝臓
基底膜
動脈
肺
皮下真皮
化学的組成
コラーゲン
レチキュリン
エラスチン
特性
弾力性
格子状、網目状
伸縮する
煮魚が冷えると、煮こごりができることがある。
これは魚に含まれる膠原線維が分解されて、膠(にかわ)状に
なったもので、膠原線維の名前の由来になっている。
試薬
• 媒染液
10%トリクロル酢酸水溶液
10%重クロム酸カリウム水溶液
• アゾカルミンG液
使用する前に60℃に暖めておく
•
•
•
•
アニリン・アルコール
酢酸アルコール
リンモリブデン酸
リンタングステン酸液
アニリン青オレンジG液
アゾカルミン
SO3Na
N
N+
SO3Na
N
N+
NH
NH
SO3Na
SO3-
SO3
アゾカルミンG
アゾカルミンB
オレンジG
HO
N=N
NaO3S
SO3Na
染色法
軽
く
水
洗
(
流
水
)
染色
ア
ニ
リ
ン
ア
ル
コ
ー
ル
分別
酢
酸
ア
ル
コ
ー
ル
流
水
水
洗
分別停止
リ
ン
モ
リ
ブ
デ
ン
酸
媒染
流
水
水
洗
ア
ニ
リ
ン
青
オ
レ
ン
ジ
G
液
染色
ア
ル
コ
ー
ル
×
ア
ゾ
カ
ル
ミ
ン
G
液
×
脱
パ
ラ
・
流
水
水
洗
3
キ
シ
ロ
ー
ル
・
封
入
分別脱水・透徹
注意
• アゾカルミンGは十分濃く染色しておく。
• アニリン・アルコールによる分別はかなり速く脱色される。
• リンタングステン酸でもある程度脱色されるので、少し濃い程
度にしておく。
• アニリン青の分別は非常に大切で、この分別1つでアザン
染色の成否が決まるといってよい。できるだけ早く染色液を
純エタノールと置換することが大切。
• 染色をやり直す時は、薄いアンモニア水か、アンモニアア
ルコールに入れ脱色し、水洗して染色をやり直す。
染色結果
膠原線維
濃青色
細網線維、基底膜
青色
細胞核
赤色

similar documents