上の語が下の語を修飾して

Report
悪
買
売
善
地
善
天
売
天
←→
←→
←→
悪
買
地
=
=
=
善
悪
売
買
天
地
意
味
が
対
に
な
る
漢
字
の
組
み
合
わ
せ
漢
字
二
字
の
熟
語
の
成
り
立
ち
で漢
き字
ての
い熟
る語
のは
かど
調の
べよ
よう
うな
組
み
合
わ
せ
で
漢
字
の
成
り
立
ち
六
年
値
=
価
値
価
富
=
豊
富
豊
似
た
意
味
の
漢
字
の
組
み
合
わ
せ
洗
顔
誤
誤
っ
た
字
誤
字
→
洗
顔
←
顔
を
洗
う
漢「
字ー
がを
下」
に「
来ー
るに
組」
みに
合あ
わた
せる
意
味
の
字
に上
あの
る漢
組字
みが
合下
わの
せ漢
字
を
修
飾
す
る
関
係
新 ○
新
し
い
記
録
+
+
記 ○
録 ○
=
新
記
録
限上
定の
す語
るが
も下
のの
語
の
性
質
・
状
態
な
ど
を
二
字
の
語
の
頭
に
一
字
を
加
え
た
語
一
字
の
語
と
二
字
の
語
と
で
で
き
て
い
ま
す
。
三
字
の
漢
字
で
成
り
立
つ
熟
語
の
多
く
は
漢
字
三
字
の
熟
語
の
成
り
立
ち
ど に上
ん に
な つ
漢 く
字 漢
が 字
あ は
る 、
だ 「
ろ 無
う 」
。 の
他
無
制
限
制
限
が
無
い
無
●
+
+
制
限
○
○
上
の
語
が
下
の
語
を
打
ち
消
す
も
の
郵
便
=
便
局
郵
便
の
+
↓
局
↓
郵
仕
事
を
す
る
所
○
○
+
○
の上
名の
前語
にが
な下
るの
も語
のを
修
飾
し
て
、
物
事
二
字
の
語
の
後
ろ
に
一
字
を
加
え
た
語
化
温
暖
利
己
○
○
+
化
的
●
と
い
う
意
味
を
そ
え
る
「
ー
の
よ
う
に
な
る
」
的
と
い
う
意
味
を
そ
え
る
「
ー
の
よ
う
な
性
質
を
も
つ
」
「
ー
の
よ
う
な
」
様上
子の
や語
状に
態下
をの
表語
すが
も意
の味
を
そ
え
て
、
松
竹
梅
松
市
+
+
竹
+
梅
市
町
村
町
+
村
一
字
の
語
の
集
ま
り
か
ら
成
る
熟
語
作
っ
て
み
ま
し
ょ
う
。
漢
字
四
字
以
上
の
長
い
熟
語
を
知
っ
て
い
る
熟
語
を
つ
な
げ
て
、
臨
時
列
車
=
臨
時
+
列
車
熟 い
語 く
つ
か
の
語
の
集
ま
り
か
ら
成
る
春
夏
秋
冬
一
字
の
語
の
集
ま
り
か
ら
成
る
熟
語
漢
字
四
字
以
上
の
熟
語

similar documents