オンライン血液濾過透析における置換量と透析効率

Report
オンライン血液濾過透析におけ
る置換量と透析効率
• 優人クリニック(1)
• 東京大学医学部付属病院腎臓・内分泌内
科(2) 、血液浄化部(3)
• 冨田兵衛(1) 、青柳直樹(1) 、大原智香子(1) 、
根岸康介(2) 、田中珠美(2) 、野入英世(2) 、
中尾彰秀(3)
目的
• 近年透析患者の高齢化・長期化が進む中、
大量置換療法も含む血液濾過透析の有効
性が報告されている。オンラインHDFでは、
置換量の増加は有効透析液流量の減少
につながり、低分子物質の除去効率が低
下しない最適な条件を設定する必要があ
る。
方法
• オンラインHDFを施行中の24名の患者に
おいて、置換量と透析液流量の変化に対
する低分子・中分子物質の除去効率につ
いて評価を行った。置換量は固定し、透析
液流量を変化させた場合の2条件と通常
の血液透析の条件での3条件を比較した。
HDFシステム
• 当院では、東レ製中央透析液供給装置を
使用した、セントラルーコンソール式のシス
テムを使用した透析液製造・供給システム
にてHD,HDFを施行している。
• 東レ製TR3000M
• QD合計が400mlから600mlまで調整可能
• QFは0-300ml/minの間で調整可能
HD時
HDF時
透析液流量と濾液量
• HD条件
• HDF500条件
• HDF600条件
通常の血液透析
QD
= 500ml/min
QD+QF = 500ml/min
QD+QF = 600ml/min
• 同一患者にて3条件で比較。ダイアライ
ザー、QB、透析時間などの条件は同一
HDF500の条件の例
• 標準条件 4時間透析の場合
• QD + QF = 500ml/min
QD
= 300ml/min
QF
= 200ml/min
置換量は200×220分 = 44L
• 使用ダイアライザー BS2.1UL、BS1.8UL,
APS18Sなど
患者バックグラウンド
•
•
•
•
•
•
•
男性 17名 女性 7名
糖尿病 10名 非糖尿病 14名
平均年齢 62.0 歳
平均透析歴 6.6年
平均 QB 194ml/min
平均 QF 189ml/min
平均置換量 41.1L
HDF導入の目的
血圧維持
痒み
RLS
アミロイドーシス予防
不眠
10
3
2
8
1
低分子の効率
透析効率
1.4
1.2
1
0.8
0.6
0.4
0.2
0
HD
HDF500
HDF600
β2MGの変化
β2MG後
透析前β2MG
30
15
20
10
10
5
0
0
HD
HDF500
HDF600
HD
HDF500
HDF600
β2MGの除去効率
β2MG除去率
0.8
0.6
0.4
0.2
0
HD
HDF500
HDF600
結果のまとめ
• ダイアライザー・透析時間・血液流量など
の諸条件が同一のとき、小分子の透析効
率はHD,HDF500、HDF600の3条件で有意
差は無かった。中分子の除去率はHDと比
べHDF500、HDF600の両条件で上回って
いた。しかし、HDF条件で透析液を600mlと
しても500mlとしても有意な差は無かった。
結語
• オンラインHDFにおいて置換液量を多くと
ろうとすると有効透析液量が減少するが、
合計500mlとして透析を行うことで、十分に
小分子の透析効率を達成し、中分子物質
の除去も行える。
• 有効透析液流量が減ることで、よりHF的な
透析療法となり、血行動態の安定化もは
かれる。

similar documents