4.健康被害の防止と環境対策

Report
健康被害の防止と環境対策
1.環境汚染の防止と改善
2.産業廃棄物の処理と健康
次のスライドへ
環境基本法による環境汚染防止対策
環境基準
汚染物質の基準値
健康や環境にほとんど影響がない
排出規制
汚染物質の排出基準
例)自動車の排出ガスや騒音の規制
環境の監視・測定
例)光化学スモッグ
注意報の発令
公害防止計画
特定地域で年次
計画作成の義務
このマークがでたらクリック
「公害対策」から「環境対策」へ
環境汚染
公 害
特定地域での産業活動により発生
「加害者は企業、被害者は住民」
社会のしくみ(大量生産・大量消費・大量廃棄)
個人・社会
個人のライフスタイル(自動車・生活排水など)
「加害者であると同時に被害者」
次のスライドへ
このマークがでたらクリック
「環境にやさしい」ライフスタイル
(例)自動車を利用
個 自動車の利用→徒歩・自転車・公共交通機関
人 自動車の購入→環境対策車(低公害・低燃
費)
行
政
環境対策車の税制面での優遇
企
業
さまざまなタイプの環境対策車の開発
次のスライドへ
産業廃棄物とは
廃棄物処理法
(一般家庭・事業所)
一般廃棄物
廃棄物
産業廃棄物
(事業活動→特に工場)
排出したものの責任で処理
次のスライドへ
ごみ
し尿
燃えがら
汚泥
廃プラスチック
等全部で19種類
産業廃棄物の流れ
産
業
廃
棄
物
紙くず・ガラスくず
金属くず・廃プラスチック
廃油・廃酸
廃アルカリ・汚泥
建築廃材
再利用
中間処理
(中和・焼却・破砕)
最終処分(埋め立て)
毒性・感染の危険性
(特別管理廃棄物)
特別な処理
次のスライドへ
産業廃棄物
素材集-産業廃棄物
図)産業廃棄物処理の流れ
次のスライドへ
「㈱東京環境保全会社」より複写
以上で本日の授業は終了します
次回はゴミ処理と
上下水道の整備について
学習します。
公害の定義
環境基本法第2条より
・事業活動その他の人の活動にともなっ
て生ずる
・相当範囲にわたる
・大気の汚染、水質の汚濁、土壌の汚染
騒音、振動、地盤沈下および悪臭
・人の健康、生活環境にかかる被害
公害による健康被害の補償
戻る
公害被害補償制度
四大公害裁判
四日市ぜんそく
熊本水俣病
イタイイタイ病
新潟水俣病
汚染者負担の原則
戻るボタンをクリック
汚染源となった企業が負担
戻る
環境対策車
素材集-環境対策
写真)車
図)電気自動車のしくみ
素材集-環境対策
図)燃料電池車のしくみ
素材集-環境対策
図)ハイブリッド車のしくみ
図)しくみ 写真)車 「低公害車ガイドブック2006」より複写
戻るボタンをクリック
写真)車
写真)車

similar documents