lcc

Report
停滞する国内LCC
~変革すべきビジネスモデルとその課題~
佐々木ゼミ
1
動機
• 2012年より、日本にLCCが相次いで就
航したが、現在遅延や人員不足などの問題
が浮き彫りになってきており、ニュースな
どにもなっている
• 実際のLCCの実態はどうなっているのだろ
う?
2
はじめに
LCC とは
=Low Cost Carrierの略
• LCCは既存の大手航空会社とは異なり、徹底したコストカット
と効率的な運営により低価格の運賃を実現した格安航空会社の
こと
FSAとは
=Full Service Airlineの略
•
充実した多様なサービスを提供する航空会社のこと
LCCは従来のFSAに代わり、国内外において、
近年急速に台頭してきている
3
国内での台頭
国内6路線の運航開
始
寡占による低廉化
を打開し、利益者
便益の向上に資す
る目的で設立
国内初のLCC路
線
運
国内2路線の運航開始
航開始
2012年はLCC元年とも称された
4
ビジネスモデル
サービス
の
簡素化
単一機材
チケット
直販
ターミナ
ルの活用
5
サービスの簡素化
• 機内サービスの廃止・有料化
→(機内飲食、機内誌、毛布etc・・・)
• 個人モニターなど娯楽システムの廃止
→席ごとのビデオや音楽放送、機内誌・新聞・雑誌
などの
機内エンターテインメントを省く
• 座席指定を廃止し自由席とする
6
→座席位置により価格差を設ける、座席指定を有料
化する
サービスの簡素化
• シートピッチを狭め、座席数を増加
→身体にハンディキャップのある人には苦痛
緊急時の避難に支障が出るのではない
か?
7
単一機材
• 小型の単一機材を用いることで多頻度運航が可能と
なる
• パイロットやスタッフの育成を効率化
• 機材メンテナンスが容易となり、整備の安全性が向
上とコスト低減が見込まれる
• 新しくできたばかりで機体が新しい
8
運航形態(ターミナルの活用)
Point to Point system
• 路線の接続性を考慮せず、2空港間を単純往復する
手法郊外のセカンダリー空港や地方空港を使用する
ことで航機の発着時間の短縮と空港使用料の低減が
期待できる。
Multi Tasking
• 客室乗務員が機内清掃や搭乗手続きを兼務すること
により発着時間の短縮と人件費の削減が期待できる。
9
チケット直販
LCC
旅行会社を介さず販売
顧客
手数料等がかからな
い!
LCCでは、一度予約したらキャンセル料が100%発生して
いた。
ex)航空券代金補償サービス「Peachチケットガード」
運賃に応じる保険料を支払うと、一定の事情で搭乗できな
くなった場合、航空券代金が返還される。
10
LCCの利用者の特徴
11
インターネットのみの予約による
利用者の制限
パソコンの利用できる人に制限される
高齢者などの利用者が少なく、
若い年齢層の利用に制限される
12
LCC利用による消費活動の変化
国土交通省航空局作成アンケートは、ピーチアビエーション、エアアジアジャパンの成田、関空発の国内線利用者を対象に2013年9月に実施。回収率は約40%
13
LCC利用による行動の変化
14
LCC利用による変化
 LCC就航によって飛行機の利用回数が増えた客は6
0%存在し、航空業界の活性化へとつながる。
 またLCC利用により、浮いたお金を食事やお土産購
入などの消費活動に充てる客は多く存在し経済活
動の活性化につながる事が分かる。
国内のLCCを推し進めることに
より
国内経済は潤うのではないか?
15
海外の動向
16
米国LCC
LCC参入
拠点空港
ユニットコ
スト
•1971年にLCC参入
•セカンダリ空港他、拠点空港にも進
出
•FSAに対しコストの優位性が低下し
てきている。
17
FSAとの競合
LCCが増えると既存
のFSAが減っている
→競合している!
18
欧州LCC
LCC参入
拠点空港
ユニットコ
スト
•1985年にLCC参入
•セカンダリ空港をメイン
•他キャリアが利用しないセカンダリ空港を利用し
ているためFSAに対しコスト面での優位性がある。
19
FSAとの共存
LCCが増えてもFSA
は減少せず
共存関係にある!
20
米国と欧州の比較
欧州のLCC参入は米国に対して浅い。
米国は拠点空港にも参入しているが欧州はセカンダリ
空港のみを使用している。
米国のLCCとFSAは競合している一方で、欧州のLCCと
FSAは共存関係にある。
→LCC・FSAが競合することは必須とし、日本では高
速鉄道網が発達しているため欧州に近い欧州のモ
デルを参考にすべきである。
21
日本のLCC
LCC・FSA共に増減は
同じ傾向にあるため
共存していると言える。
22
航空旅行客の現状
日本国内のFSA・LCCを見ると増減が同調しており
共存関係にあるといえる。
日本のLCCをもっと伸ばすためには?
23
新規航路の開拓
24
新規航路の開拓
小松空港
•年間旅客数ランキングでは18位
•金沢へのアクセス手段としての利用率が高い
•地元含む周辺地域から各地へ観光旅行の際に使用されやすい
函館空港
•年間旅客ランキングでは20位
•観光資源が豊富!!
25
LCCの現状(課題)
• ディレー(遅延)が多く発生する
• 機材故障等の理由をつけてフライトをキャンセルす
る
• パイロット不足
• FSAと比べて格安のため悪いと認識される
• インターネットの利用のみの予約
26
ディレーの発生理由
定時発着率
国土交通省 航空局(H25年 10月30日) 「我が国のLCCの現状と課題」
27
LCCで遅延やフライトキャンセ
ルの
起きる理由
• 機材の故障が起こると、同じ会社内の他
の飛行機にも同じ機材が使われているた
めすべての機材の安全確認が必要となる
• 機材の故障時の代替機の準備ができない
のでどんどん遅延が増えていく
28
パイロット不足の原因
 短距離の直行便に特化している
 パイロットになるためには、時間と費用が
必要
 パイロットの高齢化問題
 経済のグローバル化による航空需要の拡大
29
短距離の直行便に特化している
 LCCパイロット
• 短距離路線で、1日に4回までの飛行が可能。
• LCCの路線は片道4時間以内の直行便が一般的。
多くの操縦士が必要となる!
30
パイロットになるために
は?
小型機操縦の訓練で2年
機体の種類に応じた、航空会社での実務的な訓練
副操縦士としての7年以上の経験を経て初めてエアラインの機長
パイロットになるためには、最低でも10年が必要
最低でも数千万円必要
31
パイロットの年齢層
32
金額に対する思考
価額が他よりも断然安
い!
しかし!!!
日本人特有の価格が安い=悪いものではないかとい
う固定観念が働いてしまう。
LCCは危険ではないかと疑念の目で見られてしまう。
しかし!決してそんなことはない!!!
33
安い=悪いではない
• 日本のLCCは古い機体ではなく新造機が使わ
れている
• JALやANAに整備業務を依頼している場合も
あり整備や保守はFSAと遜色なし
• 乗務員は経験者が多く、能力が高い
よってLCCは安い=悪いではない!!
34
LCCを定着させるには
安い=悪いという固定観念の払拭
一度も利用したことのない人が多いため、
このような考えとなる
ex) 今後、ニュースなどで良さが取り上げられれば
利用してみようと考える人が増加するのではないか
35
LCCの知名度
あなたはLCCを知っていますか?
※単一回答/20歳以上の1年に1回以上航空機を利用する人(n=1500)
36
LCCの定着率
現在の日本でLCCが定着していると感じます
か?
※単一回答/20歳以上の1年に1回以上航空機を利用する人(n=1500)
37
LCCを定着させるには
FSAとLCCの共存のために
それぞれを差別化する
差別化することにより利用者の
様々なニーズに答えていく
ex)LCCの利用者は料金の安さで選択
FSAの利用者は質の良さで選択する
38
他交通網との比較
大阪・福岡(博多)間の各交通手段の比較
交通手段
片道運賃
所要時間
新幹線
14,590円~20,980円
2時間28分
大手航空
21,900円
1時間10~15分
Peach
2,490円~17,690円
1時間10分
夜間高速バス
3,500円~9,000円
10~11時間
フェリー
6,500円~18,500円
12時間30分
39
LCC利用経験
あなたはLCCを利用したことがありますか?
※単一回答/20歳以上の1年に1回以上航空機を利用する人(n=1500)
40
LCCを定着させるには
利用料金は安くても飛行機は利用しない人が多い
バスや電車と同等の利用しやすさを実現する
→スマートフォンアプリによるLCC予約手段の拡充
41
まとめ
 FSAとLCCの共存を前提にLCC市場を拡大す
ることにより買物額・宿泊費に充てる金額
の上昇による経済効果の期待がもてる。
 新規航路の開拓によりLCC路線の拡充・ス
マートフォンアプリによる予約サービスな
どを利用した浸透を推し進める必要性があ
る。
42
まとめ
 パイロット不足は少子高齢化現象の一端のあらわ
れでもあり計画的なパイロットの確保・現役パイ
ロットの有効活用とともに航空大学校の新設/改革
による新たなパイロット獲得手段が必要ではない
かと考えられる。
43
参考文献
• 国土交通省 航空局(H25年 10月30日) 「我が国のLCCの
現状と課題」
• 住友信託銀行 調査日報 2008年7月
• LCCの台頭が日本航空市場にもたらす影響
• 格安航空会社 LCCガイド
• リサーチバンク 格安航空会社(LCC)に関する調査。LCCを使いた
くない理由、62%が「安全性に不安があるから」
• http://research.lifemedia.jp/2014/05/140521_lcc.html
• なぜパイロット不足が起きたのか?
http://www.travelvoice.jp/20140508-20851
44
参考文献
 芝柏空港
http://www.ka.shibaura-it.ac.jp/shiba-air/lcc.html
 国土交通省 平成25年度 空港別乗降客数順位(1~30位)
http://www.mlit.go.jp/common/001057758.pdf
 SKYMARK AIRLINES
http://www.skymark.co.jp/ja/
 AIR DO
http://www.airdo.jp/ap/index.html
 Solaseed Air
http://www.skynetasia.co.jp/
 SFJ
http://www.starflyer.jp/index.html
 JetStar
http://www.jetstar.com/jp/ja/home
 Spring Japan
http://j.springairlines.com/jp
 Peach
http://www.flypeach.com/jp/ja-jp/homeJP.aspx
45

similar documents