観念論について バークリ(1685~1753) 物質否定論→観念論 1709年

Report
観念論について
バークリ(1685~1753)
物質否定論→観念論

1709年 『視覚新論』記号としての世界

1710年 『原理』

1713年 『対話』

1732年 『アルシフロン』

対話

記号としての世界
神の存在証明

神の存在証明

『宇宙論的証明』
動かすものの第一原因たる神
例
アリストテレス『不動の動者』
トマス・アクィナス

『存在論的証明』
それより大きいものが考えられないもの
例 アンセルムス『プロスロギオン』
『アルシフロン』の第4対話

別の神の存在証明

魂が働いた結果としての身体のある在り方

感覚では知覚できないものの存在を直接知覚されるものから
推論できる(例 人の動きから他人の心の存在を推論する。)

知覚される身体の在り方から知覚できないものを推論する‥
このような身体の在り方は『記号』である。
『記号』を通して原因を推論できる。


この世界の驚嘆すべき構造や働きを『記号』とみるとそこには
神が推論できる。
さて、そもそも本当に『他人の心』は存在するといえる
のか?
バークリの論法

他人の心は存在する‥言語を使用するから

神も言語を使用する。‥視覚が神の言語である。
視覚と記号の類似性


記号は表示すべきものと似ていない。必然的な結
びつきはない。
視覚も
遠いものと近いものが区別がつくのは経験的に知っ
ているからであって必然的な結びつきはない。


形についても。『モリニュー問題』
(ヒュームの因果性についての議論を先取りしてい
る。)
現代の心の哲学

ギルバート・ライル 1949 『心の概念』
心の哲学の古典の一つ
身体のある在り方が心のあり方として捉えられる
『原理』



りんご‥色、形、味、香りといった知覚の集合体
知覚の対象のすべてを『観念(アイディア)』と呼ぶ
。
観念の寄せ集めであるりんごも観念。
『対話』

熱

非常に熱い→痛みとして感じる→心の中にある

非常に冷たいもそう。

適度なら→心地好さを感じる→心の中にある
→ものの性質と思っているものも心の中にあるもの
であり『観念』とよばれているものである。
『快苦との同一視による議論』
『対話』


熱
同じ熱でも熱い手には冷たく、冷たい手には熱く感
じられる。同じものが状況に対して相対的に異なる
仕方で知覚される。
『相対性からの議論』
『対話』


ピンが指に刺されば結果としての痛みはピンでは
なく心の中にある。
火の場合も熱さは結果であり心の中にある。
『因果関係からの議論』
存在することは知覚されることである

観念としての物(可感的なもの)は知覚されている
ときしか存在しない。
『存在することは知覚されることである』
エッセ・イズ・ぺルキピー

存在する‥ラテン語でエッセ

知覚されること‥ラテン語でぺルキピー
抽象観念説批判

ロック 抽象観念(一般観念)の存在を認める。
–

ミルクの白さの観念だけを分離して取り出せる。
バークリーの批判、色は形を伴ってしか現れない。
三角形にしても鋭角でも鈍角でも直角でもない三角
形を考えることはできない。抽象観念はない。

可感的な物が知覚されていなくと存在するというこ
とはあるはずのない抽象観念を認めることになる。

存在することと知覚されることは切り離せない
観念論


心以外のすべてが心の中にある。
観念である可感的なものを知覚能力のない物質が
持つというのはおかしい。
物質についてのそれまでの捉え方

知覚している観念と似た物質が存在する
→バークリの批判『似たもの原理』
それは観念である。
観念に似たものを考えたらそれは観念以外にはな
い。
物質についてのそれまでの捉え方
ロックの物質肯定論
物質は色や味等の二次性質は持っていないが
形や大きさなどの一次性質は持っている。
→バークリの批判 形や大きさなどの一次性質だけを
持ち色などはもたない物質は想像できない。観念で
ある色と切り離せないこれら一次性質も心の中にあ
ることになる。そもそも形や大きさは『相対性の議論
』によって観念である。
マスター・アーギュメント

誰も知覚していないのに存在している木を想像す
ることはできる
→バークリの批判 それを知覚しているのはあなた
自身ではないか。
どんな物質でも心と関係なく存在するものとして考え
ようとしても、それを考える人の心が知覚する観念
でしかない。(『マスター・アーギュメント』)
因果関係

知覚に原因・結果の関係は成り立たない。
観念はすべて活動性を持たない。

人間の心は想像の観念の原因になりうる。


例 花を思い浮かべる
一方五感でじかに知覚している観念「感覚の観念」
は作り出すことができない。

それらには規則性がある。

神が心の中に感覚の観念を生み出してくれている。

観念同士には因果関係ではなく記号関係的な規則がいきわ
たっている。
観念同士の記号関係的な規則
1.日差しがあるところに身体を移動させると身体が温
まる。
2.何度も経験する
3.光の観念が暖かさの観念の記号として働くようにな
る。
こういった規則が『自然法則』
観念論の系譜

バークリ(1685-1753)

ヒューム(1711-1776) 独断のまどろみ

カント(1724-1804) 超越論的観念論、物自体を認めてい
る

フィヒテ(1762-1814) 物自体を批判

ヘーゲル(1770-1831)

シェリング(1775-1854)


シューペンハウアー(1788-1860)『意志と表層としての世
界』
マッハ(1838-1916)『感覚の分析』
観念論の系譜2
ポパー(1902-1994)によるバークリ再評価
リチャード・ローティ(1931-) 言語論的観念論者
バークリの観念論の批判的検討
ロックの物質肯定論
•
物は一次性質(形や大きさ)だけを持つ
•
一次性質だけを持つ物そのものが感覚器官に働
きかけて熱や色などの観念が心の中に作り出さ
れる。
•
物はそれ自身は一次性質しか持っていないがわ
れわれの感覚器官に作用して観念を心の中に生
み出す能力を持っている。(二次性質)
•
物は感覚器官以外にも作用して一次性質を変更
する『能力』も持っている。(例 太陽の光がロウ
を溶かす)
ロックの物質肯定論
•
『人間知性論』(1689)
–
心が知覚していない観念は存在しない。
–
心はもともと『白紙』の状態で人は生まれてくる
(『タブラ・ラサ』)
•
人間は生得的な知識はもとよりその材料となる『
生得観念』も持っていない。
•
観念は知覚されていないとき存在するのをやめる
‥やはり『エッセ・イズ・ぺルキピー』
ロックの三項関係的枠組み
17世紀の粒子仮説
•
日常的な物‥色のついたテーブル 『経験的対象
』
•
物そのもの‥一次的性質だけを持つ
•
経験的対象は物そのものが我々の感覚器官を刺
激した結果として心の中で知覚されるものである
。→日常的な物は心の内なる『観念』‥『実体の
複合観念』
ロックの『実体の複合観念』
•
知覚されているものは皆観念。
•
観念には単純なもの(例、一様な色)と複合的な
もの(色の組み合わせや形などとの組み合わせ)
がある。
•
複合観念は単純観念の組み合わせ
•
日常、『それ自身で存在している』と考えているも
の(例 テーブル)を『実体』と呼ぶ。
ロックの『様態の複合観念』
•
『三角形』などの物の在りかたは、まず物が存在
していてその在り方としてのみ存在している。
‥『様態』
•
三角形は三つの辺からなる。→複合的
–
三角形は複合的
ロックの『関係の複合観念』
•
親子関係
ロックの三項関係的枠組み
•
日常、物と思っているものや物の持っている性質
、それらの関係は複合観念として心の中にある。
物そのものの導入によって日常の経験的対象は心の
中で知覚される観念となる。この物そのものと観
念と心の関係を『三項関係的枠組み』と呼ぶ。
•
経験的対象の示す様々な現象を考察するために
新たに物そのものを導入し、経験的対象は観念
として位置づけ直された。
バークリの批判的検討
•
バークリの批判は知覚できない物そのものの導
入についての批判だった。
–
しかし、その直接知覚されないものを認めないとす
ると電子やニュートリノのようなものを説として認め
るべきではなくなる。。
•
ロックは物そのもの-観念-心
•
バークリは観念-心
両者とも経験的対象を観念として扱う点は同じ。
バークリの批判的検討1
•
ロックの三項的枠組みでは経験的対象を心の中
の観念として扱えたのは物そのものを導入したか
らであり、観念という考えの前提に心の外にある
物そのものがある。
バークリの批判的検討1
『快苦との同一視による議論』
•
程度の高い熱さは痛みとして感じられる、痛みは心の中
–
心の中と心の外という区別を使っている。
『相対性の議論』‥
•
片方の手を温め、もう一方は冷やし、同時にぬるま湯に
つける
–
•
ぬるま湯、手は心の外にあるという区別を使ってい
る
バークリの結論ではすべて心の中にあるということにな
る‥前提されていることが結論で否定されている。
バークリの批判的検討2
•
ロックの説をバークリは心象的観念理解に基づい
て批判しているが、ロックの観念は心象的ではな
く概念的な思考に基づいている。
参考文献

「観念論ってなに?オックスフォードより愛をこめて
」富田恭彦

similar documents