枠組壁工法

Report
枠組壁工法
(ツーバイフォー工法)
図解「建築の構造と構法」
72~79ページ
必携「建築資料」
22~23ページ
1
枠組壁工法の名称と歴史(1)
「バルーン・フレーム工法」:
約150年前に北米の開拓民が 釘打ちだけ
で簡便に木造住宅を建てる工法として考案
← 風船を膨らませるくらい簡単
「プラットフォーム工法」:第2次世界大戦後
に急増する住宅需要に対応するため,材料
や施工方法を標準化し,職人を養成した
←各階の床面で壁パネル等を製作する
2
枠組壁工法の名称と歴史(2)
「ウッド・フレーム・コンストラクション」:
北米の正式名称
「ツーバイフォー工法」:
2インチ×4インチ材(204)が主役となるため
に付いた俗称
「枠組壁工法」:
1974年日本で認められた時の正式名称
年間約10万棟建てられ木造住宅の約20%
3
枠組壁工法の特徴
(1) 北米の標準材(2×4材等)を輸入して使用
(2) 接合部は太め釘(CN釘)や金物で緊結
「ほぞ」や「ほぞ穴」は使わない
(3) 各階の床組(プラットフォーム)を先行させる
(4) 施工方法が標準化されているので工期が早い
(5) 柱のない壁式なので耐震性・気密性が優れる
(6) 断熱材で覆うため断熱性・耐火性に優れる
4
構成
屋根パネル
床パネル
壁パネル
5
枠組壁工法の構成
必携建築資料
がわねだ
はしねだ
がわねだ
はしねだ
6
標準化された壁枠組図の例
開口の寸法
7
壁枠組図の記入方法
開口の高さ
まぐさ: 2-208
腰壁の高さ
8
標準化された壁軸組図の例
たて枠の記号
9
樹種と製材の等級と寸法
ツーバイフォー
ツーバイエイト
フォーバイフォー
204:2×4, 208: 2×8, 404: 4×4
1 インチ=25.4 mm
10
面材の種類と使用箇所
×
11
枠組壁工法の釘とネジ
12
基礎と土台,1階床
404
89×89
床は
側根太+床根太+下張板
210
38×235
13
土台と根太の取付け
14
1階の床と壁
構造用合板
厚さ12mm
開口部は
窓台+まぐさ受け+まぐさ
壁は
下枠+たて枠+上枠
+構造用合板
204
38×89
15
床面材の張付け
16
壁パネルの建込み
17
壁パネルの建入れ直し
18
2階の床
構造用合板
厚さ12mm
210
38×235
19
2階の床面パネルの敷込み
20
2階の壁枠と面材
21
2階の壁パネルの建込み
プラットフォーム
22
屋根の小屋組
23
小屋組パネルの架設
トラス方式の屋根
24
屋根の下張り
25
釘の打ち方と表示方法
26
接合金物
27
1階床の構成
28
2階床の構成
29
隅柱の構成
30
隅角部の構成
31
上枠・下枠の継手
32
開口部とまぐさの構成
33
外壁の構成
34
小屋組の方式
35
小屋組の方式(2)
36
屋根の構成
37
大断面集成材構造の構成
基礎はRC造
38
大断面集成材の耐火性能
39
大断面集成材構造の架構形式
40
大断面集成材構造の接合方式
ピン接合
41
大断面集成材構造の接合方式
ピン支点
基礎はRC造
42

similar documents