注意すべき感染症とその対策 - 朝倉介護保険事業者協議会

Report
注意すべき感染症と
その対策
感染症の成立
よく問題となる感染症
<接触感染>*経口感染も含む
 感染性胃腸炎(ノロウイルス、腸管出血性大腸菌等)
 疥癬
 MRSA
<飛沫感染>
 インフルエンザ
<空気感染>
 結核
<血液を介した感染>
 HBV・HCV
 HIV
総合的な感染予防策
感染予防策の基本は標準予防策の徹底です!
接触予防策
飛沫予防策
標準予防策
空気予防策
標準予防策とは?

すべての目視できる湿性の血液、体液、分泌物、創
傷のある皮膚・粘膜等は、感染の可能性があるもの
として取り扱う。
具体的には・・・
必要に応じ、手洗い・手袋・ガウン・マスク・ゴーグ
ルの着用、針刺し事故防止対策、感染性リネン・感
染性廃棄物等の取り扱いをすべての対象者にすべ
ての職員が適正に行う。
すべての湿性生体物質は感染性あり
血液
体液
HIV、B・C型肝炎ウイルスなど
喀痰
結核菌、インフルエンザウイルスなど
便
O157, ノロウイルスなど
膿
MRSA、緑膿菌など
尿
大腸菌、緑膿菌など
標準予防策の基本








日常及び定期的な清掃
手洗い/手指衛生の励行と手袋の着用
呼吸器の防護:マスクの着用
眼の防護:フェースシールド、ゴーグルの着用
ガウンや防護服、キャップの着用
ケアに用いられる器具
リネンや洗濯物の管理
皿、コップ、グラス、その他の食器の管理
手指衛生



「1ケア1手洗い」、「ケア前後の手洗い」
目的
・患者を医療・介護従事者の手指を介した感染から守る。
・医療・介護従事者を未同定の病原体から守る。
手指衛生
・手洗い:普通石けんと流水による物理的な手洗い
・手指消毒:手指洗浄消毒液と流水で洗浄消毒する
ことまたは、擦式手指消毒薬で消毒すること
手洗いと手指消毒の比較
手洗い方法
流水と石けん*
擦式消毒法
洗浄消毒法
洗浄消毒剤
界面活性剤
アルコール+消毒
剤
界面活性剤+消毒
剤
除菌又は殺菌機序
物理的洗浄
消毒剤の殺菌効果
物理的洗浄と消毒
剤による殺菌効果
汚れ・有機物の除
去
可能
不可能
可能
通過菌
物理的除去
殺菌作用
物理的除去と殺菌
作用
常在菌
除去されない
一部殺菌される
一部殺菌される
*石けん:医薬部外品の薬用石けんや薬用ハンドソープを含む。
親指のまわり、指先、指のあいだは要注意!
日本環境感染学会監修 病院感染マニュアル(2001)
手洗いの順序
①
②
③
手掌を合わせて良く洗う
手掌で手の甲を洗う
指先・爪の間を入念に洗う
④
⑤
⑥
指の間を入念に洗う
親指と手掌のねじり洗いを
する
手首も忘れずに洗う
速乾性すり込み式手指消毒剤の正しい使用法


手が有機物で汚染されていない状態で使用する。原
則として、液体石けんと流水による手洗いの後、手
を十分に乾燥させた後に使用する。
十分な量(約3mL)を取り、摩擦熱が出るまでよくす
り込む。
主な速乾性すり込み式手指消毒剤
主な販売名
ウェルパス
消毒剤
0.2%塩化ベンザルコニウムと消毒用エタノール
ヒビソフト
0.2%グルコン酸クロルヘキシジンと消毒用エタノール
イソジンパーム
0.5%ポピドンヨードと消毒用エタノール
手袋の使用と交換の目安
処置など
採血時
注射時
普通シリンジ+スピッツ管
必要
必ずしも必
要でない
○
交換の目安
汚染時等
真空採血管へ直接
○
-
通常の筋注・静注
○
-
エラスタ針・サーフロ針等
○
患者ごと
創の処置
○
患者ごと
口腔ケア・吸引
○
患者ごと
失禁患者の清拭
○
患者ごと
排便の
介助
ささえるだけ
排泄物に触れる可能性があるとき
○
-
○
1回ごと
採尿パックの取り扱い
○
1回ごと
清掃時、こぼれた血液・体液・排泄物の取り扱い
○
清掃ごと
ケア時の手袋の交換タイミング




原則は介護時、対象者ごとに交換する。
血液・体液・排泄物が付着し、他の部位を汚
染させる可能性があるときは処置ごとに交換
する。
処置中に手袋の破損に気づいたら交換する。
長時間使用し、手に汗をかいたときに交換す
る。
手袋を外した後にも手を洗うのはなぜ?



汗をかいて、手袋内で微生物が増殖している
可能性がある。
手袋にピンホールがある可能性がある。
手袋を外すときに血液・体液・排泄物が手に
つく可能性がある。
ノロウイルス
<特徴>
 幅広い年齢層に、感染性胃腸炎を起こすウイルス
 年間を通じて発生するが、特に冬季に多発
 10~100個という少量で感染が起こる。
(患者の便や嘔吐物には1グラムあたり100万か
ら10億個もの大量のウイルスが含まれる。)
ノロウイルスの流行
地方衛生研究所でノロウイルスが原因と確認されたもの
昨冬流行のノロ、新型ウイルス…国立感染症研究所
(2007年9月12日 読売新聞)
昨冬、全国で猛威をふるったノロウイルスは、過去に流行したタ
イプに比べ、外殻の構造が大きく変化した新型ウイルスだったこ
とを、国立感染症研究所病原体ゲノム解析研究センターが突き
止めた。形を変えることで、同センターは「大流行の一因になった
可能性がある」としている。ノロウイルスは「G1」と「G2」に大別さ
れ、さらに細かい型が30以上ある。2006年以降は、このうち「G
24」が流行の中心になっている。同センターは、昨年5月から今
年1月にかけて各地の地方衛生研究所が患者から採取したG24
のウイルス37株の遺伝子配列を詳細に解析した。その結果、同
じG24でも、国内で過去に検出報告があったタイプは1株だけ。
残りは、欧州や香港などで日本よりやや早くから流行していた
「ヨーロッパ2006b」が33株、「ヨーロッパ2006a」が3株だった。
「2006b」の外殻を作るたんぱく質の立体構造をコンピューター
で推定すると、過去の流行株とは大幅に変わっていた。
ノロウイルスの感染経路
① ノロウイルスを含有したカキなどの二枚貝を、十分
に加熱しないで食べることにより感染する。
② ノロウイルスに感染した人が、十分に手洗いを行
わずウイルスが手についたまま調理をすると、食
品が汚染され、その食品を食べることにより感染
する。
③ ノロウイルスに感染した人の便や嘔吐物を処理し
た後、手についたウイルスや、不適切な処理で
残ったウイルスが、口から取り込まれ感染する。
ノロウイルスの感染サイクル
塵埃感染(dust infection)の可能性

1998年12月、あるレストランで発生した感染性胃
腸炎の集団発生。食事をしている一人がテーブルで
嘔吐し、同日同所で食事をしていた人126人中52
人が48時間以内に発症。嘔吐した人から離れた
テーブルでも感染者が出ている一方、同じレストラン
の別の部屋(区分けされた)で同じ日に食事をした
人は全く発症しなかった。嘔吐した人からかなり遠く
に座っていた人も感染したこと、嘔吐した客が座って
いた場所は他の利用客の動線上にはないこと、な
どから、空気感染の経路が伝播経路として最も相応
しいことを示唆する。
Marks PJ らによる報告
ノロウイルス感染症の症状


潜伏期:24~48時間
症状:下痢、吐き気、嘔吐、腹痛、発熱などで、通常
3日以内に回復するが、ウイルスは感染してから1
週間程度(長い場合は1ヶ月)便中に排泄される。
*高齢者では、吐物が誤って気管に入り誤嚥性肺炎
を起こしたり、のどに詰まって窒息することがある。
*感染しても症状が出ない人もいるが、便中にはウイ
ルスが排泄されている。
ノロウイルスの消毒方法
① 他の微生物などと比べると熱に強く、85℃
で1分以上の加熱が必要。
② 逆性石けん、アルコールの消毒効果は十分
ではない。塩素系漂白剤の次亜塩素酸ナト
リウムは効果がある。
平常時のノロウイルス対策
標準予防策の実施!
*正しい手洗いの実行が大切
(手袋を脱いだ後の手洗いも忘れずに)
*入所者(通所者)の便や嘔吐物などを処理する
ときは、使い捨て手袋を着用することが必要。
おむつの処理の場合も同様。手袋のほか、予
防衣、マスクをつける。
ノロウイルスへ発生時の対応
 原則個室管理だが、同病者の集団隔離も検討。
 次亜塩素酸ナトリウムを用いた消毒の徹底。
 入所者・職員の健康管理。
 保健所・医療機関への相談、対応検討。
 リネン類を介した感染の防止。
 面会者の制限。
 入所者・家族への情報提供。
*どれだけ早く発見できるかが鍵。
日常の入所者・職員の健康管理の徹底を。
ノロウイルスは、少量でも発症するので排泄物
や嘔吐物は迅速かつ確実に処理してください!
 排泄物や嘔吐物が付着した床、衣類、トイレなどを消毒する場合
①感染しないよう、使い捨て手袋、マスク、エプロンを着用する。
②使い捨ての布等を使用し、0.1%次亜塩素酸ナトリウムで浸す
ように拭く。
③使用した布等は床に置かず、すぐにビニール袋に密閉して処分
する。
④処置後、手袋を外して手洗いをおこなう。
 直接手が触れる手すりやトイレのドアノブ等を消毒する場合
0.02%次亜塩素酸ナトリウム消毒液で清拭。
モニタリングの重要性
行政への報告
<報告が必要な場合>
ア、 同一の感染症や食中毒による、またはそれらが
疑われる死亡者・重篤患者が1週間以内に2名以
上発生した場合。
イ、 同一の感染症や食中毒の患者、またはそれらが
疑われる者が10名以上又は全利用者の半数以上
発生した場合*。 *累積ではない。
ウ、 通常の発生動向を上回る感染症等の発生が疑
われ、特に施設長が報告を必要と認めた場合
厚生労働省通知
「社会福祉施設等における感染症等発生時に関わる報告について」
インフルエンザ
(感染経路) 主に飛沫感染
(流行時期) 例年12月~3月下旬
(潜伏期間) 通常1~3日
(症状)
急激な発熱で発症。
呼吸器症状に加え、全身症状も強い。
(診断) 迅速診断キットが普及
(治療) 抗インフルエンザウイルス薬
(予防) ワクチンの接種
飛沫感染と飛沫核感染(空気感染)


飛沫感染
飛沫感染の原因となる粒子が5マイクロメートル以上と大きく
重い微粒子で、3feet(約1m)未満までしか到達しないものを
いう。咳やくしゃみで放出された体液の飛沫が病原体を含ん
でいて、これが他人の粘膜に付着することで感染が成立す
る。インフルエンザ等がこの形式をとる。
飛沫核感染(空気感染)
飛沫として空気中に飛散した病原体が、空気中で飛沫の水
分が蒸発して5マイクロメートル以下の軽い微粒子(飛沫核)
となっても病原性を保ったまま、単体で3feet以上浮遊するも
の。 麻疹・結核等がこの形式で伝染する。
飛沫と飛沫核
飛沫
直径5μm以上
●
水分
蒸発
飛沫核
直径5μm以下
●
飛沫感染と飛沫核感染(空気感染)
飛沫
水分
サージカルマスク
飛沫核
N95マスク
咳、くしゃみ、会話に含まれる飛沫量



くしゃみ 1,940,000 個
咳
900,765 個1
5分間の会話でも、咳と同じ程度の飛沫を発
生させる。2
1Gerone
PJ et al. Bacteriol Rev 1966;30:576-88 (taken from Viral Infections of Humans, and
numbers in text were possibly wrong, but they make the point)
2Bates
JH, Stead WW. Med Clin NA 1993;77:2105-17.
インフルエンザ流行曲線
小児と高齢者への影響(インフルエンザ)
高齢者におけるインフルエンザワクチンの効果
60
49.6
50
40
32.6
ワクチン接種
未接種
30
20
9.8
4.7
10
0
37.5度以上
死亡者数
65歳以上、および60-64歳で基礎疾患のある人は、
予防接種法による定期接種の対象
インフルエンザへの対応
【平常時の対応】
インフルエンザウイルスは感染力が非常に強いこ
とから、できるだけウイルスが施設内に持ち込まれ
ないようにすることが基本
*施設従事者が最も施設にウイルスを持ち込む可
能性が高い集団であり、かつ、高危険群にも密接に
接する集団であることを認識する
インフルエンザ対策
【ウイルス施設内への持ち込み防止のポイント】
 入所者・通所者の健康状態の把握
 入所者・通所者へのワクチン接種及び一般的な予
防の実態
 施設に出入りするヒトの把握と健康管理
 施設の衛生の確保、加湿器等の整備
「インフルエンザ施設内感染予防の手引き」より
*地域におけるインフルエンザ流行状況の把握を。
インフルエンザへの対応
【発生時の対応】
① 原則個室管理。同病者の集団隔離とする場合も。
② 隔離できないときは、ベッド間隔を2m以上あける。
カーテンなどの障壁
③ 特殊な空調は必要ない。
④ ケア時はマスク(外科用)を着用する。
⑤ 手洗い・うがいの徹底。
*患者が高齢者等の高危険群である場合、肺炎等を合併した場合、
重症化する可能性があるので、施設内での治療とともに、状況に
応じて医療機関への入院も検討する。(関連医療機関の確保)
結核について
結核菌を吸い込む
ことによってうつる
感染症
・表面はロウ状の物質でできた
丈夫な膜で覆われている
・発育が遅い
1回の分裂に10~15時間かか
る
・直射日光には弱いが、冷暗所で
は3~4か月生存可能
0.3~0.6μm
1~4μm
結核菌

感染経路:空気感染(飛沫核感染)
感染予防上、問題となるのは肺結核が主。
 症状
①呼吸器症状:咳と痰、時に血痰
②全身症状:発熱(微熱)、体重減少、倦怠感
*高齢者では、全身の衰弱、食欲不振などの症状
が主となり、呼吸器症状を示さない場合も多い。
*高齢者では過去に結核にかかったことがある者が、
結核を発病するケースが目立つ。
(体力・免疫力の低下による)

結核の世界と日本の状況
【世界の状況】
約20億人が感染
毎年880万人が新たに発症
【日本の状況】
日本は中蔓延国 (わが国最大の感染症)
全国 新規登録者(H17) 28,319人
福岡県 新規登録者(H17) 1,123人
※原因のひとつとして結核は過去の病気と思いこみ症状が現れても
本人も医師も気づかず受診や診断が遅れるケースが多いためです。
結核登録者の年齢構成(管内の状況)
6%
12%
34%
24%
24%
30~39歳
50~59歳
60~69歳
70~79歳
80歳以上
H17 朝倉保健福祉事務所
感染と発病の違い
*感染しても必ず発病するものではない。
結核菌に暴露
(200人)
非感染
(100人)
ツベルクリン反応:感染の予測
胸部レントゲン:発病の有無の確認
感染
(100人)
非発病
(95人)
一次結核
晩期発病
(5人)
二次結核
発病
(5人)
一次結核(ほとんどが2年以内)
<ある200人の群が結核菌に暴露した後にたどる経過の1例>
予防対策(皆さんができること)

感染源を見逃さない。
・早期に結核を疑うことができるかが鍵

採用時健診・定期健康診断の徹底
(胸部X線検査、ツベルクリン反応)
・感染源にならないように
・接触者となった場合の的確な感染者の把握

感染対策委員会の設置。啓発教育。
結核菌感染症への対応
【平常時の対応】
・対象者が結核でないことを確認する。年に1度は、
胸部レントゲン検査を行って、結核に感染していな
いことを確認する。
【発生時の対応】
・ 診断した医師は直ちに保健所へ届け出。
・ 排菌者は、結核専門医療機関への入院が必要。
・ 患者にはサージカルマスク、職員はN95マスクの
着用が必要。(個室へ隔離)
* 保健所等からの指示に従った対応
結核を発病しやすい人
★糖尿病の人
★胃切除をした人
★副腎皮質ホルモン剤の治療を受けている人
★最近、感染を受けた人
★人工透析を受けている人
★悪性腫瘍がある人
「結核」を知ることが予防への第一歩です
あと・・・
BCG予防接種は一生に一回だけの機会です。
生後6ヶ月までに受けさせましょう。
結核と感染症法
結核は2類感染症に分類(第6条)
 診断した医師は、直ちに最寄りの保健所長を経由して都道
府県知事へ届け出る(第12条)
 勧告入院(第19条・20条)
 入院患者(勧告・措置)の医療(第37条)
 結核患者の医療(第37条の2)
 病院の管理者は、結核患者が入院もしくは退院した場合に
は7日以内に最寄りの保健所長に届け出る(第53条の11)
 接触者検診(第17条)
など

接触者検診
(ツベルクリン反応と胸部X線写真)

自覚症状発症から受診までの期間が長い排菌患者は、
周囲へ感染させた危険性が高い。
感染危険度数=最大ガフキー号数×咳の持続期間(月)
10以上:最重要
0.1~9.9:重要
0及び肺外結核:その他
*ランク、接触の程度、年齢等に応じた対応を保健所で検討

予防内服について
・結核に感染した者に対して、発病を防止する目的で抗
結核薬(通常INH単独投与)投与すること。
・感染が明らかな者にINHを投与すると、投与中のみな
らず、その後も結核発病を1/2~1/5程度に抑えること
ができる。
QFT検査について
(ツベルクリン反応の問題点)
BCGや非結核性抗酸菌に含まれる抗原を含む
ため、BCG接種や非結核性抗酸菌によっても陽性
となり、特異度が低い。
(QFT検査)
・結核菌には存在し、BCGには存在しない結核特異
抗原のESAT-6とCFP-10を用いた診断キット。
・採取した血液にESAT-6とCFP-10などを添加し、
一晩培養した後、免疫細胞から産生されたIFN-γを
測定する。
BCGの影響を受けない

similar documents