ヘルスプロモーション

Report
若者の性
性感染症・ HIV/AIDS ・中絶
統計から読み取りたいこと
初交経験率
%
50
2005 男
44.3
2005 女
40
35.7
30
26.4
23.5
20
14.6
9.8
12.3
10
5.1
0
0.9
0.4
中1
1.4
中2
4.3
中3
高1
高2
高3
2005年調査 児童・生徒の性 東京都小学校・中学校・高等学校の性意識・性行動に関する調査報告 学校図書、2005、東京
セックスが普通のことになった
罹患率
(/1000人)
クラミジア(1000人・年対罹患率)
15
12.5
男
女
50-
55-
10
5
0
10-
15-
20-
25-
30-
35-
40-
45-
60-
65- 年代
熊本悦明、他:日本における性感染症(STD)サーベイランスー2001年度調査報告ー、
日本性感染症学会誌 13:147-167,2002
罹患率
(/1000人)
クラミジア(1000人・年対罹患率)
20
男
女
15.0
15
13.6
14.2
14.5
12.1
10
9.0
6.0
5
2.3
0
0.0
12
0.2
13
0.5
14
15
16
17
18
19
20
21
22
年齢
熊本悦明、他:日本における性感染症(STD)サーベイランスー2001年度調査報告ー
日本性感染症学会誌 13:147-167,2002
性感染症は拡がっている
人
1200
HIV感染者・AIDS患者報告数
(年間)
HIV感染者
AIDS患者
1000
800
600
400
200
0
-1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 年
エイズは着実に浸透している
クラミジア(10万人・年対罹患率)
罹患男女比
100%
90%
80%
70%
60%
50%
40%
30%
20%
10%
若年者で女性が多い
↓
一対一で感染
女性の方が感染しやすい
↓
年配者は男性が多い
一対一なら女性が増える!
↓
多数相手で感染
0%
10-
15-
20-
25-
30-
35-
40-
女
男
45-
50-
55-
60-
熊本悦明、他:日本における性感染症(STD)サーベイランスー2001年度調査報告ー、日本性感染症学会誌 13:147-167,2002
65-
異性間性的接触で感染した
日本国籍HIV感染者男女比
100%
90%
80%
70%
60%
50%
40%
30%
20%
10%
0%
15-
20-
25-
30-
35-
40女
45男
50-
55-
60年代
性感染症は
特定のパートナー間で
拡がっている
それを裏付けるように
4.00
献血・妊婦HIV抗体検査陽性率
HIV(+)/献血10万人
3.76
HIV妊婦/出生10万人
3.50
3.00
2.50
2.06
2.00
1.50
1.00
0.50
0.00
1987 1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007
コンドームをしない人が
危ない
しかし・・・・・
件/人口1000人
15.0
都道府県別10代妊娠中絶率
(2006年度)
13.5
13.7
11.7
12.0
8.7
9.0
6.0
5.4
4.2
3.5
3.0
0.0
北青岩宮秋山福茨栃群埼千東神新富石福山長岐静愛三滋京大兵奈和鳥島岡広山徳香愛高福佐長熊大宮鹿沖全
海森手城田形島城木馬玉葉京奈潟山川井梨野阜岡知重賀都阪庫良歌取根山島口島川媛知岡賀崎本分崎児縄国
道
川
山
島
日本家族計画協会クリニック 北村邦夫先生提供
件/人口1000人
18.0
16.0
都道府県別10代妊娠中絶率
(2005年度)
15.2
14.6
15.9
15.1
14.0
12.0
9.4
10.0
8.0
6.4
6.0
6.6
6.2
4.9
4.0
2.0
0.0
北青岩宮秋山福茨栃群埼千東神新富石福山長岐静愛三滋京大兵奈和鳥島岡広山徳香愛高福佐長熊大宮鹿沖全
海森手城田形島城木馬玉葉京奈潟山川井梨野阜岡知重賀都阪庫良歌取根山島口島川媛知岡賀崎本分崎児縄国
道
川
山
島
日本家族計画協会クリニック 北村邦夫先生提供
都道府県別10代妊娠中絶率
(2003年度)
件/人口1000人
25.0
21.3
20.0
18.9
18.6
10代の
出産が多い
18.0
15.0
12.0 11.9
10.0
7.3
7.3
6.3
6.3
5.8
5.0
0.0
北青岩宮秋山福茨栃群埼千東神新富石福山長岐静愛三滋京大兵奈和鳥島岡広山徳香愛高福佐長熊大宮鹿沖全
海森手城田形島城木馬玉葉京奈潟山川井梨野阜岡知重賀都阪庫良歌取根山島口島川媛知岡賀崎本分崎児縄国
道
川
山
島
日本家族計画協会クリニック 北村邦夫先生提供
妊娠に気がつけない
若者たちが増えている
日本のエイズ対策は
成功した???
日本国籍AIDS患者の状況
人
(感染に気がつかない人たちは)
160
140
120
100
80
60
40
20
AIDS
1985年
AIDS(同性間・男)
松本パニック
1987年1月
1987年2月 (異性間・男)
AIDS(異性間・女)
1994年
(外国籍女性HIV感染判明)
神戸パニック
高知パニック
国際エイズ会議
AIDS
(日本国籍女性エイズ患者)
(HIV感染妊婦)
横浜開催
(同性間・男)横ばいの
スタートは
5~10年前
AIDS
(異性間・女)
AIDS(異性間・男)
6~7年
横ばい
0
1985 1986 1987 1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006
異性間のエイズは横ばい
同性間のエイズは右肩上がり
日本国籍女性HIV/AIDS数
60
HIV
50
AIDS
40
30
20
10
0
1985 1986 1987 1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006
なぜ?????
確かに、
日本国籍の女性は
横ばいか微増
日本国籍女性HIV/AIDS累積数
900
800
700
AIDS
HIV
HIV/AIDS
合わせて
800人超
600
500
400
300
200
100
0
1985 1986 1987 1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006
異性間感染拡大の実際
女→男
1/1000回
男→女
1/100回
ありえない
HIV感染
女性
男性
パートナー数
HIV感染
男性
女性
パートナー数
HIV感染
女性
1,000
1
10
100
1,000
1
10
100
1,000
1
10
100
1,000
0
1
100
10,000
一方で
日本国籍男性HIV/AIDS患者(単年度)
600
人
500
HIV(異性間)
HIV(同性間)
AIDS(異性間)
AIDS(同性間)
400
300
200
100
0
1985 1986 1987 1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005
同性間性的接触で感染した
日本国籍HIV感染者(男)
250
-19
20-
30-
40-
50-
60-
200
150
20代、30代の
HIV感染が急増
100
50
0
1985 1986 1987 1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005
同性間対策
それも若者対策が急務
一方で
~19歳の人工妊娠中絶率
(対人口千人)
平成18年度
望まない妊娠が
20歳未満中絶件数
減っているのは、
27,367 件
若者たちが
(前年比2,752件減)
セックスを
しなくなったから?
この状況をどう読みますか?
携帯サイト利用者のコンドーム使用状況
0%
20%
40%
60%
2005
100%
39.8
2007
毎回使用する
80%
23.7
4回に3回は使用
半分くらい使用
4回に1回程度
使わない
件/人口1000人
3.0
~19歳の人工妊娠中絶率
(2006年-2005年比)
2.2
2.0
1.0
0.5
0.9
0.8
0.2
0.0
-1.0
-0.7
-2.0
-3.0
-4.0
-5.0
-6.0
-4.9
北青岩宮秋山福茨栃群埼千東
京大
東神 新 富 石 福 山 長 岐 静
静愛 三 滋 京
大兵 奈 和 鳥 島 岡 広 山 徳 香 愛 高 福 佐
佐長熊大宮鹿沖全
海森手城田形島城木馬玉葉京
奈
潟
山
川
井
梨
野
阜
岡
知
重
賀
都
阪
庫
良
歌
取
根
山
島
口
島
川
媛
知
岡
賀
都阪
京
岡
賀崎本分崎児縄国
道
川
山
島
~19歳の人工妊娠中絶率
(2001年比)
100.0
90.0
80.0
北海道
70.0
山形
群馬
60.0
東京
福岡
50.0
全国
40.0
30.0
2001
2002
2003
2004
2005
2006

similar documents