企画シート - NIKKEIBP Blog

Report
Company
仕事、仕事で30歳になっちゃいそう…
Logo 問題意識
(24歳・女性)
幸せ?一日中寝れる日が一番幸せかな…
(23歳・女性)
お金の使い道がないんですよ。
(20代・男性)
あ~~!ドキドキしたい!
(27歳・女性)
Company
Logo
現代のハレとケ
-サプライズデートというソリューション-
早稲田大学商学部井上達彦ゼミナール
Team Moccoro
相原一重 片倉由加里 小峰由美子 友廣裕一
Company
Logo ケとハレの概念
「ケ(=褻)」
日常。日常生活において営まれる生産活動。
当初は農耕作業を指す。
単調な繰り返しであり、それだけではモチベーションを
維持することが困難。
※「ケガレ(=褻枯れ)」
日常の生産活動に対するエネルギーが消失すること。

「ハレ(=晴れ)」
非日常。祭り行事。心改まるもの。
単調な日常の生産活動へのモチベーションを与える
ために人々が人為的に作り出した。
現代では仕事と切り離されたプライベートの場面

Company
Logo ケとケガレとハレの3項構造
ケ
ハレ
ケガレ
「ハレ」を作り出すことで、「ケガレ」の状態から再度「ケ」
のエネルギーを取り戻すというモチベーション循環システム
を形成している。
Company
Logo 現代のケとハレ
仕事
経済成長期
ケ
ハレ
ケ
クモリ
ハレ
現在
<経済成長期>
いいものを食べる、いいものを
持つなどという行為が「ハレ」
となり得ていた。
<現在>
モノが急激に増え、情報は急速
に溢れ返る現在では人々は物的
な豊かさでは満足できない。
「ハレ」が「ハレ」になってい
ない。「クモリ」。
Company
Logo 問題解決の一つの切り口


日常(=仕事)の空間とは切り離されたプライベートの
場面において物的な豊かさを越えた「心の豊かさ」を創
出することで「ハレ」を創出(クモリ→ハレ)
知人の社会人(男女各5名)へのインタビュー、汐留・
六本木のビジネスパーソン78名(男28名女50名)への
街頭インタビューを通じて私たちは、
を提案します。
(過程については企画シートを参照)
Company
Logo
デートについての調査結果
(汐留・六本木のビジネスパーソン20~30代 78人)
【実態】‐男性28人
・デートをプランする時間があまり
ない。
・大体いつも同じコース。
・学生時代と比べると相手の誕生日
も凝ったことはしない。
・喜ばせようとサプライズの要素を
入れようとしている。
・営業しているお店が少ない。
【願望】
・女性の喜ぶサプライズのアイディア
を教えて欲しい。
・仕事終わりでも凝ったデートがした
い。
【実態】‐女性50人
・相手に時間がない。
・(自分の)誕生日のときも会ってからレス
トランやプレゼントを選ぶ。
・休みの日が合わない。
・行ったことがないお店は雰囲気などよく
わからない。
・年々記念日のデートの質も落ちている。
【願望】
・おしゃれな格好でデートがしたい。
・もっと学生のときのテンションで付き合
いたい。
・記念日には思い出の場所に連れて行って
欲しい。
・(誕生日などの記念日には)プレゼントや
レストランを準備しておいて欲しい。
・至れりつくせりがいい。
Company
Logo デートの問題点と着眼点
調査より感じた感想
自分たちと比較して、社会人は相手の誕生日などにあまり凝った演出をして
いない。
男の人がやっているサプライズは女性視点で判断してそんなにサプライズ
でもない。(実はこのギャップこそが最も大きな発見!)
気持ちはあっても時間がない人が予想以上に多い。
事業の中心は、時間がない人をメインターゲットに「できそう
だけど一人じゃなかなかできないこと」を中心としたサービス
の提供。
サプライズこそ「クモリ」を「ハレ」に変える現代の非日常
要素である。
Company
Logo サプライズの効果とは?
告知なし
告知済み
×
ありがとう
ありがとう
知らなかった!!!
すご~い♥♥♥
サプライズにより、通常の倍の反応が返ってくる。
喜んでいる相手を見て幸せを感じる。
Company
Logo サプライズの効果とは?
する側
相手のことを考える
サプライズする前から楽しい
驚いたときの相手の顔を想像
サプライズ中はドキドキ
ありがとうと言われ喜びを感じる
される側
思いがけないことに喜び倍増
自分のために用意に感謝
サプライズ=する側もされる側も楽しい
Company
Logo
To be Continued…
事業名:Surprise Date Tokyo
【事業概要】
コンセプト: A piece of your happiness
ターゲット:20代を中心としたビジネスマン
事業内容:東京を舞台に、顧客との電話での対応のなかで顧客のニー
ズに合ったサプライズデートのトータルコーディネートを
短時間で行なう。
自社はレストランやホテルから、花火師やリムジンタク
シーなどまで、幅広い業務提携を結び、それら提携先の
サービスを組み合わせたサプライズデートプランをプラン
する。
提携先は空席などの資源をうまく利用することができる。

similar documents