エピジェネティクスの制御と生命機能

Report
「エピジェネティクスの制御と生命機能」
研究領域 成果報告会
細胞内で奏でる生命のシンフォニーの指揮者“エピジェネティク
ス”
遺伝子の多様な発現制御をつかさどるエピジェネティクスの重要性がますます認識されつつ
あります。
ライフサイエンス分野の戦略重点科学技術「生命プログラム再現科学技術」の戦略目標“細
胞リプログラミングに立脚した幹細胞作成・制御による革新的医療基盤技術の創出”に基づい
て、科学技術振興機構(JST)の戦略的創造研究推進事業として、さきがけ「エピジェネティ
クスの制御と生命機能」領域が平成21年に発足しました。
(1) エピジェネティクス制御機構の解明
(2) 生命現象とエピジェネティクスの関わりの解明
(3) エピジェネティクスの多様性や異常に関わる疾患の解析
(4) エピジェネティクスに関わる技術開発
について研究を進めてまいりましたので、一期生の成果報告会を開催致します。
研究総括 向井常博
多数の研究者にご参加頂き、活発な討議を期待しております
【プログラム】(仮題)
1.DNAメチル化制御機構の構造基盤
(京都大学) 有吉 眞理子
2.化学基盤高性能DNAメチル化可視化系の確立
(東京大学) 岡本 晃充
3.エピジェネティックな遺伝子発現切り替わりメカニズムの解明
(福井大学) 沖 昌也
4.ヘテロクロマチン確立メカニズムの解明
(島根大学) 加藤 太陽
5.細胞老化のエピジェネティクスとその破綻による発癌機構
(東京大学) 金田 篤志
6.遺伝子領域内のヘテロクロマチン修飾制御
(沖縄科学技術大学院大学) 佐瀬 英俊
7.エピジェネティクス制御化合物の創製と応用
(京都府立医科大学) 鈴木 孝禎
8.Gene bodyメチル化の生物学的意義と分子機構の解明
(基礎生物学研究所) 鈴木 美穂
9.哺乳類の初期発生を制御するメチル化エピゲノムの解明
(京都大学) 立花 誠
10.クロマチンのメチル化修飾消去機構の解明
(九州大学 ) 束田 裕一
11.転写制御メカニズムにおけるポリコーム群・トリソラックス群遺伝子産物の役割
(佐賀大学) 西岡 憲一
<特別講演>
(独)理化学研究所 ケミカルゲノミックス研究グループ
日時:平成25年1月30日
参加費:無料
吉田 稔 グループディレクター
場所:東京ガーデンパレス(御茶ノ水)
主催:(独)科学技術振興機構
お問い合わせ先:e-mail: [email protected]
(担当:畑田)
TEL: (0952)97-8523
URL:http://www.epigenetics.jst.go.jp/

similar documents