未熟児は増えているのか? - NMCG

Report
新生児医療の現状
全国と滋賀県
1997年7月25日、県立小児保健医療セ
ンターで行われた乳幼児健診従事者研修
会での講演に使用したスライドです。
(滋賀医科大学小児科 青谷裕文 作成)
?
新生児は減っているのか?
未熟児は増えているのか?
未熟児はどれくらい助かるのか?
(全国では?滋賀県では?)
未熟児にはどれくらい障害がおこるの
か?
(全国では?滋賀県では?)
疑問
新生児は減っているのか?
未熟児は増えているのか?
未熟児はどれくらい助かるのか?
(全国では?滋賀県では?)
未熟児にはどれくらい障害がおこるのか?
(全国では?滋賀県では?)
出生児数と合計特殊出生率
都道府県別
合計特殊出生率(1995)
人口推移の予測
出生率の推移
12.8 12.6
13.0
12.2
12.5
12.0
12.0
11.2 11.2
11.1
11.5 11.9
10.8 10.8
11.0
11.4
10.5
10.4
11.1
10.5
10.8
10.0
10.2
9.5
10.0
10.0 9.9 9.8
9.6
9.5
9.0
8.5
8.0
1995
1994
全国
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
滋賀県
人口の推移(全国との比較)
130,000,000
1,300,000
128,000,000
1,280,000
126,000,000
1,260,000
124,000,000
1,240,000
122,000,000
1,220,000
120,000,000
1,200,000
118,000,000
1,180,000
116,000,000
1,160,000
114,000,000
1,140,000
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
全国
滋賀県
出生数の推移(全国との比較)
15,000
14,500
14,000
13,500
13,000
12,500
12,000
11,500
11,000
10,500
10,000
1,500,000
1,450,000
1,400,000
1,350,000
1,300,000
1,250,000
1,200,000
1,150,000
1,100,000
1,050,000
1,000,000
1995
滋賀県
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
全国
結論
!
新生児は減っているのか?
最近数年に関しては減っていない。
全国的には下げ止まり。
滋賀県ではわずかに増加傾向?
しかし、10年後ごろから減少する予測。
疑問
新生児は減っているのか?
未熟児は増えているのか?
未熟児はどれくらい助かるのか?
(全国では?滋賀県では?)
未熟児にはどれくらい障害がおこるのか?
(全国では?滋賀県では?)
低出生体重児(2500g未満)の出生数
92,000
90,418
90,000
88,000
86,000
83,299
84,000
82,181
82,000
79,312
80,000
78,000
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
極低出生体重児(1500g未満)の出生数
7,600
7,439
7,400
7,200
7,000
6,799
6,753
6,800
6,518
6,600
6,400
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
超低出生体重児(1000g未満)の出生数
2,731
2,800
2,700
2,600
2,434
2,500
2,400
2,291
2,300
2,154
2,200
2,100
2,000
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
滋賀県の主要新生児施設に入院した
低出生体重児数
(1995年新生児医療施設全国調査)
~499
0
500- 1000- 1500- 2000999g 1499g 1999g 2499g
19
39
105
214
計
377
結論
!
低出生体重児は増えているのか?
特にここ数年間で急速に増加している。
疑問
新生児は減っているのか?
未熟児は増えているのか?
未熟児はどれくらい助かるのか?
(全国では?滋賀県では?)
未熟児にはどれくらい障害がおこるのか?
(全国では?滋賀県では?)
新生児死亡率(全国との比較)
5.0
4.5
4.5
3.8 3.8
4.0
3.5
3.0
2.5
3.7
2.7
2.9
2.5 2.4 2.4
2.5
1.8
2.0
1.5
1.0
1996
1995
1994
1993
1992
1991
全国
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
滋賀県
早期新生児死亡率(全国との比較)
4.0
3.5
3.0
2.5
2.0
1.5
1.0
0.5
0.0
3.8
3.3
2.8
2.6
2.1 2.0
1.9
2.0
1.7
1.6
0.8
1995
全国
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
滋賀県
(旧)周産期死亡率
10.0
9.0
8.0
8.9
8.0
8.0
7.6
7.0
5.8
6.0
5.1
5.4
5.2
4.5
5.0
4.0
3.3
3.0
2.0
1994
1993
全国
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
滋賀県
(新)周産期死亡率
16.0
滋賀県
全国
14.0
12.0
10.0
6.9
8.0
6.0
4.0
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
滋賀県の新生児死亡数と早期新生児死亡数
65
70
60
56
55
50
54
41
49
40
30
新生児死亡数
早期新生児死亡数
52
36
40
39
34
32
33
32
23
29
20
27
25
28
22
21
10
10
0
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
出生体重別死亡率(新生児期)の推移
100
90
80
70
60
50
40
30
20
10
0
1980
1985
1990
1995
石塚 1996
~499
500-999g
10001499g
15001999g
20002499g
生存例中の最低出生体重・最低在胎期間
最低体重
368g 26週3日
男児
大阪府
385g 23週6日
女児
香川県
390g 27週2日
女児
茨城県
これらより低体重の297g~360gの8例が報告されたが、7例は0-6日、1例は7-
27日に死亡した。
最低在胎期間
22週6日
600g
男児
東京都
22週6日
610g
男児
山形県
20週が4例、21週が8例いたがすべて早期新生児期に死亡した。
(1995年新生児医療施設全国調査)
体重別新生児死亡率
(1995年新生児医療全国調査)
500- 1000- 1500- 2000~499 999g 1499g 1999g 2499g
全国
70.5
21.8
5
2.7
1.4
滋賀県
100
21.1
5.1
3.8
1.9
単位:%
疑問
新生児は減っているのか?
未熟児は増えているのか?
未熟児はどれくらい助かるのか?
(全国では?滋賀県では?)
未熟児にはどれくらい障害がおこるのか?
(全国では?滋賀県では?)
超低出生体重児NICU入院児の
新生児期死亡率(体重別)
全国(193施設)
38.8%
滋賀医大
41.2%
800g未満
n=800
0%
13.3%
n=17
800~1000g
n=797
n=13
超低出生体重児の3歳時予後全国調査 中村 1995
超低出生体重児NICU入院児の
新生児期死亡率(在胎週数別)
全国(193施設)
滋賀医大
33.3%
33.7%
在胎27週未満
n=972
n=18
8.3%
13.8%
在胎27週以後
n=621
n=12
超低出生体重児の3歳時予後全国調査 中村 1995
総合発達評価の判定基準
異常
境界
正常
1)、2)、3)のいずれかに該当するとき
1) 自立歩行が不可能な脳性麻痺
2) 両眼失明
3) 発達遅延(MR):2項目DQ<70 + 1項目のDQ<80
1)、2)、3)のいずれかに該当するとき
1) 自立歩行が不可能な脳性麻痺
2) 片眼失明
3) 発達遅延(MR):1項目DQ<70 + 1項目のDQ<80
あるいは 3項目のDQ<80
上記に該当しないとき
超低出生体重児の3歳時予後全国調査 中村 1995
超低出生体重児NICU入院児の3歳時予後
(800g未満)
全国(193施設)
異常
18.2%
境界
14.3%
滋賀医大
境界
28.6%
正常
67.6%
n=800
異常
0.0%
正常
71.4%
n=17
超低出生体重児の3歳時予後全国調査 中村 1995
超低出生体重児NICU入院児の3歳時予後
(800g以上)
全国(193施設)
異常
境界11.4%
滋賀医大
異常
12.5%
境界
12.5%
8.7%
正常
79.9%
n=797
正常
75.0%
n=13
超低出生体重児の3歳時予後全国調査 中村 1995
超低出生体重児NICU入院児の3歳時予後
(体重別)
全国(193施設)
異常
18.2%
滋賀医大
境界
28.6%
境界
14.3%
異常
0.0%
正常
67.6%
800g未満
正常
71.4%
n=800
800~1000g
n=17
異常
12.5%
境界
12.5%
異常
11.4%
境界
8.7%
正常
75.0%
正常
79.9%
n=797
n=13
超低出生体重児の3歳時予後全国調査 中村 1995
超低出生体重児NICU入院児の3歳時予後
(27週未満)
全国(193施設)
滋賀医大
異常
16.3%
境界
28.6%
境界
13.5%
正常
70.2%
異常
0.0%
正常
71.4%
n=972
n=18
超低出生体重児の3歳時予後全国調査 中村 1995
超低出生体重児NICU入院児の3歳時予後
(27週以後)
全国(193施設)
異常
境界11.5%
滋賀医大
異常
12.5%
境界
12.5%
7.7%
正常
75.0%
正常
80.8%
n=621
n=12
超低出生体重児の3歳時予後全国調査 中村 1995
超低出生体重児NICU入院児の3歳時予後
(在胎週数別)
全国(193施設)
異常
16.3%
在胎27週未満
滋賀医大
境界
28.6%
異常
0.0%
境界
13.5%
正常
71.4%
正常
70.2%
n=18
n=972
在胎27週以後
異常
12.5%
境界
12.5%
異常
11.5%
境界
7.7%
正常
75.0%
正常
80.8%
n=621
n=12
超低出生体重児の3歳時予後全国調査 中村 1995
結論
未熟児はどれくらい助かるのか?
未熟児にはどれくらい障害がおこるのか?
(全国では?滋賀県では?)
生存率
!
正常率
1000~1500g
95%
おそらく90%程度
800~1000g
80~90%
80~90%
~800g(micropremie) 60~70%
70~80%
滋賀県は1500g以上の児でやや死亡率が高い。
正常率はおそらくすべてのグループで全国並?
!
作成
滋賀医大小児科 青谷裕文
発達予後のデータについては滋賀県
全体のものがないため、滋賀医大の
データを使用しました。
データの解釈についてはあくまでも青
谷の主観とお考え下さい。
赤ちゃんの写真は「ベビーサイエンス 赤
ちゃんはすごい」(メディカ出版)から宮崎
雅子氏撮影のものを無断で借用してしま
いました。どうかお許し下さい。

similar documents