非同期分散型の活動を支援する 研究室向けグループウェアの改善

Report
2005年度 夏期ゼミ合宿発表資料
2005年度夏期ゼミ合宿
卒業制作・研究A
社会情報システム学講座4年
0312002025
大村亮憲
1.はじめに

この研究のテーマは・・・・・
「非同期分散型の活動を支援する研究室向け
グループウェアの改善」
「非同期分散型の活動を支援する研究室向け
グループウェアの開発」 2004 野呂俊太郎
を改善し、研究室へ導入、運営することが目的
2.先行研究の紹介
同期
(リアルタイム)
対面
・ビジネスミーティング
・ランチョンセミナー
・ソフトウェア演習
・情報システム演習、ゼミ
(論文講読、進捗報告)
・大学院生ゼミ(遠隔ゼミ)
分散
非同期
(非リアルタイム)
・ランチョンセミナー(準備)
・講義のツボ(作成、公開)
・ネコの手OJT(依頼、請負)
・情報システム演習、ゼミ
(デジタルポートフォリオ)
3.野呂システムの問題点と
新システムの改善点

野呂システムの問題点

現存するプロジェクトに対応しているが、新規プロ
ジェクトの追加には対応していない。
プロジェクトごとに存在する、または開発されると
思われるシステムとの連携が不可能である。
 個人のスケジューラ機能が実装されていない。


野呂氏の卒業論文のまとめにもあるようにコミュ
ニケーション機能がない。
3.野呂システムの問題点と
新システムの改善点

新システムの改善点

「プロジェクト管理機能」として、想定されるプロ
ジェクトは動的に追加、管理が可能。
他システムとの連携機能としてタスクの追加、ク
リアを行える。(今後開発する場合、新システム
のマニュアルに従って連携部分の開発を行うもの
とする)
 個人のスケジュールを基準とする構成とする。

4.承認の条件~その1~
新規プロジェクトへの対応方法は?

データ構造の見直しにより実装可能となった
ユーザ情報テーブル
id
pass
name
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
活動名テーブル
no
name
s_name
bunrui
db_name
text
ユーザ情報テーブル
プロジェクト所属メンバテーブル
プロジェクト情報テープル
PK
PK
PK
usr_id
password
usr_name
usr_grade
no
usr_id
project_id
project_id
puroject_name
4.承認の条件~その2~
プロジェクトのシステムとの連携方法

対応するためのプログラムやデータ構造をマ
ニュアルにて指定し、対応させる場合は従っ
て開発してもらう。
処理の詳細は設計中です
4.承認の条件~その3~
新システムの運用評価計画

対象


鈴木研究室の学生全員
期間

2週間(11/20~12/7) を予定
ご協力お願いします
4.承認の条件~その4~
開発全体のスケジュール

配布資料をご覧ください
ありがとうございました

similar documents