(タイガーEAボード) 補足資料(pptファイル)

Report
電磁波吸収建材補足資料
電磁波吸収建材(タイガーEAボード)
補足資料
平成16年11月10日
株式会社 熊谷組
吉野石膏 株式会社
王子タック 株式会社
1
電磁波吸収建材補足資料
電磁波吸収建材概要
2.45GHz用電磁波吸収建材
5.2GHz用電磁波吸収建材
2
電磁波吸収建材補足資料
電磁波吸収建材概要
裏面アルミ箔
図1-1電磁波吸収建材概要
2.45GHz(IEEE802.11b、g)用電磁波吸収建材
①
③
②
構成 ①抵抗皮膜
②石膏ボード9.5mm
③アルミ箔付石膏ボード9.5mm
裏面アルミ箔
図1-2電磁波吸収建材概要
5.2GHz(IEEE802.11a)用電磁波吸収建材
①
②
構成
①抵抗皮膜
②アルミ箔付石膏ボード9.5mm
3
電磁波吸収建材補足資料
電磁波吸収量測定概要
被測定対象物
(電磁吸収材)
被測定対象物
(金属板)
送信
送信
ベクトル
ネットワーク
アナライザー
ベクトル
ネットワーク
アナライザー
受信B
弱い(吸収さ
れた)反射波
受信A
強い反射波
-
金属板に電波を当て反射量を測定
=反射損失
(吸収量)
金属板を取り去り壁面に電波を当て反射量を測定
金属板と壁面の比(受信B/受信A)が吸収量となる。
(金属板の反射全反射基準での吸収量)
4
電磁波吸収建材補足資料
図2-1電磁波吸収性能(2.45GHz用)
2.45GHz
30
25
吸収量 [dB]
20
15
10
5
0
1
1.5
2
2.5
周波数 [GHz]
3
3.5
4
5
電磁波吸収建材補足資料
図2-2 電磁波吸収性能(5.2GHz用)
5.2GHz
30
25
吸収量 [dB]
20
15
10
5
0
3
3.5
4
4.5
周波数 [GHz]
5
5.5
6
6
電磁波吸収建材補足資料
実規模実験室概要
大きさ:L7.7m×W3.3m×H2.7m
電磁波吸収建材取付位置
↑
壁面吸収測定位置
←壁面吸収測定位置
アクセスポイント(親機)アンテナ設定位置
室中央天井面
壁面吸収測定位置→
壁面吸収測定位置
↓
通信速度測定ポイント:21箇所(@1.2m×1m)
7
電磁波吸収建材補足資料
実規模実験概要(通信速度測定)
アクセスポイント
(室中央天井)
イーサーネットケーブル
UP Load:クライアント→サーバー
Down Load:サーバー⇒クライアント
クライアント側PC
(21箇所での測定))
サーバー側
PC
実規模実験室
約50Mバイトのファイルで
①クライアント(子機)側からサーバー(親機)側へのデータ転送時間
②サーバー(親機)側からクライアント(子機)側へのデータ転送時間
を測定し通信速度(bps)を算定する。
8
電磁波吸収建材補足資料
図3-1 通信速度(2.45GHz)
電磁吸収建材適用前UpLoad(クライアント⇒サーバー)
電磁吸収建材適用後UpLoad(クライアント⇒サーバー)
UpLoad(Mbps)
施工前
9.51
施工後
20.61
改善量
117%
電磁吸収建材適用前DownLoad(サーバー⇒クライアント)
電磁吸収建材適用後DownLoad(サーバー⇒クライアント)
DownLoad(Mbps)
施工前
11.76
施工後
17.68
改善量
50%
9
電磁波吸収建材補足資料
図3-2 通信速度(5.2GHz)
電磁吸収建材適用前UpLoad(クライアント⇒サーバー)
電磁吸収建材適用後UpLoad(クライアント⇒サーバー)
UpLoad(Mbps)
施工前
21.37
施工後
22.95
改善量
7%
電磁吸収建材適用前DownLoad(サーバー⇒クライアント)
電磁吸収建材適用後DownLoad(サーバー⇒クライアント)
DownLoad(Mbps)
施工前
20.55
施工後
22.77
改善量
11%
10
電磁波吸収建材補足資料
施工手順
EAボード(2.45GHz用)施工手順
アルミ箔面
石膏ボードビス
ボード下地材
①1層目EAボードの取り付け
(ボードビス留め)
②2層目EAボードの取り付け
(ステップル留め)
③ステップル穴のパテ処理
④壁紙の貼り上げ
EAボード( 5.2GHz用)施工手順
①EAボードの取り付け
②ビス穴のパテ処理
③壁紙の貼り上げ
11
電磁波吸収建材補足資料
施工状況写真
①EAボード取り付け状況
(裏面はアルミ箔面)
③ビス穴、ステープル穴、面取り部のパテ処理
②EAボード取り付け状況
(室内側に抵抗皮膜(白面)がくる。)
④壁紙貼り付け
12

similar documents