ルート回収の概要と事務

Report
ルート回収の概要と事
務
ルート回収とは
横浜市各職場の主な廃棄物処理委託契約を1本化し
全職員が共通のルールで分別・排出する方法
市庁舎・関内周辺ビル等を除く、約1,300施設が参加
(主目的)
事業系ごみの分別・排出ルールを
全職員に普及する
(二次的)
・ 経費の節減
・ 古紙売払い可
・ 施設の事務処理の負担軽減
ルート回収参加上の制約
・委託業者の選定方法が入札となる。
→仕様が画一的となり、排出できるものが制限され、
排出ルールが厳しくなる。
→契約業者の決定に非常に時間がかかる。
・回収ルートに効率が求められる。
→収集日、時間等を自由に設定できない。
→他施設の収集時間に影響するため、回収準備を
怠ると、 取り残しとなる。
・禁忌品となる古紙が多くなる。
→売払いを行うために一定の品質を保つ必要があり、
禁忌品が多くなる。
ルート回収対象の廃棄物
参加施設のほとんどに共通して出る廃棄物
①廃プラスチック類
③ガラス・陶磁器くず
⑤蛍光管
⑥乾電池
⑧燃やすごみ
②金属くず
④ゴムくず
⑦廃食用油
⑨古紙(売払)
ルート回収対象外の廃棄物
・有害なもの
例:病院の感染性廃棄物、Pタイル等
・扱いが特殊なもの
例:ペンキ、溶剤、洗剤などの流動状のもの、充電池等
・処理困難な電子機器
例:パソコン周辺機器等
・家電リサイクル法対象品、パソコン
・一時多量ごみ
・粗大ごみ(金属30cm以上、その他50cm以上のもの)
・廃棄物ではないもの(土、石など)
一般廃棄物(古紙・燃やすごみ)の分別
新聞
新聞紙、新聞の折り込みちらし
雑誌
書籍、雑誌、製本した紙、パンフレット
段ボール
段ボール
般 紙
紙パック
飲料用紙パック
※但し、内側が銀色のものは対象外(禁忌品)
廃
白コピー用紙
コピー用紙、PPC用紙
※外見が似ている「ざら紙」なども可
棄
シュレッダーくず
シュレッダーにかけた紙
その他の紙
封筒、メモ、付せん、包装紙、ちらし、色紙、画用紙、ボール紙、紙
箱、和紙 など
リサイクルに適さない紙
=禁忌品
油や汚物で汚れている紙、 金色・銀色の紙、捺染紙、感熱発砲紙、
裏カーボン紙、ノーカーボン複写紙、 感熱紙、印画紙、 感光紙、
シール・ラベル、はく離紙、 磁気のついた切符など、 圧着はがき、
紙コップ、紙皿、(ヨーグルト、アイスクリーム、カップ麺の)紙容器 ほか
燃やすごみ
生ごみ、布(天然繊維のもの)、50cm未満の木(枝、草、木製品)
など
一
古
物
燃
や
す
ご
み
禁忌品 = 燃やすごみ
①
②
③
④
⑤
⑥
⑦
⑧
⑨
⑩
⑪
⑫
⑬
⑭
⑮
⑯
油や汚物で汚れている紙
金色、銀色の紙(内側が銀色の紙パック、銀紙など)
捺染紙(アイロンプリント用紙)
感熱発泡紙(点字用紙)
裏カーボン紙
ノーカーボン複写紙
感熱紙(黒字のレシートなど)
写真(印画紙、写真プリント用紙)
感光紙(設計図等の青焼き)
粘着物のついた紙(粘着テープ、シール、ラベルなど)
はく離紙(シール、ラベルの台紙など)
磁気のついた切符、駐車券等
圧着はがき
紙コップ、紙皿、(ヨーグルト、アイスクリーム、カップ麺の)紙容器
洗剤の紙容器、石鹸の包装紙
絵の具、クレヨン、インク、墨等で色を塗った紙
(面積の概ね3割以上を塗ったもの。文字を書いた程度であればリサイクル可)
古紙排出時の注意点
クリップ、ガチャ玉、テープなどはすべて取り除く!
産業廃棄物です!
例:クリップ、ガチャ玉=小さな金属、セロテープ=廃プラスチック類
※ホッチキスの針はできるだけ外して、小さな金属へ
異物・禁忌品が混入しないように!
有価物として売却します!
異物(古紙以外のもの)、禁忌品が混入すると、リサイクルの際に支障が生
じてしまいます。
産業廃棄物の分別
指定PETボトル(
廃プラスチック類
それ以外
産
金属 くず
ゴム くず
プラスチック類
缶
スプレー缶
スプレー缶
それ以外
ガラス・
陶磁器 くず
)、プラ製
飲食料用の缶
棄
物
ペットボトル
汚物等がついて資源化困難なもの、
資源化できないプラ
塩化ビニル製品、化繊、合成ゴム
それ以外〈プラ容器包装(
品全般〉
業
廃
)
汚物、さびがついて資源化困難な
もの
資源化できない金属
それ以外の金属製品
小さな金属類
飲食料用のびん
びん
その他のガラス製品、陶磁器
ガラス陶磁器類等
天然ゴム製品(ラテックス手袋、輪ゴムなど)
ゴムくず
産業廃物管理票(マニフェスト)の記入方法
名前はフルネーム
26 4 1
資源 太郎
00001
記入日ではなく
収集日
ID番号は正しく
横浜スリム推進センター
×××-××××
○○○-〇〇〇○
××区〇○町△-△△
✓
✓
2 5
✓
0 9
内訳をそれぞれチェック
チェックは一種類のみ
3 4
重量は小数点第1位まで
ID番号があっても
施設名称・所在地
ともに必須
※ゴム印を使用す
る場合には2枚目
以降も忘れずに!
※種類が複数なら複数
のマニフェストを記入
×××株式会社
×××-××××
○○○-○○○○
△△区△△町○○-○○
印刷していない場合は、
業者一覧を確認して、名
称・住所を必ず記入
(26年度は印刷済です)
種類の合計を記入
※計算間違いのない
ように!
蛍光管・乾電池用マニフェストの記入方法
名前はフルネーム
00001
26 6 1
ID番号は正しく
記入日ではなく
収集日
資源 太郎
横浜スリム推進センター
○○○-〇〇〇○
×××-××××
××区〇○町△-△△
✓
✓
✓
✓
3 4
チェックは一種類のみ
※種類が複数なら複数
のマニフェストを記入
※ゴム印を使用す
る場合には2枚目
以降も忘れずに!
名称をチェック
重量は小数点第1位
まで
荷姿をチェック
処分方法をチェック
✓
処分事業場をチェック
印刷していない場合は、
業者一覧を確認して、名
称・住所を必ず記入
(26年度は印刷済です)
ID番号があっても
施設名称・所在地
ともに必須
計量票の記入方法(古紙・燃やすごみ)
施設名称、施設ID
ともに要記入
26
25
記入日ではなく
収集日
24
11
横浜スリム推進センター
横浜スリム推進センター
00001
00001
10
10
33
22
小数点第1位
まで
✓
✓
55
古紙と燃やすごみ
は別の計量票に
記入
※チェックは一枚
につき一カ所のみ
66
22
袋数あるいは
束数を記入
20
20
99
33
資源 太郎
太郎
資源
名前はフルネーム
ルート回収排出量の推移
種類
古紙
燃やすごみ
産業廃棄物
プラスチック類
ペットボトル
資源化できないプラ類
缶
小さな金属類
スプレー缶
資源化できない金属類
びん
ガラス・陶器類
ゴムくず
蛍光管
乾電池
廃食用油
総排出量
(参考)参加施設数
(参考)1施設当たりの排出量
平成21年度
平成24 年度 平成25 年度
約3,640.0トン
約4,351.7トン
約3,721.9トン
約4,383.4トン
約1,040.2トン
約998.2トン
約408.9トン
約77.5トン
約152.5トン
約121.4トン
約69.0トン
約3.6トン
約6.1トン
約68.7トン
約22.6トン
約1.4トン
約35.4トン
約12.7トン
約18.4トン
約420.9トン
約77.1トン
約199.7トン
約115.1トン
約74.9トン
約4.1トン
約7.2トン
約51.2トン
約25.5トン
約1.4トン
約31.4トン
約12.5トン
約19.2トン
約3,709.6トン
約4,134.3トン
約1,058.5トン
約425.1トン
約79.8トン
約208.7トン
約108.6トン
約79.2トン
約4.1トン
約8.4トン
約51.0トン
約28.2トン
約1.5トン
約31.7トン
約12.8トン
約19.4トン
平成 26 年度目標値
約3,512.6トン
約4,134.3トン
約937.0トン
約394.6トン
約74.8トン
約147.2トン
約108.6トン
約66.6トン
約3.5トン
約5.9トン
約51.0トン
約21.8トン
約1.4トン
約31.7トン
約12.3トン
約17.8トン
約8,989.9トン
約9,145.5トン
約8,902.4トン
約8,583.9トン
1325
約6.8トン
1314
約7.0トン
1310
約6.8トン
1313
約6.5トン
ルート回収年間スケジュール
4月
5月
6月
7月
8月
9月
・
・
・
・
・
・
・
実績報告(第4四半期分)
執行伺(市直営施設でルート回収経費支出を行う部署のみ)
前年度ルート回収経費処理
減量化・資源化等計画書提出(大規模施設のみ)
ごみゼロ推進委員研修会
産業廃棄物管理票(マニフェスト)交付等状況報告書提出
実績報告(第1四半期分)
・ 次年度「参加意向調査」
蛍光管・乾電池回収
(年4回 回収施設のみ)
蛍光管・乾電池回収
(全施設)
1 0 月 ・ 実績報告(第2四半期分)
11月
蛍光管・乾電池回収
12月
1月
(年4回 回収施設のみ)
・ 実績報告(第3四半期分)
蛍光管・乾電池回収
(全施設)
2月
3月
・ 次年度「マニフェスト」等受領
・ 次年度「日程」等確認
実績報告用ファイルの中身
元のファイル名「XXXXX」を
施設ID(半角数字5ケタ)に変更してから
使用します
施設名称、施設IDを入力する欄
U列以降に、産業廃棄物等の年間排出量、マニ
フェスト交付枚数が自動計算されています。
日々、排出量を入力する欄(I列からAW列まで)
(枚数、合計は自動計算)
実績報告のながれ
6、9、12、3月の中旬
区、局の総務課経由で行います
① 資源循環局から区・局に依頼
資源循環局⇒区局の総務課(somu-allメール)
② 各施設あて通知
区・局の担当課⇒各施設
7、10、1、4月の初め
③ 報告ファイル提出
各施設⇒区・局の担当課
提出期限・提出先は、
区・局からの通知を確認
してください!
④ 区・局で取りまとめ・資源循環局へ
区局の総務課⇒資源循環局
次年度「参加意向調査」
8~9月頃(詳細未定)
区、局の総務課経由で行います
① 資源循環局から区・局に依頼
資源循環局⇒区局の総務課(somu-allメール)
② 各施設あて通知
区・局の担当課⇒各施設
② 区局の担当課が参加を検討
区・局の担当課
③ 参加確認票の提出
(※新規施設の場合等)
各施設⇒区・局の担当課
提出期限・提出先は、
区・局からの通知を確認
してください!
④ 区・局で取りまとめ・資源循環局へ
区局の総務課⇒資源循環局
ホームページとメルマガ
ルート回収ホームページ(隠しペー
http://www.city.yokohama.lg.jp/shigen/shi-g30/
ジ)
ルート回収に必要な情報が掲載されています。
ルート回収メールマガジンの購読申込
http://ml.city.yokohama.jp/mailman/listinfo/route-g30
随時、重要な情報をお送りしています。
ルート回収参加施設は必読!職場で2人以上購読してください。
〇ルート回収の分別
施設ID
市役所ご みゼロ ルート 回収
(平成26年 度版)
分別・ 排出の手引き
〇ルート回収の排出方法
袋詰めのルール
計量作業
〇産業廃棄物管理票、
計量票の記入方法
〇実績報告ファイルの
編集・発行
横浜市資源循環局
事業系対策部 一般廃棄物対策課 (電話 045-671-2507)
ルート回収ホームページ
http://www.city.yokohama.lg.jp/shigen/shi-g30/
入力方法
〇受託者情報
など
ルート回収ホームページからダウンロード
http://www.city.yokohama.lg.jp/shigen/shi-g30/
よろしくお願いします。
問い合わせ先
横浜市資源循環局 一般廃棄物対策課
TEL:671-2507/FAX:663-0125
Email : [email protected]

similar documents