肺胞囊

Report
第15章
呼吸器系
中国医科大学
基础医学院
组胚—日文教学组
授業内容
鼻腔(自学)
 喉頭(自学)
 気管支(理解)
*上皮の細胞類型
 肺(掌握)
*肺呼吸部の構造
*肺胞の二種類細胞の光・電顕的構造( *
*Ⅱ )
* * 血液ー空気関門

呼吸器系
 鼻咽喉
 気管支
肺
Respiratory system
一、鼻 腔
嗅毛
前庭部:重層扁平
基底体
呼吸部:多列線毛円柱状
上皮(杯C)
樹状突起
嗅部(嗅上皮):
多列円柱状
胞体
1. 嗅C:双極神経C
2. 支持C
軸索
3. 基底C
鼻嗅部粘膜
鼻呼吸部粘膜
線毛
多列線毛円柱状
固有層
二、気
管
粘膜
粘膜下層
外膜
気管壁の層
1. 粘膜層=上皮+固有層
– 多列線毛円柱状…
(線毛C)(杯C)(刷子C)(基底C)(神経
分泌C)
2. 粘膜下層=CT+混合腺
3. 外膜=16-20個 ‘C’ 字形硝子软骨。
EM: 気管上皮
3.杯C
1.線毛C
2.刷子C
5.基底C
4. 神経分泌C
粘膜層
粘膜下層
気管
(HE)
外膜
混合腺
三、肺 Lung
気体交换
 大気
肺胞

肺胞
血液
(血液と組織)
肺A,V
細気管支
肺
胞
Lung
肺
の
低
倍
光
顕
構
造
肺
 肺実質:気管支樹
肺胞(24級).
–主気管支(Br)—葉、区域Br—小Br—細
Br—終末細Br—呼吸性細Br—肺胞管、肺
胞囊—肺胞.
–肺導気部:終末細気管支以上.
–肺呼吸部:呼吸性細気管支から肺胞.
–肺小葉: 細気管支及びその分枝.
(一)導気部
気管支の変化規則
•多列線毛 単層柱
•杯C
•腺体
•軟骨
•平滑筋
導気部-細気管支
と終末細気管支
•単層線柱
•杯C (-)
•腺体 (-)
•軟骨 (-)
•平滑筋
導気部-気管支の変化規則
気管支
細気管支
終末細気管支
上皮
多列線柱 単層線柱 単層線柱&
杯C
+ +
+/-
-
混合腺 + +
軟骨 + +
平滑筋 +
+/+/+ +
一輪層
& クララC-線毛がない.
1
2
3
4
終末細気管支
呼吸性細気管支
肺胞管
肺胞囊
(二)肺呼吸部
 呼吸性細気管支
 肺胞管
 肺胞嚢
 肺胞
1.呼吸性細気管支
•管壁に肺胞が形成
•単層立方,クララC
•上皮下に平滑筋
2.肺胞管と肺胞囊
肺胞管
•管壁に多い肺胞
•肺胞間に島状の膨大
•上皮下に平滑筋
肺胞囊
•肺胞間の膨大がない
3.肺胞
肺泡管
肺胞上皮 I 型肺泡C
II 型肺泡C
肺泡隔.
(1)肺胞上皮
Alveoli
 I 型肺胞C
–薄・扁平, 肺胞の表面を覆う(9
5%).
–気体交換の部位
I 型肺胞细胞

II 型肺胞Cの構造
LM: 円形或は立方, 肺胞腔側に突出.
 EM: 電子密度が高い層板小体(リン脂
質)
短い微絨毛
RER.Gol.Mit
 機能:
1.表面活性物質分泌, 肺胞表面
張力,
2.分裂してI 型肺胞Cになる

II 型肺胞细胞
嗜锇性板层小体
(2)肺胞中隔
間質;
連続型Cap
弾性線維.
大食細胞(塵埃C).
(3)肺胞孔
II型肺胞細胞
肺胞大食細胞
弾性線維
血液-空気関門blood-air
肺胞内の気体と血液内気体が交换する時
barrier
通じる構造.
1.肺胞表面液体層
2.I 型肺胞C
3.I 型肺胞Cの基底膜
4.薄層のCT
5.連続型Capの基底膜
6.連続型Capの内皮.
機能;とても薄くて気体交換に有利
血液-空気関門blood-air barrier
填空
1. 気管粘膜上皮は___上皮, 5種の細
胞、即___,___,___,___,___.
2. 肺の呼吸部は___,___,___,___.
3. 肺胞上皮細胞には___,___がある.
血液ー空気関門?
II 型肺胞Cの光・電顕的構造?
肺呼吸部の構造变化規則
管壁
呼吸性細
気管支
上皮
平滑筋
気管支に肺胞 単層柱状
が開口
単層立方
肺胞間に島状 単層立方
の膨大
薄層
肺胞囊
幾つの肺胞
肺胞上皮
ー
肺胞
囊状
肺胞上皮
ー
肺胞管
少量
肺胞上皮細胞
形状 胞質特点
I型肺 扁平
胞C
II型 円
肺胞 立方
C
機能
貪食小胞 肺胞95%の表面積,
薄くて気体交换に有利
好锇性層 表面活性物質放出,肺
板小体 胞表面張力を打ち消す,
肺胞の大小の一定
II型肺胞C増殖分化してI型肺胞Cになる。
**

similar documents