第15講

Report
財政-第15講
4.租税理論と税制改革(9)
2008年6月3日
第1限
1

戦後日本の税制改革
 シャウプ税制改革(1949-50年)
 抜本的税制改革(1987-88年)
 今後の税制改革の方向性

授業アンケート(中間)についてのコメント
2
戦後日本の税制改革
3
シャウプ税制改革(1949-50年)
4

シャウプ勧告(1949年)
→日本税制の調査報告書・全面改革案

シャウプ税制改革(1949-50年)
 税体系:所得課税(所得税・法人税)中心型

地方財源の強化
5

シャウプ税制の崩壊(高度成長期以降)
 所得税
総合課税:(超過)累進税率
→分離課税:単一税率+低率(←第10講)
ex.利子所得,譲渡所得(株式譲渡益)
→a.貯蓄増強による資本蓄積の促進
b.株式市場での取引活性化
6
抜本的税制改革(1987-88年)
7


シャウプ税制の崩壊
→× シャウプ税制の再建
○ ヨーロッパ型の新しい税制…資料7-5
抜本的税制改革(1987-88年)
=税体系:所得課税(所得税・法人税)中心型
→所得課税・消費課税(消費税)並立型
⇔cf. 消費課税の導入構想
一般消費税(1979年)
売上税(1987年)
8
所得税の減税
=a.累進税率のフラット化…資料10-1
b.所得控除の拡大
 法人税の減税
=法人税率引下げ…資料12-2
 消費税(税率3%)の創設(1989年4月~)
⇒所得税・法人税の減税=消費税の創設(増税)

9

抜本的税制改革の背景(←cf. 第14講)
 所得税の累進税率
⇒累進税率のフラット化
⇒全ての世代に負担を求める消費税の創設
 経済の低成長(石油危機後~バブル経済前)
⇒税収の安定性:消費税>所得税・法人税
 所得税のクロヨン問題への対応
⇒水平的公平を確保するためのコスト
10

抜本的税制改革以降
 所得税=累進税率のフラット化…資料10-1
 法人税=税率引下げ…資料12-2
 消費税=税率引上げ(3%→5%)(1997年4月~)
⇒所得課税・消費課税並立型の進展
11
今後の税制改革の方向性
12

今後の税制改革の方向性
①財政赤字縮小
『歳出・歳入一体改革』(2006年)(→第19講)
歳出:11~14兆円削減⇔歳入:2~5兆円増加
②所得格差是正
③経済成長・活性化
⇒政府税制調査会答申(2007年11月)では?
13

政府税制調査会答申(2007年11月)
 所得税
 所得控除の縮小
 累進税率フラット化の見直し
→cf. 累進性再強化(2007年~)…資料10-1
 法人税
 税率引下げの見送り
 消費税
 税率引上げ(←社会保障財源の確保)
14

今後の課題(①+②)
 所得税増税
 所得控除の縮小⇔クロヨン問題の解消
(←第10講)
 分離課税の金融所得課税(←第9講)

消費税増税
 軽減税率の適用?(←第14講)
 益税問題の解消
15
参考資料の出典等




資料7-5…財務省[2007]『わが国税制・財政の現状全般に関する資料』
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/016.htm
資料10-1…財務省[2007]『所得税など(個人所得課税)に関する資料』
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/035.htm
資料12-2…財務省[2007]『税のはなしをしよう。』
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/1910_1516.pdf
参考文献
石弘光[2006]『タックスよ、こんにちは!-茶の間で語らう親子のために』
(日本評論社)
石弘光[2008]『税制改革の渦中にあって』(岩波書店)
森信茂樹[2007]『抜本的税制改革と消費税-経済成長を支える税制へ-』
(大蔵財務協会)
星野次彦編[2007]『図説 日本の税制 (平成19年度版)』(財経詳報社)
税制調査会[2007]『抜本的な税制改革に向けた基本的考え方』
http://www.cao.go.jp/zeicho/tosin/pdf/191120a.pdf
16
第16講の予定
5.財政赤字と公債理論(1)
 財政赤字関連指標
 プライマリー・バランス(基礎的財政収支)
17

similar documents