オーロラの実用性

Report
自然の放電現象であるオーロラについての
理解とオーロラ電力の将来的な実用性
指導教員
梶原
卒業研究生 神内
寿了
剛志
はじめに


なぜオーロラを取り上げ
たのか?
オーロラはどれ程のエネ
ルギーをもっているの
か?
オーロラとは?

名前の由来と大きさ

オーロラの光
オーロラ発電機

オーロラ発電機の構造

発電力と効率
発電力=20×(太陽風の速さ)×(太陽風磁場の強さ)2×sin4(θ/2)
発電機の効率は太陽風の速度に比例し、太陽風磁場の強度の2乗に
比例する。
オーロラ発電機の構造
オーロラの実用性

オーロラ電力の膨大なクリー
ンエネルギーは、どのように
して実用化することができる
のか?
オーロラ電力
電気
マイクロ波発生器
オーロラ電力変換パネル
SPS技術を応用
送電アンテナ
宇宙
マイクロ波
地上
電気
需要家
レクテナ
(マイクロ波受電器)
SPSを応用し、オーロラ電力を実用するシステムの予想図
オーロラ電流の流れ
+
-
マイクロ波
レクテナ
需要家
電気


左図は、東西に広がるオーロラにパネルが付いた静止衛星を打ち上げ電力
を取り出す方法である。
右図は、オーロラを包むコロニーのような静止衛星を打ち上げ、その中を
オーロラ電流が流れることにより電力を取り出す方法である。
結果
オーロラは天気のような地球規模の現象ではなく様々な
宇宙現象が重なり合っていることがわかった。また、
オーロラ電力の莫大なエネルギーは、現在の地球エネル
ギー問題の観点から見て、大きな魅力を感じるものであ
ることがわかった。
今後の課題
SPSシステムとレクテナの技術的問題、エ
リアで発生する熱エネルギーの自然環境へ
の問題など、問題点が多い。

similar documents