ちょうしんせいばくはつ

Report
ちょうしんせいばくはつ
~宇宙の花火!? 超新星爆発~
ほし
だいばくはつ
1. 星の大爆発で”チタン”ができる!?
最近、テレビなどでよく耳にする”チタン”。実はこれ、星が爆発した(超新星爆発と呼びます)エネル
ギーによって元素の核反応が起こってできたものです。この爆発をX線で調べれば爆発の時に作られ
た元素がわかるのです。
えいせい
さぐ
ちょうしんせいざんがい
2. すざく衛星で探る超新星残骸カシオペアA
爆発のあとには、その爆風が高温のガスとなって宇宙空間に広がっていきます(これを超新星残骸と
呼びます)。超新星残骸であるカシオペアAは、今から300年ほど前の江戸時代に爆発を起こした、銀
河系内で最も若い超新星残骸で、地球から約1万光年に位置しています。すざく衛星は、このカシオ
ペアAから出るX線をとらえることに成功しました。
@NASA
@NASA
黄色 : ハッブル天文衛星で観測された可視
光のイメージ。ガスがまさに温められている
ところを示す。
赤色 : スピッツァー赤外線天文衛星による赤
外線のイメージ。ちりが温められて赤外線を
出していると考えられている。
青色と緑色 : チャンドラX線天文衛星によるX
線でのイメージ。ものすごい高温の領域を表
しており、球殻状に衝撃波が広がっている様
子が見てわかる。
すざく衛星でとらえたカシオペアAからのX線ス
ペクトル。鉄や硫黄、シリコンなどの元素から
出る特有のX線と高エネルギーにまで加速さ
れた粒子からのシンクロトロン放射によるX線
をいままでにない精度で確認することができま
した。
ちょうしんせいざんがい
すざく衛星では、今後も超新星残骸をはじめとする様々な
かんそく
なぞ
天体を観測し、多くの謎に迫っていきます。

similar documents