Document

Report
専門医試験フォーム
20○○年○月○日
症例 2
咬合誘導
(所属)○○大学 ○○○○
(氏名)○○ ○○○
専門医試験
氏 名:O.K
性 別:男児
生年月日:20○○年○月○日
初診年月日:20○○年○月○日
初診時年齢:○歳○か月
主 訴:
現病歴
全身的既往歴
歯科的既往歴
家族歴
生活歴
全身所見
顔貌および口腔内写真 初診時:○Y○M
③
②
⑤
初診時口腔内所見
 口腔清掃状態:
 軟組織所見:
 硬組織所見
診断
診断
C1(O)
健全
健全
健全
6
6
E
E
D
D
健全
健全
健全
 咬合状態:
萌出開始
健全
健全
C
C
2
2
1
1
1
1
健全
健全
健全
健全
健全
健全
健全
C1(O)
2
2
C
C
D
D
E
E
6
6
健全
健全
健全
健全
健全
萌出真近
パノラマエックス線写真 ○Y○M
Cephalometric Analysis ○Y○M
角度分析
ー Male-stage2:7y8m
線分析
Gnathostatic Model Analysis(Male-○y)
Maxilla
Mandible
Tooth Width(mm)
Central Incisor
5
10
Lateral Incisor
5
Mean 8.59
5
Mean 7.08
10
8
5
Mean 5.44
Mean 6.03
8
1st Molar
7
10
Mean 10.91
13
7
10
Mean 11.41
13
Coronal Arch(mm)
Width(c-c)
25
Mean 26.98
30
18
21
Mean 21.70
24
乳犬歯間歯列弓幅径
Width(M-M)
35
30
40
第一大臼歯間歯列弓幅径
Length(M1-M2)
33
歯列弓長径
36
39
32
Mean 35.56
29
Mean 36.09
38
35
32
Mean 34.70
35
Mean 32.18
Basal Arch(mm)
Width(c-c)
33
36
39
Mean 37.00
33
30
27
Mean 30.92
乳犬歯間歯槽基底幅径
Width(M-M)
59
62
65
57
Mean 61.76
60
63
Mean 60.26
第一大臼歯間歯槽基底幅径
Length(A-M2)
第一大臼歯前方歯槽基底長径
29
32
35
38
Mean 33.98
29
32
35
38
Mean 34.06
坂井(1974)
分析結果
セファロ分析
模型分析
診
断
治療方針
#1
#2
#3
#4
#5
治療経過
口腔内写真 Ⅰ期治療終了時:○Y○M
セファロ分析 Ⅰ期治療終了時:○Y○M
角度分析
ー Male-stage3:10y3m
線分析
Gnathostatic Model Analysis(○Y○M)/(○Y○M)/
(○Y○M)
Width(c-c)
25
乳犬歯間歯列弓幅径
Width(M-M)
Mandible
Maxilla
Coronal Arch(mm)
30
30
18
Mean 27.84
35
40
第一大臼歯間歯列弓幅径
21
32
24
35
Mean 21.48
38
Mean 36.38
Length(M1-M2)
33
歯列弓長径
36
39
Mean 35.10
29
Mean 35.91
32
35
Mean 31.60
Basal Arch(mm)
Width(c-c)
33
36
39
59
62
65
29
32
35
乳犬歯間歯槽基底幅径
Width(M-M)
第一大臼歯間歯槽基底幅径
Length(A-M2)
第一大臼歯前方歯槽基底長径
Mean 36.60
Mean 62.76
Mean 32.86
29
27
30
33
57
60
63
32
Mean 30.38
Mean 60.44
35
38
Mean 33.16
坂井(1974)
Terminal plane;(右)
第一大臼歯関係;(右)
、 (左)
、 (左)
M
1
M-M
正中線;
C-C
M-M
C-C
Over bite;
mm、Over jet;
mm
A-M2
M2
考察① 混合歯列期の下顎前突の原因と分類について
考察② 混合歯列期の下顎前突の治療と予後について
考察③ 成長を考慮した長期管理とⅡ期治療について

similar documents