1-2 天野嘉之

Report
バレーボールのゲーム分析
~攻撃に所要する時間に着目して~
指導教員 木村 昌彦
06A8001 天野 嘉之
Ⅰ.はじめに
ラリーポイント25点制
(サーブ権の有無に関わらないサイドアウトによる得点が可能)
ゲーム序盤から積極的に得点差を
広げるための工夫が必要 !
中学・高校生チームを対象とした
ゲームに関するデータは不十分!!
Ⅱ.研究目的
高校女子チームを対象としたゲーム分析を行ない、
ラリーポイント制のゲームにおける戦い方やチーム
作りの指針となる基礎資料を得る。
攻撃に所要する時間が攻撃の結果やゲームの勝敗
に及ぼす影響、勝敗チームの攻撃に所要する時間
の傾向を明らかにする。
Ⅳ.結果と考察
**
所要時間の平均値(s)
3.5
3
2.5
**
WIN
LOSE
2
1.5
1
0.5
R→S レシーブ
S→A
トス
図1 勝敗チーム間における攻撃所要時間の比較
R→S→A
攻撃全体
** p<0.01
勝利チームのS→A(トス)所要時間
は短い傾向にある!
R→S→A(攻撃全体)所要時間
攻撃ポジションとS→A(トス)所要時間
のべ50チームにおける攻撃ポジション別傾向
レフト攻撃
センター攻撃
ライト攻撃
クイック攻撃 バックアタック攻撃
TOTAL
攻撃数(回)
2399
394
871
574
48
4286
攻撃総数に
占める割合(%)
56.0
9.2
20.3
13.4
1.1
100.0
S→A所要時間
の平均値(s)
1.38±0.23
1.27±0.27
1.26±0.24
0.53±0.13
1.43±0.26
1.23±0.36
攻撃成功率(%)
42.4
41.6
46.8
53.1
33.3
44.5
攻撃総数に占めるレフト・ライト攻撃の割合
大学生女子チームを対象とした研究(箕輪,2001)
技術の熟練していない高校生チームがコンビネーション
勝利チーム
76.7% 20.7%
クイック攻撃の割合
勝利チーム
攻撃のミスによる失点を少なくするため!?
敗退チーム
75.0% 18.9%
敗退チーム
攻撃総数に占める割合(%)
80
70
勝敗チーム間で攻撃を行なった
ポジションの割合に違いはない!!
60
50
40
WIN
LOSE
30
20
10
0
レフト
センター
ライト
クイック
図6 勝敗チーム間におけるポジション別攻撃割合の比較
ゲームの勝敗にセッターのトスワーク(どのポジションの
プレイヤーにトスを集中させたか)が関連していない!!
勝利チームのS→A(トス)所要時間が短い要因は
クイック攻撃の多用によるものではない!!
S→A所要時間の平均値(s)
2
**
**
*
1.5
成功
失敗
1
0.5
0
レフト
センター
ライト
クイック
図8 成功した攻撃と失敗した攻撃のポジション別所要時間の比較
* p<0.05
** p<0.01
成功した攻撃はS→A (トス)所要時間が
短い傾向にある!!
S→A所要時間の平均値(s)
2
**
**
**
1.5
WIN
LOSE
1
0.5
0
レフト
センター
ライト
クイック
図9 勝敗チーム間におけるポジション別攻撃所要時間の比較
** p<0.01
勝利チームも同様にS→A(トス)所要時間が
短い傾向にある!!
サイド攻撃成功のポイント
センターブロッカー
相手チームのセンターブロッカーに
攻撃の的を絞らせないことが重要!!
レフト
ライト
S→A(トス)所要時間の短い、低いトスからの
サイド攻撃によって相手チームのブロッカーの
・・・ブロッカー
集中を防ぎ、攻撃の効果を高めている!!
・・・アタッカー
・・・セッター
ご清聴ありがとうございました
詳細はポスターセッションで!!

similar documents