言語XBRLで記述された財務諸表の分析支援ツールの試作

Report
言語XBRLで記述された
財務諸表の分析支援ツールの試作
井上研究室
M2 泉田 聡介
平成17年02月18日
修士論文発表会
Software Engineering Laboratory, Department of Computer Science, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University
財務諸表

財務諸表とは,企業が財務情報を公表するために使う表
 貸借対照表
(資金の調達先,資金の使用先)
 損益計算書 (売上高,経常利益,純利益)
 キャッシュフロー計算書 (資金の運用先)
財務諸表を分析することで企業の財務状態を知ることが出
来る
 取引,融資,投資を行う際の判断材料

財務情報記述言語XBRL
(eXtensible Business Reporting Language)

 計算機上での財務情報の流通を目的として策定
Software Engineering Laboratory, Department of Computer Science, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University
財務分析


財務諸表を分析することによって企業の収益性、安全性、成長性な
ど、企業の財務状態を明らかにしていくこと
財務分析の手順
 適切な財務指標を選択し、大まかな財務状態を得る
 財務指標とは財務情報を加工したデータ
 財務指標の過去からの推移や他社との比較
 伸びている、落ちている、変化無し など
 他の財務指標や財務指標の要素となる財務データの変化から、調べた
財務指標の変化の理由を探る
 決算書などの文書から変化の理由を読み取る

財務指標の数値を見る際には業界や分析結果の利用方法によって
評価基準値が変わるので、注意が必要
Software Engineering Laboratory, Department of Computer Science, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University
財務分析の例

財務指標を用いた分析の例
 自己資本比率=資本合計÷総資産×100(%)
 安全性を表す指標
25億
流動資産
総
資
産
100億
75億
負債
(業界Aでは30%あれば大丈夫)
ある年の分析:自己資本比率が
25%
負債
流動資産
75億
50億
固定資産(土地、建物など)を売って返済
固定資産
資本
資本
固定資産
25億
25億
翌年の分析:自己資本比率改善
33%
Software Engineering Laboratory, Department of Computer Science, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University
問題点(1/2)
?
負債
総資産
資本
財務諸表を与えられても、財務指標
の計算式が分からないため計算して
求めることが出来ない
?
自己資本比率=資本合計÷総資産×100(%)
Software Engineering Laboratory, Department of Computer Science, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University
問題点(2/2)
固定資産の売却により
負債
総資産
計算
資本
25%
33%
•負債を作った原因は?
•本業は大丈夫?
他にどの指標をみて確認をしたら
良いか分からない
営業利益や特別利益、
収益性の財務指標で確認
Software Engineering Laboratory, Department of Computer Science, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University
目的と方針

目的
 一般的に知られている財務データの分析手法、専門家が持
つ指標の解釈に関する知識を体系化したエキスパートシステ
ムの構築

方針
 計算に関する知識をまとめたデータベースの作成
 分析に関する知識をまとめたデータベースの作成
 分析・計算を行うシステムの作成
Software Engineering Laboratory, Department of Computer Science, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University
計算知識データベース
財務指標の知識を保持する
•財務指標の名前
•財務指標の計算式
例
資本
自己資本比率 = 総資産 × 100%
総資産 = 流動資産 + 固定資産
Software Engineering Laboratory, Department of Computer Science, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University
分析知識データベース

財務指標の解釈を保持する
 A:財務指標の名前
D:比較標準値
 B:業種
E:比較演算
 C:分析の視点
F:比較結果の解釈
G:比較結果が良いとき参考にす
る分析知識
H:比較結果が悪いとき参考にす
る分析知識
Software Engineering Laboratory, Department of Computer Science, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University
分析知識データベース
A:自己資本比率, B:業種A, C:取引, D:30, E:<
F:企業は安全でない
G:営業利益、特別利益、営業利益率
H:営業利益、特別利益、売上高利益率
A:自己資本比率, B:業種A, C:融資, D:40, E:<
F:企業は安全でない
G:営業利益、特別利益、営業利益率
H:営業利益、特別利益、売上高利益率
A:自己資本比率, B:業種B, C:取引, D:40, E:<
F:企業は安全でない
G:営業利益、特別利益、営業利益率
H:営業利益、特別利益、売上高利益率
Software Engineering Laboratory, Department of Computer Science, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University
分析計算
計算知識
DB
財務
諸表
財務指標の
計算
分析知識
DB
財務指標の
計算結果
分析
財務指標
業種
分析結果
分析の視点
Software Engineering Laboratory, Department of Computer Science, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University
試作したシステム

XBRLで記述された財務諸表を入力とする
 データ計算
 XBRL用プログラミング言語LMX†を利用する
 計算用プログラムを動的に生成

ユーザの入力に対して分析結果を返す
 比較結果の解釈
 参考にする財務指標
† 高尾 祐治 ‘記述言語XBRLで定義された財務諸表を計算・書式変換する言語処理系の提案と実現’ 修士学位論文
Software Engineering Laboratory, Department of Computer Science, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University
試作したシステム
Software Engineering Laboratory, Department of Computer Science, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University
システムの利用例
capitalasse
業種A
Software Engineering Laboratory, Department of Computer Science, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University
システムの利用例
Software Engineering Laboratory, Department of Computer Science, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University
システムの利用例
自己資本比率
A株式会社:30
業種:業種A 分析の視点:取引
標準評価値:30 <
参考にする指標:
営業利益、特別利益、売上高利益率
Software Engineering Laboratory, Department of Computer Science, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University
考察

財務分析に必要な知識を支援できる
 財務指標の計算をXBRLから自動で作れる
 比較の際の評価基準値を用いた分析と分析結果についての
アドバイスを表示

専門家の意見
 会計の知識をそんなに持っていない人が財務分析をおこなう
ときには助けになるとおもう
 前にやった会計分析の記録をとっておいて後で分析の検証に
もちいるといいのではないか
Software Engineering Laboratory, Department of Computer Science, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University
まとめと今後の課題
財務分析を行う際の会計知識のデータモデルを提案
 知識データのモデルを用いた財務諸表分析支援システムの
試作

今後の課題
 より使いやすいインターフェースへの改良
 多くの財務分析の知識を登録しての利用事例の検証
 財務分析を支援する機能の拡充
グラフ、表を用いた分析など
記録をとる機能の追加
Software Engineering Laboratory, Department of Computer Science, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University

similar documents