7章 データベースの新たな展開 p97~p99

Report
7章 データベースの新たな展開
p.97-103
1組
051019
1
7章 データベースの新たな展開
p97-p99
H102002 安島 澄人
H102005 有坂 秀則
2
データベースの新たな展開
この章では、データベースの新たな展開とし
て、オブジェクト指向ベースと、データウェハウ
スについてやります。
3
オブジェクト指向データベース
• 定型的な業務処理を行うビジネス分野の
データベース
→処理対象として取り出されるデータは少量、
表形式の簡単なデータ構造で表すことができ
る。
4
オブジェクト指向データベース
・作図などの設計作業を支援
→CDA (computer aided design)
・ソフトウェア開発を支援
→CASE (computer aided software
engineering)
エンジニア分野に関係モデルを適用するに
は問題がある。その解決のためにオブジェク
ト指向データベースがある。
5
エンジニアリング分野の問題(1)
• エンジニアリング分野のデータは複雑な構造
を持ち、それらの関係モデルのリレーションで
表現するのは不自然になること。
• 関係モデルではある製品に関する図面という
対象の全体を直接認識し、操作することはで
きない。
→解決するためには複合オブジェクトの考え方
が必要。
6
エンジニアリング分野の問題(2)
• データとソフトウェアの共有や再利用性の向
上がはかれないということ。
• 解決のアプローチのオブジェクト指向
→データとそのデータに固有な操作手続きを一
体化してオブジェクトとすることで、オブジェク
トの共有や再利用性の向上をはかることがで
きる。
7
オブジェクト関係データベースの
標準化や商用化
• オブジェクト関係(オブジェクトリレーショナル)
データベースの標準化や商用化が進められ
ている。
• 関係モデルに基づく標準のデータベース言語
SQL では、SQL3 でオブジェクト指向拡張を
行っている。
8
オブジェクト指向のデータモデル要素
・データとそのデータに固有な操作手続きを一
体化してオブジェクトとする。
=カプセル化→手続きをメソッドという。
・同じ種類のオブジェクトの集まりをクラス、
個々のオブジェクトをインスタンスという。
9
オブジェクト指向のデータモデル要素
• クラスとインスタンスはデータモデルの実体型
と実現値に対応する。
・クラスには属性とそのメソッドが記述される。
・メソッドの実行は、オブジェクトにメッセージを
送ることによって行う。
10
クラス間の関連
• クラス間の関連として、構成関連や汎化関連
のクラス階層がある。
• 汎化関連における上位概念をスーパクラス、
下位概念をサブクラスという。
• サブクラスはスーパクラスの性質を継承する。
• 関係モデルのリレーションの正規化で排除さ
れている入れ子型リレーションを許す複合オ
ブジェクトがある。
11
オブジェクト識別子
• 各オブジェクトは、一意に識別するためのオ
ブジェクト識別子(OID : object identifier)があ
る。
• 関係モデルでは、リレーションのタプルの識
別は、利用者に見える主キーによって行われ
る。
12
オブジェクト指向のデータモデル
• オブジェクトはデータとそれに固有な操作手続きをカ
プセル化すること。
• オブジェクトは複合されたオブジェクトから構成でき
ること。
• オブジェクト間の関連は階層関係に着目しているこ
と。
• オブジェクトの識別性はシステムが行うこと。
13

similar documents