PowerPoint プレゼンテーション - シロイヌナズナをモデルにした 高等植物

Report
シロイヌナズナをモデルにした 高等植物の器官形成
〜いつどこでどういう遺伝子が働くのか〜
花器官の発達
がく片、花弁
雄しべ、雌しべ
MADS box遺伝子の下流
で働く遺伝子の同定
花粉形成
花芽分裂組織
茎頂分裂組織
根端分裂組織
タペート細胞で働く遺伝子
植物の雄性生殖器官
遺伝的プログラム
環境要因
メリステム維持
花粉自身で働く遺伝子
開花
花弁・雄しべの伸長
葯の裂開・花粉放出
タペート細胞の機能
花粉を育むための細胞。
でも謎は多い・・・
ジャスモン酸(植物ホルモン)
生合成のしくみ
細胞間移行と
細胞内シグナル伝達
作った細胞からどうやって運び、
働く細胞ではどのようなしくみで
遺伝子発現を活性化するのか?
Mutantを用いて「現象」に直接関わる「遺伝子」を見つけ出す

similar documents