鳥インフルエンザ(H5N1型) - 秋田産業保健総合支援センター

Report
秋田県医師会産業医研修会
平成20年11月19日(水)
秋田産業保健推進センター基幹相談員
工藤
康嗣
TDK㈱秋田地区専属産業医
労働衛生コンサルタント
日本産業衛生学会専門医(指導医)
中災防メンタルヘルス支援専門家
由利本荘医師会理事(産業保健担当)
1
感染症法*が定める感染症類型
平成20年5月12日施行
類型
感染症の例(改正前)
感染症の例(改正後)
新感染症
一類
二類
鳥インフルエンザ(H5N1型)
三類
四類
鳥インフルエンザ
鳥インフルエンザ(H5N1型を除く)
五類
インフルエンザ
(鳥インフルエンザを除く)
インフルエンザ
(鳥インフル、新型インフルを除く)
新型インフルエンザ等
感染症
指定感染症
①新型インフルエンザ
②再興型インフルエンザ
鳥インフルエンザ(H5N1型)
*感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律
パンデミックとは ?
 限られた期間に、ある感染症が世界的に大流行する
ことを、「パンデミック」と言います。
 新型インフルエンザのパンデミックは10年から40年の周期で発
生すると言われています。季節は冬とは限りません。
 パンデミックは1回限りで収まるのではなく、数回に渡り流行が
繰り返されます。
スペインかぜの場合、第1波は、1918年3月に米国とヨーロッパ
で始まり、第3波は1919年の初めに起きており、1年のタイムス
パンで3回の流行が見られました。
 人口増加、都市への人口集中、飛行機などの交通機関の発達
などにより、非常に短期間に地球全体に蔓延し、甚大な被害を
もたらすことが予測されます。
新型インフルエンザパンデミックで
懸念される事項
1.
2.
3.
4.
5.
医療サービスの破綻
社会機能・行政機能の破綻
日常活動、企業活動の制限
経済的ダメージ(世界大恐慌)
生産年齢人口の減少
….
1の医療サービスが破綻すれば
連鎖的に2-5にも影響するので
1の対策を最大限に行う必要がある。
国立感染症研究所
インフルエンザ・パンデミックに関するQ&Aより
WHO/厚労省によるパンデミック警戒フェーズ
パンデミックアラート期
パンデミック間期
Phase 1
Phase 2
(2A/2B)
Phase 3
(3A/3B)
Phase 4
(4A/4B)
パンデミック期 パンデミック期後
Phase 5
(5A/5B)
Phase 6
(6A/6B)
新しい亜型
ウイルスの
ヒト感染は
ない
新しい亜型
ウイルスの
ヒト感染はな
い
新しい亜型ウ
ィルスのヒト
への感染
ヒト-ヒト感
染の証拠が
ある
かなりの数
のヒト-ヒト
感染があるこ
との証拠が
ある
大衆への感
染がさらに増
加。ヒト-ヒト
感染が確立
動物間に新
しい亜型ウ
イルスが存
在するがヒト
感染リスク
は低い
動物間に存
在する新しい
亜型ウイル
スのヒト感染
のリスクはよ
り高い
ヒト-ヒト感
染は無いか
または極めて
限定されてい
る
感染域は極
めて限定さ
れている
感染域は
まだ限定
されている
パンデミック・
リスクがグロ
ーバル規模と
なる
Post
Pandemic
Period
パンデミック
間期へ戻る
➔ 現在はPhase 3 (3A)の段階
警戒フェーズは 3→4→5→6 と段階的に進むとは限らず、
3→5や3→6もありうる。
厚労省 新型インフルエンザ対策行動計画
マスク
荒い粒子(飛沫)なら防げる
ウイルスそのものは防げない
口腔内の保温、保湿
N100 マスク
N95マスク
外科手術用マスク
防塵マスク
一般用マスク
0.1-0.3micronの粒子を100%カット
0.1-0.3micronの粒子を95%カット(空気感染に適)
飛沫感染予防に適
N95並みの効果期待
飛沫予防にある程度の効果
資料提供
• 厚生労働省健康局結核感染症課
新型インフルエンザ対策推進室
• 国立感染症研究所感染症情報センター
• 国立病院機構九州医療センター
• 日本電気株式会社(NEC)
<国の新型インフルエンザ関連情報>
•厚生労働省 新型インフルエンザ対策関連情報
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/
•新型インフルエンザ及び鳥インフルエンザに関する関係省庁対策会
議 「新型インフルエンザ対策行動計画」(平成19年10月改訂)
•厚生労働省新型インフルエンザ専門家会議「新型インフルエンザ対
策ガイドライン(フェーズ4以降)」について(平成19年3月26日)
•労働者健康福祉機構(海外勤務健康管理センター)「海外派遣企業
での新型インフルエンザ対策ガイドライン」(平成19年5月18日改訂)
<新型インフルエンザに関して
参考になる情報源>
国立感染症研究所のウェブサイト
http://www.nih.go.jp/niid/index.html
∗ 同研究所の感染症情報センターのウェブサイト
http://idsc.nih.go.jp/index-j.html
∗ 外務省海外安全ホームページ
http://www.anzen.mofa.go.jp
∗ 都道府県・保健所・市町村の情報 各都道府県・保健所・
市町村はウェブサイトを開設しており、そこから情報や住
民へのお知らせが発信されているので参考にされたい。
∗ 特定非営利活動法人事業継続推進機構
http://www.bcao.org/

similar documents