PPTデータをダウンロード

Report
アシデミア
〜身体が酸性に傾く時〜
アシデミア(酸血症)
となるような病態を
アシドーシスという
JSEPTIC_Nursing
目標
• 体内のpHが下がることがどのように体へ影
響するかを知る
• pHが下がる状況を2通り理解できる
• pHが下がった時、バランスを保つように体内
で起きる代償反応を理解できる。
アシデミアってpHは上がる?下がる?
pH正常値
7.40 ± 0.05
酸=Acid
(足っど)
足は
身体の
にある
7.40
アシデミアが生体に及ぼす影響
*悪影響と代償(正常化させる反応)
心・血管
• 心抑制(収縮力低下/興奮伝達延長)
• 末梢血管収縮
• カテコラミンへの反応低下(受容体の反応鈍麻)
呼吸
• 換気促進
• 酸素化解離曲線右方移動
神経
• 脳血管拡張(血圧亢進)
• 頭痛/意識障害
電解質・代謝
•
•
•
•
細胞外K+の細胞外移動(高K+血症)
細胞内Na+とH+の細胞内移動
Caイオン化増加
解糖抑制(糖代謝低下)
筋
• 脱力/痙攣
腎
• H+分泌促進
その他
• 悪心嘔吐
• 肝血流量減少
• カテコールアミン分泌促進
アシデミアは身体に悪い
なんとかしなければならない!
アシデミアの機序と改善方法(代償)について
代表的な例を用いて説明します
正常なら、正常値であり
バランスが保てている
7.35
アシデミア
7.4
正常
7.45
アルカレミア
PCO2
HCO3-
40
24
mmHg
pH
mm0l/L
1.換気が悪い時:
(鎮静・意識障害・気道狭窄など)
7.35
アシデミア
CO2を肺から
排泄
CO2が
貯留する
7.4
正常
7.45
アルカレミア
+α
分
40
24
mmHg
mm0l/L
PCO2
pH
HCO3-
呼吸性アシドーシス
7.35
アシデミア
7.4
正常
7.45
アルカレミア
このままじゃ
まずいので
【換気を改善】
方法:マスク換気をする
人工呼吸器で強制的に換気させる
+α
分
7.35
アシデミア
7.4
正常
7.45
アルカレミア
CO2を肺から
排泄
40
24
mmHg
mm0l/L
PCO2
pH
HCO3-
【腎代償を待つ】
(数日かかる)
7.35
アシデミア
7.4
正常
7.45
アルカレミア
酸を中和する
塩基を増やす
+α
分
+α
分
40
24
mmHg
mm0l/L
PCO2
pH
HCO3-
バランスがとれているのでOK
2.代謝に障害がある時
7.35
アシデミア
7.4
正常
7.45
アルカレミア
CO2を肺から
排泄はできる
状態
酸を中和する
塩基が減少
40
?
mmHg
mm0l/L
PCO2
pH
HCO3-
代謝性アシドーシス
7.35
アシデミア
7.4
正常
7.45
アルカレミア
このままじゃ
まずいので
換気能力が正常なら
CO2を排出することで均衡を保てる
7.35
アシデミア
7.4
正常
7.45
アルカレミア
CO2を肺から
排泄を促す
?
?
mmHg
mm0l/L
PCO2
pH
HCO3-
バランスがとれているのでOK
pHから見る!
アシデミア
pH
正常
7.35以下
CO2
40以上
バランス
良好
CO2正常
HCO3-24以下
呼吸性アシドーシス 代謝性アシドーシス
酸の過剰
塩基の減少
CO2正常
HCO3-正常
CO240以上
HCO3-24以上
CO240以下
HCO3-24以下
代償できている(急ぐ必要なし)
まとめ
• 生体の細胞の働きを最適にするためには、
pHが7.4±0.05の範囲にあるのはとても大事。
• だから、バランスを保持するシステムがある
• 狭い範囲に保つように仕組まれている身体な
のに、それが、異常値を示す事は一大事。
• どこが悪いのか、どう反応しているのか、
どうサポートすべきなのか考えよう。

similar documents