Document

Report
Logo
伊勢湾の水質変化による
生態系の変化について
C09001
C09002
C09012
C09021
C09025
石田 拓也
岩田 亮
小松 慎紘
吹ケ 竜也
百瀬 亘
Ⅰ.目的
伊勢湾を、名古屋港とセントレア
という2つの視点から

水質を調べる。

生態系を調べる。

海水の汚れた原因を調べ、解決法を考える。
Ⅱ.調査方法

インターネットを利用した、資料収集

実際に現地に行って、現状確認

研究機関へ行って、話を聞く。
Ⅲ.伊勢湾とは
Ⅳ.名古屋港とは
Ⅴ.セントレアとは
Ⅵ.調査結果
1.名古屋港

家庭排水が、川から流れ込んだのが原因

工場からの、工業排水も原因
1963年、COD平均値14mg/l
2007年には、3.2mg/lまで下がった。
企業に対する排水基準と、下水道化が進められたため
2.セントレア
環境への影響は、保障の範囲内。
 海水の流れに配慮して、島を丸くしている。
 プランクトンや魚類は、ほぼ変化がない。

環境に配慮した設計がされていて素晴らしい。
3.伊勢湾全体

埋め立てによって、干潟・藻場が減少

都市化による流域河川環境が悪化。

下水道・水質規制によって改善されたが、
1980年代半ば以降、さほど改善されていない
Ⅶ.今後の課題

各所の生物といった、生態系のデータを見つけた
い。

水質汚染の具体的な解決方法を見つけたい。
(別に、目の敵にしているわけじゃないけど)
セントレアの悪い面も見つけ
たい。
 セントレアの言う“保証の範囲”というのが、どの程

Ⅷ.今後の予定

再度、データ収集(生態系データ)。

研究機関へ行く。

セントレアのできる前との比較データを探す。
Ⅸ.参考文献

YAHOO百科事典
http://100.yahoo.co.jp/

セントレアHP
http://www.centrair.jp/index.html

名古屋港HP
http://www.port-authority.minato.nagoya.jp/

similar documents