衛星回線と地上回線を統合運用する広域ネットワーク・アーキテクチャの

Report
INSAT 研究グループ 発表
衛星回線と地上回線を統合運用する広域ネットワー
ク・アーキテクチャの為のアドレス変換機構
INSAT-KG
Mikiyo Nishida/[email protected]
1997/10/30
目的
• 往路→地上回線 / 復路→衛星回線
• 衛星回線を選択的に使用したい
手法
• アドレス変換機構(NAT)を応用した衛星回
線への経路制御
– 正しい複数のアドレスを使用したアドレス変換
• 従来のNATは、1つのアドレスを使用
– 受信側でのポリシーコントロール
• 従来では、ポリシーの決定は送信側
全体のトポロジー
受信側トポロジー(1)
• 受信側ネットワークの分類
– ホスト数
– インターフェースの位置
– 付与するアドレスの種類
受信側トポロジー(2)
• ホストが1つ
•
必要なアドレス数 2
受信側トポロジー(3)
• ホストが複数 / インターフェースは同一ホスト上
• 必要なアドレス数
・衛星ネットワーク/地上ネットワークのアドレスの場合 ホスト数 x2
・プライベートアドレスの場合 2
受信側トポロジー(4)
• ホストが複数 / インターフェースは異なるホスト上
• 必要なアドレス数
・衛星ネットワーク/地上ネットワークのアドレスの場合 ホスト数 x2
・プライベートアドレスの場合 2
受信側トポロジー(まとめ)
アドレスの変換(1)
• 変換しない時
パケットのアドレス
返信パケットのアドレス
Gr-if Address: 受信側ホストの地上回線インターフェースのアドレス
アドレス変換(2)
• 送信時
アドレス変換したパケットのアドレス
アドレス変換パケットに対する返信パケットのアドレス
Gr-if Address: 受信側ホストの地上回線インターフェースのアドレス
Sat-if Address: 受信側ホストの衛星回線インターフェースのアドレス
アドレス変換(3)
• 受信時
アドレス変換した時の受信パケットのアドレス
アドレス変換した受信パケットのアドレス
Gr-if Address: 受信側ホストの地上回線インターフェースのアドレス
Sat-if Address: 受信側ホストの衛星回線インターフェースのアドレス
アドレス変換による経路選択
• 受信側でのポリシー決定
– アドレス変換処理ホストは、衛星回線を使用し
たいホストのアドレス一覧表を持つ
– 衛星回線を使用したいときは、アドレス変換
– 使用しない時はなにもしない
衛星サービスホスト表
IP Spoofing 対策の問題
• Source Address を書き換える
– ルータが Source Address でパケットをフィルタ
していた場合 → 通信できない
▼
• ルータの設定を変更する
• 送信側ネットワークまでトンネリングする
評価(1)
• 動作実験
– 1997年9月
WIDE合宿
にて実験
– 動作を確認
評価(2)
• 性能評価
– 衛星回線をシミュレートする実験ネットワークを構築
– ファイル転送の所要時間を計測
評価(3)
プライベートホストでの所要時間
アドレス変換処理ホストでの所要時間
参照
• 論文本体は、INSAT のページに載せます。
• アドレス変換及びポート変換について
– RFC1631 “The IP Address Translator (NAT)”
– draft-rfced-info-srisuresh-03.txt

similar documents