釧路にはなぜ製紙工場が2つもあるの?違いは? NO.15 代表:山辺達也

Report
釧路にはなぜ製紙工場が2つ
もあるの?違いは?
NO.15
代表:山辺達也
発表者:角哲郎
班員:本寺将浩、難波祐気、西山結唯、尾崎映馬
藤井大輝、高橋昌也、南部彰宏、西川直希
はじめに
~今回の研究テーマを調査する目的~
製紙工場は身近な存在
↓
実際知らない部分が多いはず。
↓
そこで、現地に行き調査
↓
二つの工場で調べたことを比べる
↓
テーマの解決
研究方法
①.学外研究の土台を作るためにインターネットなど
で工場について理解する
②.実際に王子製紙,日本製紙に行き調査する
(二つの工場の人に対する質問内容は同じ)
③.二つの工場で調査した結果を比べる
↓↓↓
二つの工場の違いはもちろん、
なぜ工場が二つあるのかも見えてくるのでは?
中間発表までの活動結果
学外研究のための下調べ
資料整理、二つの工場に対する質問を考える
二つの工場にアポを取る
今後の活動に続く…
問題点・課題・解決策
問題点:研究方法において、必ずしも「なぜ工場
が二つあるのか」が解明されるか不明確
である。
⇒テーマを解決するために重要となりそう
なポイントは確実におさえておく。
課 題:学外研究においていかに多くの資料を
集めることが出来るか。
⇒事前の準備が非常に重要なので、準備に
力を入れる。
おわりに
~今後の活動~
①.学外研究の準備を進める。
②.夏休み前までに二つの工場を見学し、
調査した結果をまとめる。
③.発表に向けて準備する。

similar documents